のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 78】 嫌味

アルディアスが上官の執務室に呼び出されたのは、軍用車の爆破事件から数日後のことだった。

右後ろにニールス、左後ろにオーディンを従えた状態で、扉を背に背を伸ばす。

「フェロウ准将、ヴァリスバーグ少佐、ガーフェル軍曹、参上しました」
「クレインヴァー少尉は?」
「本日は地方に出張しております。お呼び出しが急でしたので間に合いませんでした。申し訳ございません、グエン大将」

穏やかさを崩さないアルディアスに対し、恰幅のいい壮年の男は見るからにイライラと机の周りを歩いていたが、つと足を止めるとはるかに背の高い部下を嫌らしい目つきでねめあげた。

「ふん。気に入りの部下は出張が多くて大変だな。女性と結婚して本当によかったのか?」
「おっしゃることがわかりませんが……?」

静かにアルディアスは答えた。長い銀髪がかすかに揺れたように見えたのは、空調の風だろうか。

「見目麗しい上官に仕込まれて、端正な部下も出世が早いのだろうという意味だよ」
「こっ……」
(おさえて、オーディン)

上司の心話が届いて、ようやくオーディンは激発を抑える。
彼は少年の首に刻まれた痣を忘れることはできなかったし、当事者のアルディアスは言うまでもなかろう。
一人当時の事情を知らないニールスが心話で呼びかける。

(……同性愛者だからといってどうこう言うつもりはありませんが、こんなつまらない嫌味を言うために我々を呼び出したんでしょうかね)
(多分そうだろうねえ)
(信じられねえ暇人だな。代わってやりてえくらいだ)
(おやオーリイ、昇進する気になった?)
(冗談だろ。奴が軍曹になったら、ひとつ上くらいには上がってやってもいいけどな)

戦場で鍛えられた無表情の仮面の下、三人で心話が交わされる。
通常将官の部屋には対サイキック結界が厳重に敷かれており、上官の知らぬところで心話等ができないようになっているのだが、この程度アルディアスにはなんの制約にもならない。

(オーリイ、ずいぶんと大将を嫌ってるんだ)
(おうよ。……そうか、ニールスは知らねえのか。将官になってからこっち、奴もさすがに大っぴらにはしてなかったからな)

ヴェールでは同性同士の結婚も普通に認知されているから、そういう嗜好に対する偏見はない。力づくで襲うなどのあからさまな犯罪行為でなければ、問題になることはなかった。

(え? 准将とエル・フィンの噂は、女の子達が盛り上がってるのを俺も小耳に挟んだことがあるけど、それとは違うのか?)
(……)

銀髪藍色の眼の上官と金髪碧眼の下士官の噂は、基地の女の子達の格好の噂の的になったことがある。元々はムービー事件の捜査に関して、敵方がプロジェクト関係者に対しての嫌味な噂を広げたようだが、女の子達の口を経ているうちに、すっかりただのからかい話に変貌してしまっていた。

呆然としたリフィア経由でアルディアスも耳にしていたが、大笑して終わりである。自身もその程度に受け取っていたらしいニールスの不思議そうな声に、オーディンは黙ってしまった。
過去の話を、彼からは口が裂けても教えるわけにはいかない。そこへ穏やかな上司の声が割って入った。

(あの噂も、恐らく発信源はこのお方だと思うよ、ニールス)
(そうなんですか? でも何で……もしや准将に焦がれてたとか?)

察しのいい副官に、アルディアスが内心微笑む。

(焦がれられても嬉しくないけどね。ずいぶん昔、まだ私が入隊したての頃、このお方に襲われかけたことがあるんだ)
(ええっ……!)

絶句したニールスがちらりと横を見ると、苦虫を噛み潰した顔でブルースピネルの瞳がうなずいている。
その表情を見るに、どうやら未遂であってもずいぶんとひどい状況だったのだと、聡いニールスはすぐに理解した。
入隊したての頃といえば、当時のアルディアスは十五歳、せいぜい十六歳くらいのはずだ。とたんに燃え上がりかける怒りを、銀髪の上司から流れる波動がなだめる。

(未遂だったから大丈夫だよ、ニールス。襲われかけるなんていうのは、その後も何度もあったしね)
(何度も……、ですか)

ニールスは眉をしかめた。ずばぬけた長身と均整のとれた体格を持つ今でさえ、彼の上司は優美とか優雅とかいう形容詞が似合う。これが身体のでききらない華奢な少年の頃であったなら、長い銀髪もあいまって少女に間違われることさえあったのかもしれない。

(そういうこと。でも次からはちゃんと撃退しているよ。同じ相手から二度襲われるのはごめんだからね)

いたずらっぽいウィンクを混ぜたような心話が届く。「ちゃんと撃退」された相手は、さぞ怖い思いをしたことだろうとニールスは思った。無論相手への同情などこれっぽっちも沸かず、半殺しくらいしてやっても全く良心は痛まない。
今目の前にいる相手だけが無傷でその場を逃れたかと思うと、今からでも蹴り飛ばしてやりたい衝動を抑えるのが大変だった。

彼らの心話の間、ほとんど無視されていた上官が苛ついた声をあげる。

「返事がないな。肯定か」
「お言葉ながら、その程度の技で軍人が昇進できるならば、世界の平和を讃えるべきでしょうね。失礼ですが、ご用件がそれだけならば演習に行かねばなりませんので」

すっぱりとかわした藍色の瞳を、熊の上官が憎々しげに見上げた。

「事件捜査の進捗状況を」
「その件については、二ヶ月前に報告書を上げた通りです」

妥協のかけらも見せぬ巌のごとき返答に、グエン大将は舌打ちをもらし、視線をそらした。
粘つくその目が、意味ありげにオーディンを見やる。

「万年軍曹はまだ独り身だそうだな。あの後楽しんだのか? 上司が結婚してしまうのはさぞ寂しかろう」

あの後、とは勿論十五年前のことだ。倉庫に駆け込んできたのがオーディンであることを、大将は憶えていたか後で感づいたかしていたらしい。
とすればこの場にあえて階級の低い軍曹を呼んだのも、わざわざ嫌味を言うためであったのだろう。

「……」

誤解や嫌味も、あまりにもひどいと咄嗟に反論することさえできなくなる。
音が聞こえそうなほど、一瞬でオーディンは真っ青になった。

あの後?
自分が倉庫を逃げた後に、見つけたオーディンが銀髪の少年を襲ったとでも言いたいのか。
自分と同じ趣味だとでも?

独り身のまま胸の奥にしまっているラベンダーの思い出は、オーディンにとって一番汚されたくない、大切な宝石のようなもの。
遠い昔に喪われ、もはや手を伸ばしても届かないそれは、薄まるどころか後悔を増して、年経るごとに彼の心を多く占めてゆくような気さえする。
伝えることさえできなかった、はかない想い。
いまだ乾かぬ生傷を抉られて、血の気の引いたブルースピネルの瞳が震え始めた。

事情はわからぬものの、僚友を侮辱されたと感じたニールスの瞳が険しくなる。
彼の瞳は柔らかな色のパライバトルマリンに似ている。それが蛍光を帯びたように青く強い光を放ちだす。

後を考えいきなり怒鳴りつけたりはしないが、どうすれば最も効果的かと思っているうちに、突如、アルディアスの低い心話が部屋全体を鳴らすように全員の頭に響いた。




















<Lifia - Girl Talk ->
http://blog.goo.ne.jp/hadaly2501/e/2a05f22e6d5f1cdde45f5cb4c71a65cd





-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次




もしかして続きが気になってる方が多いかもと思って、ちょっと早めにw


応援ぽちしてくださると幸せ♪→ ◆人気Blog Ranking◆

webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


 ☆ゲリラ開催☆ 8/23~8/28 はじまりの光 一斉ヒーリング

関連記事

Comment_form

Comment

Re:【陽の雫 78】 嫌味 

いや~♪もっと気になって気になって…!!
早く読みたい~♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2011.08/25 20:38分 
  • [編集]
  • [Res]

つ、続きがっ;; 

うわっ、すごく気になるところで「次回へ続く」。
ハラハラしながら次のお話を待っています!
  • posted by Apple-T 
  • URL 
  • 2011.08/25 21:14分 
  • [編集]
  • [Res]

気になってました(^-^)/ 

はい!気になってました。(笑)

でも、お忙しいでしょうにすごいなあ!
また楽しみにしてます。
  • posted by フォーレル 
  • URL 
  • 2011.08/25 22:26分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 78】 嫌味(08/25) 

引きますね・・・気になります。
えぇ、気になりますとも!!
思わずコメントしちゃうくらいに(≧▽≦)
ムリはして欲しくないけど、なるべく早く
続きお願いします~!!!!
  • posted by ぴけ 
  • URL 
  • 2011.08/26 13:47分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 78】 嫌味(08/25) 

うああっ!
やっぱり、クマ狩りに行くっっ!!(怒り泣)
止ーめーるーなぁぁぁっっっ!!

な ん で こ ん な お と こ がっ!!
大将やってんですかっ!!
きぃぃぃ~~っっっ(激怒)

どれだけ人の気持ちを踏みにじれば気が済むんだっ!!
戦争は人を狂わせる。
それはわかりますが、この歪み具合!
あぁぁぁ!!もう!!
吐き気がするくらいムカつくんですがっ
(すみません、暴言吐きまくりで…汗)

えぇ、もう、絶対アルディアスさんがこのままでは済まさないのは、よーっくわかってますが、もうもうもうもう!!
早く次が読みたいですっ
スカッとしたいですっ
んにゃぁぁぁっっっ(叫び)
  • posted by 月の娘 
  • URL 
  • 2011.08/26 22:30分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 78】 嫌味(08/25) 

わはははは~(乾笑)←嫌みな方に対して
まあ低レベルっていうか幼稚、お子様っていうか…。
他に自分を満たせるものがないんでしょうね。
っていうか、どうすれば自分が本当に満ち足りるかを知らない。
アルディアスさんにとってのリフィアさんみたいな方がいらしたら。親なり友達なりで、魂を満たしてくれる存在がいたら、こうはならなかったのかもーと。
…現実でもこういう要素多分に持ったおぢ様方は、結構いらっしゃいますし。率直に言って腹立たしく、***しろやっこの***が!とか思いますけどねwww
とおーい昔には、自分もこんな事してたかもしれず。
ともあれ嫌みな方に呪詛と祝福を同時に送りつつ、続きを楽しみにしています♪←
  • posted by 香織 
  • URL 
  • 2011.08/27 14:15分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 78】 嫌味(08/25) 

うわぁ…この上官も転生してたりするのでしょうか(汗)

  • posted by ももんが 
  • URL 
  • 2011.08/27 23:02分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>撫~風~羽~♪さん
アップしましたー♪


>Apple-Tさん
出しましたっw どうでしょうw


>フォーレルさん
続きもどうぞ~♪


>ぴけさん
作家的ドSなので、こういう時は遠慮会釈なく引きます←


>月の娘さん
熊狩りはいかんてw
まあ続きをお読みくだされ~


>香織さん
呪詛と祝福の結果をご照覧w←


>ももんがさん
うん、してるでしょうねえ。。。(遠い目
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2011.09/01 09:01分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR