のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

そうして、どうしたかった? ~魂のブループリント 1

ちょうど2年ほど前、2017~2018の年末年始あたりの大変化の話をしました。

過去の自分を受け入れる
『汝、汝自身の善き統治者であれ』
ゆたかなる自己像
ステーションメディケア統合REF

グラディウスというのは私のインナーセルフのひとりで、でかい戦闘員の男性です。
<煉獄>と呼んでいる、とにかくものすごく波動域の低い、ざっくり言えば地獄のようなところにいて、もちろんトラウマの塊だったのですが
その彼がだんだんと癒されてきたときのお話です。

このときに彼は、自分のしたことに対価がもらえる、という経験を初めて受け入れることができて
めでたく奴隷状態から解放かな?と思ったのですが…





事の起こりは、闘い形式の神事のあとでした。
最近の彼は戦闘中にケガをしないよう、ちゃんと以前より防御を考えて動くのですが、それでも危険なときはあります。

煉獄でたくさんの戦闘員を喪ってこられたデュークさんには、それがとても恐ろしいことなので
闘いのあとなどは、手ずからマッサージをしたりと、あれこれグラディウスのボディケアをしてくださるのですね。
デュークさんと同じ本体さんの中の人(インナーセルフのひとり)であるリラさん曰く、「(直接触れることで)そこにちゃんと居るとわかるから、デュークはすっごーーーーく落ち着くんだよ」とのことで
いつのまにか、毎日のルーティンだった、らしいのです。

ところが。
グラディウス側(私)には、毎日のルーティンになっている感触など皆無でした。
それどころか、して頂いている身でたいへん恐縮でありながら、なんというか…つらいのです。
ケアしていただいて有難いと思っているのに、なぜだか…、ルーティンで毎日、と考えるほどに
重苦しい感じや息苦しさが襲ってきました。
逃げたくなりました。

でも、メディカルセンターで同じようなことをされても平気なのです。
センターの職員は仕事だからなのか、煉獄で自分の体を好き勝手に扱われたトラウマが発動しているのか、と思いましたが
デュークさんに他意がないことなんて分かりきっているので、もはや申し訳なさの極みです。。
申し訳なさすぎてさらに逃げたくなるという、冷静に考えると良くない結末に飛び込みそうでした。

何か月も、いろいろ考えました。
襲ってくる重苦しい感じや息苦しさ、それらがどこからきているのか、何をするとどうなると感じるのか、少しずつ探りました。
同時にそのころ新年の神事があって、太平楽の舞楽をやったりしていて
武神と戦ったときに、右腕をばっさり斬り落とされたのですよね←
三次元だったら大問題ですが、すんごい上のほう(アカシックよりかなり上)だと、大した問題ではないらしい…というか
むしろ不要なエネルギーを神様に祓っていただいたご褒美感らしく。

斬られた腕も普通に再生する(霧が集まってだんだん濃くなるみたいな再生の仕方です)んですが
そういえばグラディウス、むかーし、今時間で10年近く前に、とある人ととある約束をしていたことがあって。
今は道を違えたデュークさんの知り合いのために、その人が危難に遭ったならば右腕一本くらい犠牲にしても助けてやる、と、そういっていたんです。
で、約束の2年後くらいに、実際右腕に怪我というか… 私や瑚月さんが「根っこ」と呼ぶ寄生呪物をくっつけて帰ってきて、アルディアスの手術で肩から先を斬り落としたことがありました。落とした腕は寄生してる呪物ごと封印して、トールのラボに保管して。

そのときも右腕は再生したので、そのまますっかり忘れていたんですが
手術で落とした右腕も「失くした欠片」ってやつでは…?ちゃんと回収しないといけないのでは…?と10年経って思い至り ←
ちょうど武神さまにスッキリしてもらったところが空いてる(爆)ので、そこに着けることにしました。

この、「失くした欠片」ってやつは、自分で回収しないと意味がないです。
見つけて、持ってきてもらうまではまあ… 場合によっては誰かにやってもらってもいいんですけどね。それを自分の中に回収するのは、本人がやらないといけません。というか他人がやっても本人の完全な同意がなければ、またどっかいっちゃいます。

なのでラボに保管してあった右腕を自分の意志をもって繋げましたが、…そうです、呪物つきなんですよ。10年経とうがまだまだ元気にビキビキと根っこ的なものをあちこちに生やして奇形化しております。ひゃっふー(@@
そもそも当時、呪物から身を護るために斬り落としたんですからね…

当時のグラディウスの感覚においては、自分で取れなければ斬り落として延焼を防ぐ、のが最善の策として認識されてましたし
誰かに助けを求めて取ってもらったり、という考えにはなりませんでした。
預かったトールも、実験に使えるかな?とは思っていたようですが、呪物だけ除去する、除去して戻す、という考えはなかったですね。
綺麗に除去する手間をかける価値を、自分自身に認めていませんでした。
不良品はハネて処分する。
自分自身に対してそういうスタンスだったからね…(遠い目

それを装着しなおすってことは、かつて隔離して封印するしかなかった、その「根っこ」を丸ごとクリアせねばならない、ということです。
10年前の宿題今ここに。


「根っこ」というのは、まあ見た目が木の根に近く見えるから内輪でそう呼んでいるのですが
デュークさん曰く、「憑りついて宿主を操り餌とするもの、そういう類の欲望から発生するもの。大まかに言えばね」という感じです。
そこから、カビや寄生虫に近いのかな…という話になり
考えていて、グラディウス(私)は気がつきました。


「自らを肥やすために他者を殺すことを厭わぬもの。
自己のみに偏っている愛… 利己愛。

ああ、それなら俺は確かに持っている。
…というか、そればかりだ。苦笑

身代わりとはいえ取り憑かれたならば、この「根」と呼応するものが俺にあるのだろうと思っていた。

寄生された当時、俺にはそれが認められなかったのだろうと思う。
いまはわかる……

利己愛。 利己的な生存本能。
確かに俺の中はそんなのばかりだ。

自分自身を愛していないと思っていたが…、そうでもないらしい。
自分の扱いは雑だが、他者に対してはもっと酷い。ということなのだろうな。。
それこそ寄生虫のように、他者の優しさを貪っている…




「根」に寄生されたままの、この腕。

おまえは、正しく俺自身だよ。
…斬り落として悪かったな。。」



そう言って、繋げた右腕をさすっていました。
根っこはいつのまにか大人しくなって、そのまま彼の右腕におさまっています。
利己愛……自分だけを愛して他者を貶めるやり方ではなく、いつか、その先にある
他者と同じく自分も愛する、自己愛……を教えてくれるのかもしれません。

そう、利己愛はあるらしいと分かったグラディウスですが
ちゃんとした自己愛は、未だにぜんぜん持ってなかったのですよね。

デュークさんに触れられて息苦しくなるのは、プロではない無償の行為で、でも傷つけられることはないはずだという信頼と、
煉獄での学習効果…タダより高いものはない… からの、後で何か恐ろしいことが起こってしまう、という不安と身体の奥底に染みついた恐怖、
そこから発生した、無償の愛を受け取ることの下手さ

…が、ぐちゃぐちゃになっているのではないかな、と思いました。




あ、だめだぜんぜん終わらん。



つづく (記事下のリンクから続けて読めます)







さつきのひかり できることリスト


【~今後の予定~】

3月30日(月) 川崎あそびかた親子講習会(初級・お茶会長め) 参加者募集♪

春休みには、初めての方とお子様連れメインの日帰り講習会も企画しております。
りゅーらさん、銀河さん、クルミさんもいらっしゃいますので
1日たっぷり虹の炎に浸って、癒されて使えるようになってお帰りください♪

成人でREFSIお持ちの方の再受講は7,000円。お問い合わせを複数いただいておりますので
3月半ば以降に空いていたら入れる、という形でよろしければ、先着順で受け付けいたします。
また、お子様と複数で申し込みたいけどお財布が…という場合にはお気軽にご相談くださいませ^^


開催リクエストもお待ちしております♪

→ 対面講習会 / Skype講習会
→ 個人セッション

受付可能スケジュール表



いつも応援ありがとうございます♪ 応援ぽちやシェア頂くとおまけのヒーリングが届くよう仕込んであります♪ 


人気ブログランキング




関連記事

Comment_form

Comment

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

Skype受付可能時間

2020/4/1時点:

月~金 9:00~16:00(終了)

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
R.E.F.S.I.
ルシフェルの翼
Calling You
サクラワーク 開発者。

個人セッションあり


できることリスト

プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



右サイドメニュー

QR code

QR

Sponsored Link