のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

17. The Star (エッセイ形式) 「スピリチュアル・ライフ(135094)」



     陽はめぐり 月もめぐる

     ただ きらめく星だけが

     はるかな時をこえて また幾千年のむこうまで

     夜も昼も あなたを見ている


     旅人を導く 北のひとつ星が… 





ひとりの女性が、生命の水を川に注ぎこんでいます。背後の大きな星は、東方の三博士を導いたベツレヘムの星とも言われます。
地上には生命の樹が生え、空には神意の象徴である白い鳥が舞っています。

北極星のイメージからでしょうか、《星》は順調な状態、よい導きのある状態を表します。素直さや希望なども…。

そして大きな特徴は、「時間の経過」を表すことでしょうか。同じ天体である《月》や《太陽》にはない意味合いです。
数ヶ月から数年後の未来を表すことがあります。

昔、太陽は夜になると一度死んで、朝新しく生まれ変わって輝くと思われていました。ですから、太陽のカードは完結し、安定した運命のサイクルを表します。

そして満ちれば昼をあざむき、本が読めるほどでありながら、夜ごとに姿を変えてゆく月は、道を歩く上での不安の象徴となっています。

星だけがいつも変わらずにいると、昔の人は思ったのかもしれません。
月のない夜でも道を教えてくれる星は、闇夜を歩く旅人たちにとって、どれだけ心強いものだったか。
いつも正しい方向を教えてくれる北極星が、色々な国で神様とされてきたのもうなずけます。

面白いのは、このいいことづくしの《星》が逆位置になると、「過保護・甘やかし・くどくなる」なんて意味になるのです。

導く星は必要なものだけれど、ああだこうだと口を出しすぎはよくないということでしょうか…。
私が臨床心理学を学んでいたときの先生の言葉を思い出します。


「カウンセラーは、クライアント(依頼者)の杖である。
暗いとき、道や体の調子が悪いとき、迷ったときに使えればいいものだ。
その後健康になったなら、忘れられる存在でいい」


忘れられる存在、と言われると、やる気に燃える心理士の卵たちは腑におちないところがあります。やっぱりちょっとの名誉欲というか、覚えていてくれたら嬉しいという、そういうものはありますものね。

けれど、健康な人が、いつまでも杖に頼っていてはいけない。

ひとりで歩き出せるようになったら、手を離すのも愛情なんですね。
そして杖を持っていたことなんか忘れて、自分の足で堂々と歩いていって欲しい。そういうことなんだろうと思います。

ちょうど、消防士さんがとても大切な職業だけれど、火事のないときには忘れていても生活できる…それと似ています。

占い師もまた、「忘れられていい」杖のひとつです。

関連記事

Comment_form

Comment

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR