のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 50】 恩赦

大神官アルディアス・ルークス・シルバーアロウの名で恩赦の布告が出たのは、部隊帰還後もしばらく事後処理に携わっていたエル・フィンが作戦から戻って二、三日のときだった。

恩赦の対象には、エル・フィンの守護竜であるシェーンの名が入っていた。
アルディアスの采配により、「左遷」中も彼はエル・フィンと密に連絡をとることができていたが、それでも公式には彼はまだ罪を負っている状態である。
大神官任命中にただ一度の神事にかこつけて、銀髪の上司は公式的にも彼らを自由の身にしてくれるつもりらしかった。確かに中央大神殿の布告となれば、軍で文句をつけることはできない。

デオンとともに作戦の残務処理をどうにか終えたところに神殿と軍部からの人間がやってきて、慌しくよくわからないままにいくつもの書類にサインをさせられる。
その先は大祭期間で、特別休暇になるという。

そもそもこの期間に休暇をとるのは競争率が高い。基本的には大型連休になるとはいえ、軍部では全部を休みにするわけにはいかず半数は当直になるからだ。

しかしエル・フィンにとっては、恋人のティーラが巫女として潔斎に入ってしまうために休暇になっても会うこともできないから、いつも休暇は大祭の後にずらしてとることにしていた。
それが休暇になるのではどうしようかと思っていると、アルディアスから緊急にティーラを訪ねるよう、呼び出しがあった。

普段会えないものをいきなり神殿に呼び出されたから、逆に不思議に思って慌てて軍服のまま指示に従って会いにいった。

「お願い、フィン、歌って」

会った途端に泣きそうな声でティーラは言った。

「あの? ティーラ?」
「歌の担当の神官様がいきなり体調不良で声が出なくなってしまって、代役が必要なの。他の誰にも歌えなくて」
「でも普通はほかの神殿から呼ぶんじゃないのか?」

さすがにびっくりしつつ、エル・フィンは尋ねたが、ティーラは首を横に振る。他の神殿でも、代理人が立てられず間に合うかどうかがわからないらしい。

大神殿で何かがあれば、地方から人を呼ぶのが当たり前だ。よほどのことがない限り、大神殿の要請を断ることはできないし、そもそも中央の大祭で歌うというのはかなりの名誉である。
断るどころか、やりたがる人間はたくさんいるだろうに。

そんな疑問が顔に出ていたのだろうか、ティーラは手にしていた楽譜を差し出した。

「この曲なの。祭典の一番最初に歌う……」

楽譜をざっと見たエル・フィンの眉根が寄る。
知らない曲ではないが、かなりの難曲だった。

歌うのが難しいというだけではなく、歌い手の技量によっては祭典そのものを駄目にしてしまうかもしれない、大事な歌。楽譜すべてに目を通すだけでも、人によっては意識が飛ばされてしまうかもしれない力のある曲だ。
これを歌えと?

「とりあえず歌ってみていただけませんか?」

いきなり他の方向から声が届く。
そちらを見ると神官の一人がこちらを侮っているのがわかる様子で見ていた。
神官の修行をしていない者に、ぶっつけ本番で歌わせようとしている。完全な嫌がらせに、エル・フィンの瞳が碧く光った。



「ああ、始まったようだね」

のんびりした声で言い、アルディアスは執務机から顔を上げた。

そう遠くない拝殿から男性の歌声が聞こえる。エル・フィンが到着したのだろう。

今回担当の神官が不調になって代わりを探そうというときに、彼に歌の能力があると進言してきたのは、ティーラだ。
彼女と一緒に歌うか、神官が制御しないと暴走してしまうために、普段は封印をかけて歌わないようにしているということも言っていた。

実際は地方神殿から、こういう者がいるが地方の神官では制御しきれないから封印する、彼はどうやら軍に入るらしい、という報告はずいぶん前に受けてはいた。
何年も前の話であったし、そういう話は地方ではまれにあることだったため、エル・フィン本人とは繋がっていなかったのだ。

しかし、今ならばちょうど作戦が終了して戻ってくるし、シェーンの恩赦のタイミングでもある。血なまぐさい事件に関わった後だから、日常から離れてみるのも悪くはなかろう。

そうはいっても、周りの神官達が面白くないのもまた当然である。とりあえず神殿に呼んで(それもティーラが関わらないと絶対に来ないことはわかっている)、歌わせてみることになった。

アルディアスは大神官室を出て礼拝堂へと向かった。聞こえてくる歌声と波動にはティーラのものも混じり、担当神官と比べても遜色がない。

ゆっくりと静かに歌われる、祈りの歌。
すべてを光に平安に還すために、この星に捧げるための歌。

式典の始まりを告げる歌を軍人の自分が歌うことになるとは、エル・フィンは思ってもみなかったろう。
アルディアスは改めて彼に任せることに決めて、静かに拝殿の片隅へと長身を進めた。

二人が美しいハーモニーを作って歌い終えると、一瞬静まり返った中で拍手を響かせる。
最高位の神官服に身を包んで微笑んでいる上司を見つけて、エル・フィンは軽く目礼すると呆然としている神官のほうへ歩いていった。

「これでよろしかったですか?」

おそらくは嫌がらせの張本人だったのだろう、鋭い瞳で訊いている。
猫に睨まれた鼠のように相手が機械的にうなずいている間に、高位の神官たちがばたばたとやってきてエル・フィンを取り囲んだ。
そのうちの一人が視線を投げてくるのに、アルディアスは小さくうなずき返す。

そしてあっという間に宿舎が用意され、不幸なエル・フィン青年は神殿に軟禁状態になってしまったのだった。


「謀りましたか?」

その後すぐ、食堂で大神官殿と会話する機会があったとき、青年は冷ややかに訊ねてきた。

「まさか。中央への帰還祝いだよ」
「どこがです」

不機嫌な声が返ってくる。軍内ならばやってはいけないことだが、ここは基地ではない。
アルディアスもまったく意に介さずに笑った。

「大神殿の祭りに正式参加したとなれば、左遷の噂などは消し飛んでしまうだろうからね」

にこやかに切り返すと、青年が少し考える目になった。

(あとはティーラの正装を見たいかと思ったんだけどね? 神殿内の者でないと見られないから)

心話で微笑を届ける。その内容にエル・フィンはびっくりした表情になり、「あ、ありがとうございます」と彼にしては慌てたような調子で礼をのべ、その場は終わった。

どこかまだ納得がいくようないかないような表情で去ってゆく背中を見ながら、アルディアスはふっと苦笑した。

大祭で歌うということになれば、これからは精進・潔斎・修行・発声練習・衣装の用意などやることが山積みになる。
しかも期間はもう本番まで一週間しかないから、どうしたって詰め込みの突貫作業だ。

エル・フィンにとって、忘れがたい夏になることは間違いなかった。


 
















<ただの物語 断片58 神曲1> エル・フィンさん
http://elfin285.blog68.fc2.com/blog-entry-216.html




-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次




長らくお待たせいたしました~! 【陽の雫】本編再開いたします。
ちょうどトールが還る前の更新で止まっていて、それから外伝ばっかり9話も続いてたとは気づいてなかった。。すみません 爆

で、いきなり神殿に拉致られるエル・フィンさんのお話から開始。(ぇ
これからしばらく、めでたい気分なお話が続きます♪
ここんとこ、お別れがあったり過去のしんどい記憶が山盛りだったり、ちと暗かったからちょうどよいかも(汗

でも、外伝も好きですといってくださる方がいらして、とっても嬉しいです♪
ありがとうございます~♪
グラディウス時代の過去話って、どうしても暗いというか戦場シーンが多かったりなのですが
デュークさんのほうでもぽつぽつと書いておられるので、
こちらも書き溜めまして、そのうちまたふらっと外伝を出そうかなあと思いますw

吸血鬼話も…皆様お好きですねえ 笑
これまたじわじわと書き溜めておりますです。
トールも還ってしまったことなので、もしかしたらこれは【陽の雫】みたいに本編組み入れになる・・・かもしれない。
わからないですがw
なにしろ、全部忠実に書き出したらすごい量になりそうだし~^^;
あー、イグニスのこともあるんだった。この人ほとんどまだ見えないけど。

うさぎはその後、双子ちゃんにシュークリーム作ったり
こないだからは浴衣作りの挑戦してまして、双子ちゃんとリデルにお揃いの風鈴柄を色違いで縫ってました。
で、デュークさんとグラディウスのとーさんズの古典柄に手を出して、
その縫い代の果てしなさに自分が果てていたwww
なんかね~、反物も幅広の、大柄の人用みたいなやつ。
普通の反物じゃ、幅も長さも足りないですもんねえ。どー考えても。
本体右手首がちょっと痛くなったのはこのせいかw



ぽちしてくださると幸せです♪→ブログランキング
webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


☆ゲリラ開催☆ 8/10~8/15 はじまりの光 ~ 一斉ヒーリング


関連記事

Comment_form

Comment

Re:【陽の雫 50】 恩赦 

わ~い♪
陽の雫はじまりましたね~♪
仕事を上がって、ゆっくり愛でるように読みました♪
慌ただしさの中にも優しい光の中にいるようで…続きが楽しみです♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2010.08/12 15:35分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦 

本編再開、うれしいです?
エル・フィンさん、すごい才能をお持ちなんですね。
いつもつたない感想しか書けなくて申し訳ないのですが
物語とても楽しみにしています。
おめでたいお話もいいですね。清々しい気持ちになります。

いつもありがとうございます
  • posted by あんず 
  • URL 
  • 2010.08/12 22:12分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦 

きゃ~☆
祝♪再開(≧▼≦)
わ~い、待っておりました~♪
前回ちらり、と『拉致云々…』とあったので、もしやまさか、またリフィアさんが狙われる?!、とちょっとドキドキ心配してましたが、良かった~。(なんて言ったら、エル・フィンさんに怒られてしまうでしょうか…)
エル・フィンさんの歌、聞いてみたいなぁ…
でも、すごく力強そうなので、聞いた後にもう中身抜けまくるか、煩悩だらけの私なんかは浄化されて消えてしまいそうな気がします(;^_^A
これから、おめでた☆話が続く、ということで、とても嬉しいです♪
外伝、大好き組の1人なので、いつでも楽しみに待ってます~。
密かにイグニスさんのご登場もお待ちしております~♪
私の勝手な想像なのですが、イグニスさんって、外見トールさん(みんなさま似ていらっしゃるとは思いますが《汗》)で、火の性ということは、ちょっぴり情熱?内面の激しさ?をプラスされたような方なのかしら~、とモーソーを膨らませております♪
あ、でも本の虫さんだから、おっとりさんかなぁ?
うさぎちゃん、すごい!
お菓子作りだけじゃなくて、和裁もできるなんて(≧▼≦)
確かにとーさんズ(うふふ♪なんかかわいいです♪)の中でも、グラディウスさんって…めちゃめちゃ大きいですよね?
反物、大柄の人用で足りたのでしょうか?(;^_^A
親(?)孝行で兄弟(?)思いな、優しいうさぎちゃん☆
いま、幸せかな…?
たくさん、たくさん、幸せ感じて欲しいです(*´∀`*)
  • posted by 月の娘 
  • URL 
  • 2010.08/12 22:28分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦(08/12) 

一気に読んでしまいました!!
本編が一番好物?です!!
また続きを楽しみにしています。


  • posted by ayaana 
  • URL 
  • 2010.08/13 04:04分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦  

陽の雫が再開したことにドキドキワクワクです><

もちろん外伝も大好きです♪
てかトールさんに繋がっている流れが大好きです

さつきのひかりさんこれからも応援してます☆
楽しみにして待ってます^^
  • posted by つぐみ 
  • URL 
  • 2010.08/13 10:40分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦(08/12) 

うさぎちゃん・・浴衣を縫ってたなんて!衝撃。なごやかな空気にほんわりしました。
エル・フィンさん、びっくりな展開ですねっ!大祭にむけてこれから楽しみです。わくわく。
  • posted by はな 
  • URL 
  • 2010.08/13 10:45分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 50】 恩赦(08/12) 

祝☆再開……でいきなりエル・フィンさん拉致ってw
これからの一週間、エル・フィンさんにどんな苛酷な(?)運命が待っているんでしょうか!?
外伝や吸血鬼話も楽しみです♪
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2010.08/17 14:27分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR