のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 60】 新居

披露宴の日の夜。
二週間ぶりに官舎に戻ると、二人は顔を見合わせてほっと息をついた。
今日までハウスキーピングが入るようにしておいたから、家は埃もなく綺麗な状態だ。

潔斎に入る前にまとめておいたリフィアの荷物も運び込まれ、ホールの片隅に小さなダンボールの山を形成している。
とはいえ婚約して訓練が始まってからの四ヶ月ほどは半分同居状態だったから、特に今すぐ荷解きが必要なものはなかった。

「何か先に動かしておきたいものはある? 寝室に鏡台とか?」

ダンボールの手前の壁際に置かれている小ぶりの家具に目をとめてアルディアスが言う。
広い寝室の一角に、すでにそれが据えられる場所は用意してあった。女性ならきっと、なるべく早く使いたいものだろう。

「そうね、でも、とりあえずお茶でも淹れましょう」
「じゃあ先に行っていて。これだけ置いておくよ」

茶葉を蒸らしている間にはゆけるから、とアルディアスは鏡台を持ち上げた。もしかしたらサイキックも使っているのかもしれないが、けして軽くはないはずのものをあっという間に移動させるのを見て、やはり男性って違うわとリフィアは思った。

リビングでいい香りの湯気を囲むと、ようやく身体の力が抜けてきた。
神殿側では、明日この官舎に帰るように予定を組んでくれていたのだが、なにより早く帰りたい気持ちになって今夜に早めたのだ。

そうすれば明日は丸一日ゆっくりできる。
リフィアも神殿は嫌いではないけれど、本職の巫女ではないし気が休まるかというとそうもいかないのが現状だ。

やはり、家がいちばん、なのだった。



リフィアは結婚祝いに親戚が贈ってくれた大きなベッドに腰かけた。先ほど入れてもらった化粧台の上にさっそく置いた小箱に目をやり、心配げに口をひらく。
披露宴の間、ずっと気になっていたことだ。

「お義父さまがいらしていたけれど……あなた、ほとんど顔を合わせなかったでしょう。私の両親とは、宿泊を手配したりしていたし、話されていたけれど」

「…………」

先に横になっていたアルディアスは、しばらく無言で天井を見上げ、それからその長身を返した。組んだ腕に顎をのせ、ぽつりと呟く。

「何て話しかければいいか、わからないんだよ」
「アルディ……」

「……わからないんだ……」

銀髪に半ば隠れたその瞳は、遠い海に投げる言葉を捜して、どこも見てはいないのかもしれない。
家族なんだから話題なんかなんでもいいじゃない、そう気軽に言えないだけの長い時間が、父と子の間に溝を掘ってしまっていた。

息子の結婚式に来てくれるのだから、会えばきっとおめでとうと言われるのだろう。だからそれには礼を言って、それから……それから?

何度も考えてみたその後は、続くことがなかった。そして実際に会ったときにも、同じようにお互いに黙ってしまった。

自分がほんとうに伝えたい言葉は、謝罪なのだろうと思う。
しかしそれを切り出すには、積み重ねられた四半世紀はあまりにも重く、なのに当時の謝罪を拒絶された記憶は古びることがなくて。

そしてなにより、父がどんなに大事なものを喪ってしまったのか、自分も結婚した今、わかりすぎるほどわかるから。

謝って許されるものではない、そう思う。
謝罪の言葉を述べて許して欲しいと願うのは、こちらのエゴなのだと思う。

もし自分が最愛の伴侶と娘を同時に殺されてしまったなら、どうしてその相手を許すことができるだろう。
しかもその犯人が息子だったと聞かされたとき、父の内心はいかばかりだったろう。

父には喪った半身の分、犯人を憎み続ける権利がある。

そしてその犯人である自分は。……一生の間、責を負い続ける義務がある。

父を愛しているのかそうではないのかも、もうわからないのだ。
長年の間放っておかれた寂しさは消えることはなく、けれど父の痛みもよくわかる。
あのとき辛かったのだということと、相手もまた辛かったし辛いのだということと、どんなに言葉を連ねても許される罪ではないと思うことと、老いた父を案ずる気持ちと。

父を憎んでいるわけではないはずなのだが、思いの激流は強く渦を巻きすぎて、言葉にして掬うことができない。

黙り込んでしまった夫を見やり、リフィアは指をのばしてそっとその銀髪をかきあげた。

「……今はいいわ。アルディアス。気付かない振りをしていたのでないなら。
わからない答えはこれから探しましょう。私たち、家族だもの」

「ああ……そうだね」

ゆっくりと隣の人をふりあおぎ、アルディアスはうなずいた。
家族という、触れ慣れないものの感触に緊張している自分がいる。ずっと欲しかったものを手にして、幸せに満たされている自分がいる。

波間にゆれる小舟のように凍った海に竿させば、答えはいつか、わかるのだろうか。

激流に揉まれるように生きながら、いつかふっと星空を見上げたそのときに。
同じようでそうではないその景色に、いつのまにか螺旋階段をぐるりめぐって一段上にいるのだと、気づくときがくるのだろうか。

「……幸せになっていいのよ、アルディ」

また考えに沈んでしまった夫の隣へ、リフィアは鏡台の上の小さな箱を持ってもぐりこんだ。
身体をよせて開いた小箱には、真珠のネックレスとイヤリングが入っている。

「今日つけていたこれね。あなたのお母さまのものだったの、知っていた?」
「知っていたよ。……よく似合っていた。とても」

夫の声にすこし微笑み、リフィアは指先でそっとネックレスを指した。

「パールってね、気難しいのよ。きちんとお手入れしないと、すぐに変質してしまうの。これは時間が経っているのに、とても艶やかで綺麗でしょう。
お義母様がいなくなられた後も、どなたかがいつも丁寧にお手入れしていたんだと思うわ」
「………」

アルディアスの視線の先で、粒のそろった真珠はやわらかな虹色をまとって輝いている。リフィアは愛おしそうにそのふちを撫でた。

「そうやって大事に大事にしてきたものを、あなたと結婚する私にくださったのよ。たとえ会話が続かなくても、祝福してくださってるのよ」

だからあなた、幸せになっていいのよ。
自分にはそんな資格はないなんて思わずに。

そう伝えてくれる若草の瞳は、わずかに潤んでいるように見える。

(リフィアン……)

アルディアスは腕を伸ばすと、彼の女神を思い切り抱きしめた。




















-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次




はい、まがうかたなき新婚さんです。 ←

で、この後が一話まだ書けてないんですよね~~
早く書けますように(汗


ぽちしてくださると幸せです♪→ ◆人気Blog Ranking◆
webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


☆ゲリラ開催☆ 9/28~10/3 レインボー・エナジー・フレイム 一斉ヒーリング
関連記事

Comment_form

Comment

Re:【陽の雫 60】 新居(09/29) 

リフィアさんの言葉が
あたたかくて あたたかくて
泣けました。
  • posted by なな 
  • URL 
  • 2010.09/29 22:59分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 60】 新居(09/29) 

………っっっ!!!!(爆涙)
う~~~~~~っっ(>_<)
涙で画面がよくみえませんっ!!
『許す、許さない』じゃないですよう、きっと(>_<)
それは、アルディアスさんもよくご存じだとは思いますけど…
わたしも、実の父とは小さなころから確執があって、ほんの少しだけですけど、アルディアスさんのお気持ちはわかる気がします…
これは、ほんとに当人同士の問題なので、まわりがどうこう言えないんですけど…
間違いなく、お父様は今でもアルディアスさんを愛していて、リフィアさんとのご結婚をとても喜んでいらっしゃるんですよね。
きっと、お父様もご伴侶を失くされた悲しみは、なににもかえられないほど辛かったと思います。
でも、それ以上にきっと、アルディアスさんを遠ざけてしまったことを、悔やまれているのでは…と。
本当に、リフィアさんが仰った通り、自分は幸せになっていいのだと、ゆっくりでもいいのでご自分に許可してくださいね。
もう血を流し続けなくても、よいのではないでしょうか…(泣)
いつか、お二人の間で『過去』がきちんと『過去』になりますように…
  • posted by 月の娘 
  • URL 
  • 2010.09/29 23:13分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 60】 新居(09/29)  

私も結婚してやっと家族というものを意識して地に足のついた感覚を堪能しています~。

お話はリフィアさん視点ですがアルディアスさんの感情が
どっぷり流れ込んできたら良くも悪くも「たまらん~」と思いました。
こんなに出来た奥さんが居てくれることもたまらん~。
うちの旦那様よあたちでごめん~。

サイキックを使って物を運んでいたのでしょうか。
それでできたらいいな~。腰痛とさよなら出来そうvv
組んだ腕にアゴをのせてぽそっと話すところ、なんだか好きです。そんなことされたら、たまらん~。

新婚さんの幸せなお話が続くといいな~vv
素敵なお話ありがとございます。
  • posted by ゆえつん 
  • URL 
  • 2010.09/30 09:53分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 60】 新居(09/29) 

やっとプライベートな時間がもてたお二人、お疲れ様でした。何度か繰り返される「夫」という言葉が甘く響きました。
アルディアスさんとお父様はきっと、似たところがおありなのでしょうね。いつかこの確執が解けていけばいいのにと思わずにはいられません。
  • posted by あおいそら 
  • URL 
  • 2010.09/30 21:37分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>ななさんまさん
本当ですね…


>月の娘さん
爆涙ありがとうございます。
そうですね…すれ違ってすれ違って、どうしてこんなにも離れてしまったんだろう、この頃はそう思い続けていたような気がします。
掛け違ったボタン、まさにそうだったのでしょうね。


>ゆえつんさん
たまらんですか~。笑
いやこちらも、アルディアスでごめん~って感じですから。爆
リフィアさんにはお世話になりっぱなしで。。orz


>あおいそらさん
おそらく似た者親子なんでしょうねえ…(遠い目
似ているのに、あるいは似ている故か、この頃は離れてしまっておりました。
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.10/02 22:54分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 60】 新居(09/29) 

いやあ~追いつきました!!!
感がいものです!
アルディアスとリフィアさんよかったですね。大好きですよ。
トールもグラディビスも。ほかのみんなも。

じぇいど♪さんが引退され、なんかすごく面白い映画を観終わったような虚脱感で先が読めなくなってしまい、さつきのひかりさんのお話たちのほうが、ヒーリングをお願いしているうちにちゃんと読めるようになってきて。
よくわからなかったことがすんなり流れて。

お話たち、おもしろいです。。

妄想系の気になること。
気を悪くしないで聞いてください。すいません。

ヴェールって、唇を動かさないでいう、プレアデスみたいな音だなって思いながら読んでました。私すぴ話は話が宇宙に行っちゃうと詳しくないので、なんとなくです。
それと、
子どもの時からファンタジー漫画が好きで、その頃あまり描いている人いなくて、その作家さんの一人に中山星香さんがいて、彼女がずっとこだわっていた名前ですよね。アルディアス(アルディア)とエルフィンって。こっちはあまり関係ないかも??
二人ともお姫様なんですよね。

わあ、ごめんなさい。。
お話たちって、皆さんのブログ読んでると、お話として作っていてもソースは共通する本物からかもって、お近くの方なのかしらって思って。

お話の流れといっしょに、わたしにもいろいろ起きました。
左の首から心臓にかけての感覚って絶対とどめの刀傷みたいだとか(おかげさまで、質が変わって存在するけど、痛くないものになっています)、踊る女の人の悲しい気持ちとか、、出てきて。
いっしょに旅をしてました。

お話たち、ヒーリングほんとにありがとうございます。
これからも楽しみにしてますね。


  • posted by フォーレル 
  • URL 
  • 2010.10/03 00:13分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>フォーレルさん
わあ、長いところをありがとうございます!
遠い道のりだったでしょう 爆

プレアデスは、私もぜんぜん知らなくて。似てますかね?
宇宙のすぴ話はさっぱりですね~~~
中山星香さんは私も好きです♪ そうか~、似た名前ありましたっけ。気づかなかった 笑
アルディアス、は調べたところ「はじまりの人」とかいう意味があるらしくて、その流れかもしれないですね。
アカシックのどこか同じ泡を見ているの可能性もありますね 笑

一緒に旅をした中の方々、大事にしてあげてくださいね♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.10/03 10:44分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:おへんじ(09/29) 

さつきのひかりさん
>>フォーレルさん
>わあ、長いところをありがとうございます!
>遠い道のりだったでしょう 爆

>プレアデスは、私もぜんぜん知らなくて。似てますかね?
>宇宙のすぴ話はさっぱりですね~~~
>中山星香さんは私も好きです♪ そうか~、似た名前ありましたっけ。気づかなかった 笑
>アルディアス、は調べたところ「はじまりの人」とかいう意味があるらしくて、その流れかもしれないですね。
>アカシックのどこか同じ泡を見ているの可能性もありますね 笑

>一緒に旅をした中の方々、大事にしてあげてくださいね♪
-----
お返事ありがとうございます。感涙
妄想の話ですいませんでした。
名前のことは雰囲気が違うからそれだけなのでしょう。とは思うものの、書いてしまいました。
アルディアスのお名前の意味はそうなんですね。
教えてくださってありがとうございます。
それもうれしいなあ。
  • posted by フォーレル 
  • URL 
  • 2010.10/03 22:10分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>フォーレルさん

亀にもほどがあるお返事ごめんなさい(汗
「アルディアス」という名前は、ペリドットさん(リフィアさん本体さん)が最初に感知してくださって。
それで後になってから調べてみたらそんな意味があったという…w
面白いですよねw
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.10/13 11:37分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR