のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

ゆく河の流れ 「スピリチュアル・ライフ(135094)」

―― ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。
 流れに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく留まりたるためしなし。
 世の中にある人と住処と、またかくのごとし。 ――


さつきのひかり@絶賛棚卸し中ですww
なんかしらんがウエサクだからなのかな? 爆


さて、冒頭はご存知、鴨長明の「方丈記」です。
人の世の無常を描いたもの…と言われています。
私は学校で習ったこの最初のくだりを暗誦しているだけで、全文読んだことがないのではっきりは言えませんが(爆

でも、最近、、いやけっこう前からかなあ、時々このフレーズが頭の中をぐーるぐる。
流行歌じゃなくて学校で習った古文なあたり、いかに流行り物に疎いかがバレバレでございます。どんだけ昔のネタ。。 orz


これね、人もそうじゃないかなあって思うんですよ。

鴨長明さんも、「世の中にある人と住処と」って言っているから元々そのつもりかもしれませんが、
どちらかというと無常感を強調したい感じですよね。

そうじゃなくて、私が感じるのは「人は、世界は変わること」。
万物流転は無常観の根本でもありますが、無常の寂しさよりも、今の私は変化することの可能性を感じます。

もうずーっと言ってることなんですが、人って揺れるものだと思います。
揺れながら揺れながら、自分の足を降ろす位置を少しずつ決めて
そうして自分がどうありたいかを作ってゆくもの。

足の位置を間違っちゃうことだってあるでしょう。
でもそのことに気づいたら、次に修正すればいいだけです。

それは、いつだって変われるし、変わってゆくものだ、ということでもあります。

河がつねに流れながら、それは日々違う水であるように。
身体が同じ身体でありながら、日々少しずつ細胞が入れ替わっているように。


そういう、「流れゆくもの」という認識が私の中にはあって。
さらにもうひとつ、確信というかもう根拠もなく「知っている」と言いたくなるくらい、自分の中で確定していることがあります。

それは、「人は善きもの」ということ。

うん、あまりにもデフォルトでいつも書くのも忘れるのですが、ものすっごい根っからの性善説信奉者なんですね、私。
お人好しといえばそうなのかもしれませんw

だけど、我ながら笑ってしまうのが、その「善きもの」のスパンがめちゃくちゃ長くてですね^^;
もちろん今生の何年とかでもそうかもって思いますが、長ければ一万年とか、十万年とか、平気でそんな感じ 爆

だから、今ここで生きている人の中に、「悪いことをしてしまう人」がいるのも知っているというか、今生の間ではわかりあえないこともあるかもしれないね、とは思っていて。
さまざまな理由があったり、魂の学びがあったとしてもそれはそれとして。

基本的に、三次元で犯した罪は、三次元できちんと償われるべきだと思います。
そこを間違ってはいけないと思います。
たとえその生で償うことがないように見えても、どこかで必ず帳尻は合わされているのでしょうが。。


だけど、生まれ変わり死に変わり、そして、いつか。

乗り越えて過去となった経験はかけがえもなく、魂は大事ななにかを知るのかもしれないなあ、と思ったりもするのです。
そのときに、無駄な経験というものはひとつもないのだろうと思うのです。
どんなに一見ネガティブなものであっても、越えてしまえばそれは、得がたい宝石のひとつなのでしょう。


「人は善きもの」というより、「魂は善きもの」って言ったほうが、感覚として正しいのかもしれません。

すべての魂はとても善いもので、だけど今、それを選んでいない人もいて。
だから「三次元での罪は罪」で、それはまた別の話として。

遠く俯瞰して、経験としてどこを流れるかということだけで見たならば、
それは流れゆく河の、右端を流れるか左端を流れるか、そんなことかもしれないなあ、と思ったりします。

そして河は同じくとんでもないスパンで(笑)善き方向へむかって流れているのだと、また根拠もなく信じきっているので 笑

ありとあらゆる経験を積んで、そして人は軽いほうへ柔らかいほうへ、少しずつ変わってゆくのだろうと思うのです。
「その人である」という、多分ずっと変わらない部分も同時に持ちながら。


痛みや怒りを手放せなくて、ちょっと抱えていることは
どこかのゆるやかなカーブを流れるときに、外側を選んで流れてみるってことなのかもしれません。

ほとんどまっすぐに流れる内側の水のように、早く到達することはできないかもしれないけれど
それは流れないこととは違います。
また違うカーブでは早いほうを流れるかもしれません。

留まっているように見える水面の泡沫さえ、やはり現れては消え、その下の水はゆるやかにでも入れ替わってゆくのでしょう。



幼稚園に行き始めた小さい子が、行くのイヤだって泣くことありますよね。
行ったらお友達もたくさん、楽しく遊べることを知っているのに
でもやっぱりママと離れるのがイヤで。
そんなとき、早く行かせようとすればするほど、子供は嫌がって泣き喚いてしまったりします。

赤ちゃんを寝かしつけようとするときも、この子が寝たら○○しよう、なんて考えてると絶対察知されませんか 笑
こっちも隣で寝る気だと、さくっと寝てくれたり。
…ついでに自分もほんとに寝かしつけられちゃったりしますけど 爆

怒り、とか不安、とかいうものも、そんな感じなのかもしれません。


リアルの生活の中で腹の立つことがあって、その三次元的な対処は終えたものの苛々は収まらず。
感覚を探っていって、今と昔と両方の理由を見つけたものの、それでも感情だけがなかなか収まらない。
そんなことが先日ありました。

で、最終的にどうしたかって言うと。

よしキミは怒りたいのだな、じゃあそれにとことん付き合おうじゃないか。

…と覚悟を決めたんですよ。
抱っこ法のやり方ですね。その気持ちを全部受け止める。大事にする。

だけどこれ、自分にやるには少なくとも私はある程度の覚悟が必要で^^;
それなりに余裕のあるときに、心のギアをそのモードにかちんと入れないとできません。

瞬間的にむっとしたりするっていうのは、人間である以上しょうがないと思うので、
その後の自分の気持ちに対する対処の方法、ってことになるでしょうか。


ところがねえ。
気合を入れて、かちん、とギアを入れた…… 瞬間? ではないのでしょうけど。
ぽかっと怒りが解けてしまったんですよ。

そりゃもう、脈絡もなく、いきなりだったような気がします。
唐突だったのでいつだったかのメモとってなかったんですよね…記録に残しておけばよかったなあ。

あるとき突然、ぽかっっとかすこっっとか、ちょっとお間抜けな擬態語を使いたくなるようなお気軽さで、ふっと消えてしまって。
よく覚えていないのですが、覚悟を決めてから、かなりすぐだったような気がします。長くても数日だったかと。

や、あの覚悟はなんだったですか? とか思うのですが

「傷を抱く」覚悟をすることそのものが大事だったのかな、と。


傷も大事な自分の一部であると、その存在を認めて
時間がかかってもその気持ちを聴いてつきあってゆく覚悟を決めて

・・・そしたら、駄々こねてた子が満足して眠ってしまったみたいです。

リアルで抱っこ法やっていると、気持ちを思う存分聴いてもらった子が
満足して突然かくっと寝ちゃうことが多いのですが、ほんとそんな感じ。
そのワガママ(想い)を叶えられなくても、「ワガママを言いたかった気持ち」をじっくり聴いてもらうことで満足するのですよね。

怒りとか不安とかも、怒りたかった気持ち、不安になってしまう気持ち、
それを聴いて欲しかったのかな、って思います。


ネガだから、持っていてはいけないから、消さなくてはいけない、んじゃなくて。

自分の大事な気持ちだから、ちゃんと聴くよ。
あなた(ネガ)だって、私を構成している一部分であることに間違いはないんだし
そもそも生まれた理由は、なにかを大事にしたいとか、なにかの傍にいたいとか、そういう柔らかな気持ちだったはずだよね。
あなたは最初から、そんなに尖ってギスギスしていたわけじゃない。

私の怒りは、私にそういって欲しかったのかもしれません。


先に、覚悟が必要、って書きましたけど。
何でかって言うと、生半可な気持ちでやると相手にばれちゃうのです 爆

赤ちゃんを寝かしつけたりするのと一緒で。
すっかり安心して寝かす(これも意識を「手放す」ことですよね)には、
まず疑いなく逃げずにここにいるよ、
あなたが寝た後でテレビなんか見ないわよ(笑)、って信じてもらわないといけません。

だから、かちんとギアを入れるときには、いったんきっちり諦めるというか
「このまま一緒に寝てもよし」、ネガ相手だったら「このまま抱えててもよし」、それが私の望みだ、ってくらいまで心を決めてかかります。
ここにやっぱり、それなりに勢いというか気合が必要です^^;

だけど、そうすると今までどうしようもなかったものが逆に動き始めたりする。
なんだか逆説的ですけど、少なくとも私の場合はそういうことが多い気がします。
勿論、そうまでしなくても動くものはそれでいいと思うのですけどね。


そうやって心を決め、流れに任せて一度ぐっと深いところまで潜ったなら、
人はずっと流れてゆくものだから、季節のめぐりに木々が成長するように、善いほうへ流れてゆくものだから、
ふと気がつくと夜が明けて小さな花が咲いている、そんなふうに
自然のうちに何かが変わってゆくのかもしれないなあ、と思います。





ぽちしてくださると幸せです♪→ブログランキング



6/1 ルシフェル・ヒーリング

関連記事

Comment_form

Comment

Re:ゆく河の流れ 

誰でも無視や軽視されたら悲しいように、「怒りさん」も自分を認めて欲しいのでしょうね。
余裕がない時は難しいですが…
あ、「余裕さん」も大事にしてないかしら。
こうやって考えると、行き着く先は「自分を含め周りのすべてに感謝」なんですねぇ。
ありがとうございます。
  • posted by hanako 
  • URL 
  • 2010.05/30 22:03分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ(05/30) 

コメントを書くのが苦手なのですが(気持ちでは書きたいのになかなか書けない感じで;)思わず書き込んでしまいました。
読んでいて救われる気持ちです。
ネガを否定するのではなく、受け止めてつき合う覚悟…
勇気が湧いてくる感じでとてもありがたいです。

さつきのひかりさんのユーモアというか、つっこみ方も好きでよく笑わせてもらっています^^
ヒーリングもいつもありがとうございます。


  • posted by 緑004 
  • URL 
  • 2010.05/30 22:05分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 

昨日のコメントの続きになるのかな…
読み終えて、出てきた言葉が「あるがままでよし」でした。
「わがまま」っていう言葉にすると悪いことにすりかわっちゃうけど、「あるがまま」として受け止めちゃうことが実は覚悟がいる。
聖☆おにいさんの個性的な皆さんもそれぞれがそれぞれとして受け止めているという…
笑いに変えられる過去世っていうことが幸せだったりする(笑)
でもさつきのひかりさんはすごいなぁ…嫌なことを感じてきちんと対処できるんだもの…
私は抱えたまま足元の岩を見てみぬフリをして、足をひっかけてすっころんでますもん(笑)
また擦り傷が痛い(笑)
でもそんなアホなことをしてしまう私もまぁいっか~♪
今生きてるうちに何回かすっころんでどうやったらいいか体で覚えていくんだろうとたかをくくってます(笑)
私も性善説派です♪でもムカッと(●`ε´●)してます(笑)態度にも出してます(爆)社会人としてはイマイチです(爆)
時間の経過にもがきながらこなれてきてるのも感じてます。だから…まぁいっか♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2010.05/30 22:10分 
  • [編集]
  • [Res]

おおーー 

方丈記の一説、習ったのでしょうけど覚えてませんでした^^:
こういった文章や歌がすらすらと出てくるなんて素敵ですね――☆
百人一首も覚えた時は大好きだったのに、忘れるのもはやくて今は空で覚えてるのはないですね・・・

「傷を抱く」記事の前後から、“もーいいやー、疲れたー”と思ってたことが
あれ!?っと、思った時にはいつの間にか
ネガ→ポジにくるっとひっくり返ってました♪
“もーいいやー”ってのが覚悟になってたのでしょうか(笑)
  • posted by さゆのこ 
  • URL 
  • 2010.05/31 00:45分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 

昨年はじめに亡くなった祖母は、いつも不平不満の中に生きているような人でした。
彼女の生きてきた道のりは、アタシが経験したことのない出来事に振り回されていて。
その人生の中で感じた怒りや不満に、一人でも耳を傾けたなら、彼女自身がそうしていたなら、もう少しだけ穏やかに過ごせただろうにと思うのです。
家族みんながそのネガティブな感情に振り回され、流されて、疲れはてた長い年月。
今なら少しでも聞いてあげれば良かったかなと分かるアタシですが。。。
相手がいなくなって初めて気がつくのは、なんとも。
アタシと祖母が出会って過ごした数十年という時間を少しずつ学びに変えていかれたら。
彼女と出会ったこともまた『全て善かったんだ』と思えるのかなぁ。
さつきのさんの話を読んで考え方がわかりました。嬉しかったです。
ありがとうございます。
  • posted by とめぴぃ 
  • URL 
  • 2010.05/31 06:40分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 

おはようございます♪
いつもありがとうございます(^-^)/
記事、まばたき忘れて読んじゃいました(笑)♪
『魂は善』ワタクシもその通りだと思います。
だからやっぱり人間が大好きっ♪♪♪です。
そして『怒り』突然ポカっと…はい、本当にそうですね。
まさにその感じを味わったばかりです。
そしてやったことと言えば
『わかった、今まで嫌っててごめんね。全部受け入れるよ』って覚悟しただけです(私の場合は身体的に痛みを伴っていたので最初は半分ヤケクソ…(笑))。
でも全ての感情を差別することなく忌み嫌ったりせずあるがままを受け入れる
そうですね、これ♪抱っこ法と同じですね…ずいぶん前にやっていたことなので忘れていました。
しっかりと真剣に丸ごと受け入れるられた感情は、安心し昇華していけるのかもしれないですね。
タイムリーな記事を読ませていただき嬉しかった。
ありがとうございました♪
あいらぶゆー♪♪♪
  • posted by ななみ 
  • URL 
  • 2010.05/31 09:21分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 


なんだか読んでいて
モモというお話の
カシオペイアというカメが教えてくれた歩き方を思い出しました
足を後ろに下がるようにすると
その空間では前に進める
普段どおりに前に前に進もうとすればするほど
進めないしくみなの
そんなイメージで読ませていただきました☆
  • posted by にこにこ◎^∇^◎みかん♪ 
  • URL 
  • 2010.05/31 10:35分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>hanakoさん
「怒りさん」はもとより「余裕さん」大事ですよねえ~。
うっかり忘れてしまうんですけどね^^;


>緑004さん
ひとりつっこみに笑ってくださってありがとうございますw
そして励まされてくださって、とても嬉しいです(^^)


>撫~風~羽~♪さん
いえいえ、私もよくすっ転んで泥だらけにwww
でも人間ですから、まあいいんじゃないでしょうかねえ。
そのたびに、大事な友人達に支えてもらって、もう頭が上がりません 爆


>さゆのこさん
もーいいや、って結構強いかもしれないですよw
古典…たまたまですねえ(爆
そして今の流行歌なんかは、もう壊滅的にわかりません orz


>とめぴぃさん
お祖母様は、河の水際を流れることを選ばれていたのですね。
それもまた、時が過ぎるうちには宝石のひとつになるのかなと思いますが
その場で振り回されてしまうと大変ですよね。。。お疲れ様でした。
肉体は亡くなられても、とめぴぃさんの想いは届くと思います^^


>ななみさん
覚悟、そうなんですよね~。。
もうわかったよ、って覚悟を決めるだけで、動き出すものがあり。
不思議ですよねw


>にこにこ◎^∇^◎みかん♪さん
ミヒャエル・エンデですね~。
そう、まさにそんな感じかもしれません。
後ろ向きに進むことを決意して実行すると、なぜかちゃんと前に進んでいるという。。
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.05/31 21:54分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ(05/30) 

なんか、、最近コメントしたくてすみません(笑)ちょうど整理したいことだったかも^^
一時期よく理想の自分をアフォーメーション(例えば「お客さんに信頼されて、仕事を楽しんでいます」とかですね)してました。でもうまくいかない時、気持ちばかり先走る時、落ち込む時がもちろんあって。「こんな気持ちを引きずってたらまた引き寄せるぅ~~いやぁ(TOT)」って切り替えようとしたけど、、忘れたり思い出したりぐるぐる回る感じ。
それが「すこーんと抜ける」感じがあったのって、「そんなにすぐ性格ば変わらん!そういうねちねちネクラなところも墓場まで持ってってよかヽ(・ω・)ノ」って開き直った時だったと思います(笑)
じゃあ毎回そうしろよ、って思うんですが、痛いのやだとか、もっと楽にやれる方法があるんじゃないかとか、一通り探してからだから、最後の手段?^^かも。
しっかし・・・こんな風に感情の扱い方を考えるようになるなんて思いもしなかったです。スピに出会ってこれが一番大きな変化かもしれません。素敵な場をいつもありがとうございます♪
  • posted by あいちん☆ 
  • URL 
  • 2010.05/31 23:00分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ(05/30) 

私も非常にタイムリーな記事で一気に読んでしまいました。
「傷を抱く」覚悟ってすごくわかります。
子供に例えていましたが本当にその通り。覚悟するっていうその気持ちが大事なんですね。

>痛みや怒りを手放せなくて、ちょっと抱えていることは
どこかのゆるやかなカーブを流れるときに、外側を選んで流れてみるってことなのかもしれません。

そうかぁ、そういうことかぁと、まさにおひざをポンって感じです。これからは、あまり苦労しなくても大丈夫な気がします。
さつきのひかりさんにはヒーリングだけではなく、様々なヒントをもらっています。ありがとうございます。
  • posted by Kai_M 
  • URL 
  • 2010.05/31 23:46分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 

うん。ほんとうに。そうですよね。自分のネガさえ抱っこしちゃえって感覚、私はやっと持て始めたかもです。
さつきさんの文章やわらかくて、わかりやすくて、伝わりやすくて好き。
しかも激しく同意できるから、感性似てる方がいると思うと、なんか嬉しいです。
鴨長明さんわたしもそこだけ(笑)たまに頭にポツンときますよね。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」これも好きです。
  • posted by りんりん 
  • URL 
  • 2010.06/01 04:57分 
  • [編集]
  • [Res]

ゆく河の流れ(05/30) 

♪うわぁ~い♪「方丈記」のこの一文、自分も大好きです。
こんな風に執着せずに生きれたらと思いつつ
地に足がついていないタイプの自分には、それは拙いかなと思いつつ○・ω・○。。。
  • posted by はっぴーあんどすまいる 
  • URL 
  • 2010.06/01 13:37分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ 

素敵な言葉の数々でしたo(^-^)oありがとうございます
私自身も、人の気持ちや思考は毎瞬、毎瞬変わりゆくものだと感じています。だからこそ、図太く生きていけてる気もしてます(笑)
なかなか受け入れられない、でも長々と付き合ってきたある観念を私は今も連れて歩いているように思います。時間が傷を癒してはくれるものの、どこかでまた急に込み上げてきてしまうもの。けれど、さつきのひかりさんの文章を読ませていただいて、皆さんのコメントもすべて私の助け舟です☆
感謝の気持ちでいっぱいですo(^-^)o
  • posted by ving 
  • URL 
  • 2010.06/01 20:49分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>あいちん☆さん
わーコメントしたい時期万歳www うれしいです♪
博多弁(違ったらごめんなさい)がカッコいい…!
東京の田舎生まれなもので、方言ができる人に憧れます。
なんか、大地に生きるって感じで素敵ですよね^^


>Kai_Mさん
そうなんですよね~。ちょっと外側を流れたからといって、それが悪いわけではなくて。
そちらを流れることでしか学べないものも、きっとあるだろうと思うんです。
どちらも大事、なんでしょうね。


>りんりんさん
ネガを抱っこするのは、難しいですよね。
インチャをドームに突っ込んだ人ですから、ええ、よくわかります 爆
でも、少しずつできたらいいなあと思います^^


>はっぴーあんどすまいるさん
方丈記、好きな方が多いんですねw いいですよね~♪
古典名文大好きです。すらすら言えるようになりたいわ。。。
執着も、なーんもなかったらつまらないかもですし、バランスなのでしょうかね?


>vingさん
拙い文章が何かのお役に立って何よりでございました♪
そのままでいいんだよ、と認められたときに何かが動き出す、とても不思議なことですが
陰陽のように極まればくるんと反転するものなのかもしれませんね…。



  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.06/02 12:47分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:ゆく河の流れ(05/30) 

自分のいちばんいやんな部分に直面して絶賛凹み中です。。
さつきのひかりさんのお返事の中にもあった『自己責任』という言葉を
同じ日に立て続けに見たので、ああこれがきっと上の誰かからの
メッセージなのね、と思いました(「自己責任だコノヤロウ」みたいなw)

いわゆるネガも、それが引き起こす痛みも何もかもひっくるめて
誰のせいにもせず全部自己責任で受け止める、って覚悟が出来たら
きっとその時点で解決するのかもしれませんね。。
(つまりそういうことですか、上の人 orz)
今回も素敵なお話ありがとうございます☆
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2010.06/02 19:09分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>たまねぎさん

なんだか、「自己責任」にフォーカスする流れみたいですねえ 笑
自分の人生自分が主役なので、泣いても怒っても転んでも、笑いながら歩けるとよいですよね♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.06/05 19:37分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR