のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 5

そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 1
そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 2
そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 3
そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 4



「デュークさんのボディケアを受け取れない」 
をきっかけとして、

大事な人からの無償の奉仕を受け取れない =豊かさから逃げ出してしまう
 
→ それはどんな感じ? 
 自分には受け取る資格がないと感じている =無価値感、自信のなさ、自己肯定感・自尊心の低さ

→ それはどこから? 
 煉獄当時の洗脳から。しかしその呪いを内面化して、今に至るまで抱え込んでいる

→ それはなぜ? 
 生きるための対価であったから。豊かさから逃げるのは、生きるための前向きな行動

→ そうして、どうしたかった?


…… まで、掘り下げてきました。
次はいよいよ、その経験における魂レベルでの学びは何であったかを探す旅。

私達はみんな、ワンネスの調和の世界から、さまざまなことを経験してみたくて三次元に飛び込んできた存在であると言われています。
生まれる前に真っ白な紙とクレヨンを渡されて、自分の人生というゲームの設計図を好きに描いていいよと言われるんですが
ただただまっすぐな道でとくに何もなかったり、敵がずっと弱すぎたりすると、ゲームとしては盛り上がりに欠けて面白くないですよね。
飽きちゃうし、わざわざやらなくってもいいや、になっちゃう。

もちろん「平凡で幸せな一生」というストーリーのゲームをつくる場合もあるわけですが、
どうせプレイするならワクワクドキドキ笑いあり感動ありなストーリーにしたいとか、せっかく行くならこれを学びたいとかがある場合が多いので
それぞれレベルに応じたダンジョンを作って宝物を設定したり、何かが使えないなどの縛り条件つきプレイにしてみたり、条件がそろうとアイテムがもらえるようなイベントが開催されるようにしたり、ものすごく強大なボスキャラを置いてみたりなどなど、
色々凝った設定することも多く……多……お……

……そうだよヒーヒー言ってるけど元はと言えば私が自分で設定してるらしいよ悪いか!!!!!!!! (机ばーん←


… という開き直りはどこかで必要です。笑
それに悪くありません。ゲーム設定を作っていたころの記憶はだいたい消してくるというか、没入型VRゲームなので、いま現場でヒーヒー言ってるのは事実ですからねえ。
アイテムを得て問題を解決すること自体が、ゲーム内イベントになっているのでしょうし。


そしてこれを読んでいる方は、「人生のゲームは自分で設定している」という情報に出逢ったわけなので、
「ということは、設計図がある」「気づいたならば、それを見て利用しても良い」…という設定にある程度しているのではないかな、と思います。
メタ視点でちょっとややこしいですけど。
ブループリント(設計図)を利用しない、という縛り設定をしているのなら、そもそもそういう情報に出逢わない・興味がないようになっていると思うので。
ヒーリングも同じくで、出逢って使ってみたいと思ったなら、それはゲーム内で使っていいアイテムなのでしょうし
そのアイテムのもつパワーをどの程度ゲームに反映させるかは、作成者の意向ひとつ。

いろんな記事で何度も言っていますが、ヒーラーが癒すわけではないし、癒せるわけがないんですよね。
どうやって、どれくらい、どのように癒されるかは、いつでもヒーリー(ヒーリングを受ける人)が決める。
ゲームバランスを決めることができるのは、作成者その人だけ。
ヒーラーは、ただ寄り添ってより良い道具を差し出すことができるだけです。
その道具に拘りはもつけどな……!





というわけで、ひとしきりグラディウスの噴出した感情をヨシヨシし、ついでにどんだけ面倒なルート作りこんでんじゃいと魂の自分にパンチをくらわせ(もちろん自爆だけどREFだから問題なし)、
まあこれ単純にやってみたかったのと、順を追って公開したら皆さんの役に立てるかもしれないからだよね知ってた…とひとり納得し、

魂のブループリントを見にアカシック宇宙図書館へ行くことにしました。


宇宙のすべての情報が網羅されているというアカシック内にも、多くの階層があります。
下の方は今いるところ、三次元の地球や物質界にいるときの情報が多く
上層階にゆくほど次元が高くなって、ほかの星でも精神世界に近いようなところとか、が多い気がする。

グラディウスのブループリントはどこの階にあるかよくわからなかったので、一気に最上階近くまで上がることにしました。
高いところは肉体から遠いので、アストラルトラベルの難易度としては跳ね上がるのですが、最上階はシータヒーリングでいうところの第七層、創造主の次元に近いのだろう、という気がします。
あるいは見方が違うだけで同じ場所かな。セントラルサン、ワンネス、愛と調和の場所。

そのちょっと下の階層に知り合いの司書がいるので、会いがてらそっちに行ってみました。
人格をもった存在がいて本の形態にみえるデータがある、カタチがある、ということはワンネスよりもちょっと下がるということです。
どちらに行ってもいいのですけどね。
で、せっかくだし、そのうち個人セッションでも使うだろうと思ったので、今後行きやすいように最上階まで続く専用エレベーター(ポータル)を設置←
ちゃんと許可はとったよw

そして、そこで司書に渡してもらった本に書いてあったのは、


『他人に作られた自我でもって
本来自らの存在の根源である“愛と調和と豊かさ"がすべて覆われ、見えず、
さらには自らの(作られた)意識で拒否してしまうような自由のない状況において
愛を探し出すことができるか』


そして

『最果てを知ることで、底を蹴る』


…でした。

“愛と調和と豊かさ"が存在の根源っていうのは、これは皆そうです。私だけではなくて、誰でもそう。
誰でもがワンネスの愛と調和と豊かさに溶けていたけれど、それじゃつまらないから(爆)VRゲームするためにわざわざ人格や設定を作り込んで、三次元に飛び込んできたんです。


グラディウスの場合は、その「もともとの自分自身」を忘れているだけではなく、
洗脳によって他者に刷り込まれた、作られた意識がそれら愛や調和や豊かさを拒否しており
さらにはその自罰状態そのものを、三次元的に生きる手段として肯定していました。

奥底に肯定的な理由があるから、表面的な意識で嫌だと思っていてもなかなか止められないわけですね。
そういう、何重にも分厚い目隠しをし、感覚器官のすべてを眠らせたような状態を作ってまで、彼の人生で探求したかったもの…

並行世界の地獄といってもよさそうな煉獄において、愛をみつけられるか。



ここで私、気がつきました。
ちょうど去年の4月にアップしていた新作、「【銀月外伝】 THE SIX ISLES - Fireplace -」。

あれ、宇宙の中心の暖炉の前で愛を叫…んでないけど首傾げてたよね。
当時は、本人自覚皆無でしたけど。まったくもって素で、(なに言ってんだコイツ)って思ってましたけど。あれなのでは…??


というわけで、デュークさんにお願いして、もう一度改めてグラディウスに「王蛇の幻惑」をかけてもらうことにしたのです。





つづく。





さつきのひかり できることリスト


【~今後の予定~】

3月30日(月) 川崎あそびかた親子講習会(初級・お茶会長め) 参加者募集♪

春休みには、初めての方とお子様連れメインの日帰り講習会も企画しております。
りゅーらさん、銀河さん、クルミさんもいらっしゃいますので
1日たっぷり虹の炎に浸って、癒されて使えるようになってお帰りください♪

成人でREFSIお持ちの方の再受講は7,000円。お問い合わせを複数いただいておりますので
3月半ば以降に空いていたら入れる、という形でよろしければ、先着順で受け付けいたします。
また、お子様と複数で申し込みたいけどお財布が…という場合にはお気軽にご相談くださいませ^^


開催リクエストもお待ちしております♪

→ 対面講習会 / Skype講習会
→ 個人セッション

受付可能スケジュール表



 ☆無料ヒーリング☆ 2/24~3/1 「脾」にREFを満たす

いつも応援ありがとうございます♪ 応援ぽちやシェア頂くとおまけのヒーリングが届くよう仕込んであります♪ 


人気ブログランキング



関連記事

Comment_form

Comment

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

Skype受付可能時間

2020/4/1時点:

月~金 9:00~16:00(終了)

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
R.E.F.S.I.
ルシフェルの翼
Calling You
サクラワーク 開発者。

個人セッションあり


できることリスト

プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



右サイドメニュー

QR code

QR

Sponsored Link