のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 47】 妖精

作戦から帰還すると、アルディアスには山盛りの書類が待っていた。二週間軍務から遠ざかってしまうため、その間のことも今のうちに手配しておかねばならない。
それでも優秀な副官のニールスがいてくれるから、不在の間も細かい采配は信頼していられる。毎年の皺寄せをてきぱきと片付けつつ、同時に彼はリフィアの訓練もこなしていた。


潔斎も直前の、最後の訓練を終えた夜。
星空に三日月のかかる中、二人は守衛に挨拶をして南門を出た。

しいっ。

唇の前に指を立てて、いたずらっぽくアルディアスは片目を閉じてみせる。

(どこへゆくの?)
(いいものを見せてあげるよ。いいかい、そこの角を曲がったら飛ぶからね)

ひとつめの角を曲がり、善意から彼らを見送ってくれる守衛の視線が届かなくなると、アルディアスはリフィアを片腕に抱いてテレポートした。

一瞬体重が軽くなり、そしてまた重くなる。
よそとは違う、自分を包むしっとりと濃密な空気に、リフィアは目をしばたたいた。
ここはもしかして、奥院の禁域の森ではないだろうか?

(当たり。この時間には誰も入れないけど、声は出さないで)
(まあ、厳重な結界があるのじゃないの?)

びっくりしたリフィアに、アルディアスは笑った。

(そりゃ勿論あるけれど。ここの結界の主は誰だと思う?)
(……あなた)
(そういうこと。……ほら、あっちを見てごらん)

長い指が指すほうに目をやると、咲き乱れる青い花弁の睡蓮の池の上に、いくつもの小さな明かりがふわふわと飛びちがっていた。

はっきりした違いではないが、ほんのりとピンク傾向のもの、ブルーっぽいもの、イエロー風味のものなどがある。

(まあ、きれい……蛍? 蛍ってあんなに色の種類があったかしら?)
(黄色っぽい丸い群れは蛍だろうね。だけど、混ざっている他の色味のものは、あれは妖精なんだよ。太古の精霊に近い存在なんだ)

よく見ていてごらん、形がゆらめいて変わったりするよ。

アルディアスの言葉に目をこらすと、いくつかのほのかな光がゆらゆらと広がり、羽のある何かの形をとって動き出した。

(私が知る限りでは、ここまではっきりした形のとれるものは、セントラルではこの奥院にしかいない。こういう夏の盛りの夜が見るには一番いいんだけれど、潔斎に入ると外出できなくなってしまうからね)

(……懐かしいわね)

夜の闇にほんのりとした光の輪舞に見入って、リフィアは呟いた。
なんでだかそういう思いがする。
ずうっと昔別れた友達に、また会えたみたいだ。

リフィアはセントラルから他の街に引っ越したことも、どこかの寮に入ったこともないから、音信の途切れた友達というのはそれほどいない。
けれど三日月の薄い光に遊ぶあの光の珠は、懐かしい。

子どもの頃に、夏の強い日差しが造る、森の影が深いところに行くと似たような存在達が迎えてくれた気がする。
小さい頃……そう、あの熱射病の前、まだ子供であることを自他共に許されていたあのころに、あいまいな境界線のなか物語に浸かっていた真夏の記憶。

(もっとぼんやりした形のものは、外苑の森にもたくさんいるからね。子供なら見えただろう)
(どうして大人には見えないの?)

素朴な疑問に、アルディアスはちょっと困った顔で笑った。

(さあ……どうしてだろうね。日々生きるのに妖精は必要ないと思うのかもしれないし、忙しさに紛れてしまうのかもしれない。心を留めてさえいれば、彼らはいつでもそこにいるのだけれど)

夜空のような瞳で、彼は妖精たちを見やった。

生きるのに物語はいらないと、そう思えば彼らの姿は消える。昼間の星が見えなくなるように、人はあってもないものだと思い込む。

効率を問われる世の中で、心遊ばせることは無駄なのだと、時は金より貴重だと思うならばさらに。

(あなたは彼らと同じ世界にも生きているのね)

警戒を解いたのか、少しずつ近寄ってきた光にリフィアはそっと手を伸ばした。
アルディアスはきっと、成長してもずっとこれを見ていたのだ。

(子供の頃から、見えなくなったことはないけれど。同じ世界……というのとはちょっと違うかもしれないね)

光の珠を指先や銀髪にとまらせて彼は言った。

(じゃあ、はざま……ううん、両方の世界を繋ぐ人)

細い三日月を背にたたずむ彼の姿は、妖精のひとりだと言っても通りそうだった。
思わず伸ばした片手は、しっかりと温かい手に握り返されて彼が人間だと教えてくれたけれど。

神官というのは、殺伐とした現実とどこかとの狭間に生きる人たちなのかもしれない。
いや、両方を繋ぐだけではなくて、自らどちらにも行き来する。
大人が忘れてしまう物語の世界すら、ずっと当たり前に見ながら、そうしながら普通の言葉で世界をそれぞれに伝える役目。
そういう人のことを巫覡(ふげき)というのかもしれないな、とふとリフィアは思った。



蛍の話が出たのは、今日の訓練の合間のことだった。休憩時間には、だいたい奥にある睡蓮の池にゆく。
大きな四角い池には、ここ中央の大神殿にしかないという青い睡蓮が咲き乱れていて、それを石のベンチに座ったり、ゆっくり散歩しながら眺めるのが常だった。

あともう少しで大暑となる日々の陽射しは強い。池のまわりは木陰が多く、涼やかな風が吹いてはいたが、のんびり歩くだけでもうっすらと汗がにじむ。

縁から遊歩道に伸びるようにして咲いている花にリフィアが顔を近づけたとき、葉裏に隠れていた小さな虫がふいと飛んでいった。

「あれは蛍かしらね? アルディ、この池でも蛍が見られるの?」
「ああ、花と一緒に見られるよ。奥院のそばの小さい池にも同じ蓮が咲くが、そちらのほうが蛍は多いんだ」
「いいわね。それは綺麗でしょうね」

青い花弁に幽玄の光が留まるようすを想像して、リフィアは嘆息したのだった。
そのときはそれだけだったから、帰りに連れてこられたのには驚きだった。

奥院の池は、中庭の巨大なプールのようなものと比べるとずっと小さいが、それでも十分な広さがある。
池の中央に大人の腰ほどの高さの円柱があり、そこが湧き水の源泉なのだそうだ。元々この湧き水を慕って人が集まり、やがて神殿ができたと聞く。

うす青く月影に浮かび上がり、ところせましと咲き乱れる蓮の花。

それは一幅の絵のようで、まるで違う世界の風景のようだった。
木々の陰は深く太古の波動がなお息づいて、密度の濃い空気の中に精霊たちが遊ぶ。

青い睡蓮がぼうっと光っていると思ったら、中から仄かな光る珠が数個飛び立っていったりする。
花の中に精霊や蛍が入り込んでいるのだろう、花の形をした青い灯りがぼんやりといくつも点っていた。

それは夏の夜の夢のように、さやけに物語を囁く月影のように。


明後日から潔斎に入ったら、こちらの世界に繋がってゆくのだと思うと、リフィアは少しどきどきした。



















-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次




ついに大祭準備に入ります・・・が、記憶が曖昧で ←
早く降りてこ~い 爆


ぽちしてくださると幸せです♪→ブログランキング
webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


☆ゲリラ開催☆ 5/19~5/23 レインボー・エナジー・フレイム一斉ヒーリング

関連記事

Comment_form

Comment

Re:【陽の雫 47】 妖精(05/20) 

軍務をこなしながら、妖精をも見ることができる。
アルディアスさんはなんて強いひとなのでしょう。

合間にはこんな甘い時間があったのですね。
なんだかほっとします。
  • posted by あおいそら 
  • URL 
  • 2010.05/20 17:54分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精(05/20) 

何となく、らぶらぶな二人(笑)といっしょに、ホタルと妖精のいる光景を眺めているような気持ちになりました。

綺麗でした~(うっとり)
  • posted by ton-tan 
  • URL 
  • 2010.05/20 21:35分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精(05/20)  

いつも美しい一枚の絵画のような物語ですが、今回はまた際立って美しいブルーが目に浮かびました。

話は少し変わりますが、インチャのリデルちゃんは、ブルーヤロウにも行ったり…とのことですが、「陽の雫」と「銀月」の位置関係が今ひとつ分からなくて…(スミマセン。読み落としてますね・汗)。どの辺りの記事を読めば分かりますか?
  • posted by ももんが 
  • URL 
  • 2010.05/20 22:49分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精 

あ~、懐かしいような見た事あるような・・。
涙が出ました。
なんでだろう・・。
いきなり、すいません(^_^;)
  • posted by りも 
  • URL 
  • 2010.05/20 22:51分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精(05/20 

いいなぁいいなぁ!
そんな世界みたいな~!!!
楽しむためだけにそんな世界と繋がりたいです。
大好きな人とそんな世界が共有できるって最高ですね~(ウットリ)
  • posted by ゆえつん 
  • URL 
  • 2010.05/21 12:08分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精(05/20) 

なんだかすごくホッとするエピソードですね~

夏の夜の空気の中で、そんな幻想的なな光景を見られるなんて
(しかもイケメン付きでw)うらやますい。。。
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2010.05/21 14:52分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精 

大祭前のほっとするひとときもすごく幻想的な優しい時間ですね…♪
ふたつの両極を繋ぐんですね…両方を深く知る、繋ぐ…物語を読みながら、今の自分のいる場所がすごく優しいと感じます!
読んだ後、コメントしようとすると寝落ちしてしまいます(笑)気持ちいいんですよね~♪
大祭のお話楽しみです♪この間の日蝕のようなイメージが…
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2010.05/21 16:38分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>あおいそらさん
や、強いかどうかは^^;
でもまあ、二極のはざまで生きた人ではあります。
ほっとしてくださってありがとうございます♪


>ton-tanさん
一緒に見てくださってありがとうございます~♪
嬉しいです♪


>ももんがさん
あ゛… まだちゃんと書いたことないかもしれません^^;
ええと、「銀月」の第一部は、リアルタイムに起こった上の人達の話を、そのまま追いかけたもので。
「陽の雫」は過去生の話なのですが、私にとって重要な(なのかな)過去生の人っていうのは、そのまま上の人として
現在進行形で上で活動しはじめたりするんですね。
アルディアスとグラディウスなんかがそうで。
トールも元々は過去生の人として出てきたのですし、ようするに「さつきのひかり」という多面体の一部分であることには変わりはないのですが^^;
というわけで、今私の上の人はいぱーいいるのです…
ややこしくってすみません orz
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.05/21 17:20分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>りもさん
あら、りもさんもごらんになったのかもしれないですね♪
いつか、どこかで、きっと子供の頃に^^


>ゆえつんさん
誰でも見えるよ、とアルディアスは申しております。
物語そのままの目に見える光ではないかもしれませんが、
この世界にもきっと妖精たちはたくさん住んでいるんでしょうね♪


>たまねぎさん
この前の話が殺伐としてましたのでね^^;
ほんと、話が両極に振れます…
ほっとしてくださってありがとうございます♪


>撫~風~羽~♪さん
コメントしようとすると寝落ちwww 素敵過ぎますww
幻想的と言ってくださってありがとうございます♪
大祭も綺麗な場面の記憶はあるのですが、うまく描写できるように祈っててくださいw
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.05/21 17:27分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精 

アルディさんの後ろに幻想的な光の乱舞♪きれいでしょうねっ☆
実家が田舎で、蛍がすごい数、一斉に明滅するのを見たことあるけど、あれが色とりどりな感じかな…?
私はルシとーさまと見たいなー。…とか思ってたら月の森ヒーリングが…!(爆)見れるじゃないですか、ルシさまと妖精さん☆
いつも色々ありがとうございます。すごく楽しんでます(笑)
  • posted by あいちん☆ 
  • URL 
  • 2010.05/22 00:26分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精 

描写が素敵です~
想像してリフィアさんのようにため息がもれました…(はぅ…)
妖精さんとは少し違うかとおもいますが、
『いつもそばに在って、見守っていてくれている存在』に対して思い巡らしているときに読んだので、
アルディアスさんの
『心を留めておきさえすれば 彼らはいつでもそこにいるのだけど』
というのがなんだか心に響きました…
大祭のお話になってくと妖精さん達がまだまだでてくるんでしょうか? 楽しみにしてま~す☆
  • posted by *miki* 
  • URL 
  • 2010.05/22 00:28分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 47】 妖精 

うっとりするような情景ですね。見てみたいなぁ。。。

いつもありがとうございます♪
  • posted by あんず 
  • URL 
  • 2010.05/23 15:39分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR