のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

高知合宿ご感想 ~うめたろうさん編

■うめたろうさん

今回の講習会では、さつきのさんたちが岡山経由での四国入りでしたので、途中で合流させて頂けて、ものすごくラッキーヽ(^。^)ノ な旅の始まりでした!

さつきのさんと銀河さん、クルミさんはサンライズで車中泊の早朝岡山駅着。(お疲れさまです<(_ _)>)
乗り換え時間が30分程あったので、その間に岡山名物のお弁当(栗おこわと千屋牛♡)とかフルーツゼリー(クルミさんが買ってくれた♡)を購入して、南風に乗りこみました。
(うめたろうは南風に乗るのも初めてだし、このメンバーと一緒なので「なんかこのまま空飛びそうですよねー」とか言い出して、はい グラウンディングしっかりねー!ってなって、更にさつきのさんに生きびだんごをもらって、リアルももたろうの気持ちになっておりました(`・ω・´)ゞ)

出雲の講習会の時にも岡山乗り換えで、しかも待ち時間がけっこう長かったとか。。。(岡山はできるだけ、さつきのさんたちを引き留めたいらしい。待ってる間もお仕事なさってるんですね・・・。)

そして瀬戸大橋を通過する時には、みなさん「眠くなるー・・・。」とのことで。
そういえば、前回の岡山の講習会の時にも、準備の段階で繰り返し「源平の戦い」が出てきてたし、今回列車の通過する岡山側にも、古戦場がいくつもありました。
そして瀬戸内海自体が源平合戦の場だった。(今回はそちらにご縁があるのでしょうか・・と ぼんやり思っている)

瀬戸大橋を通過して、こんもりとした讃岐特有の山々を窓から眺めつつ、列車は金比羅山へ。
・・・それでですね。。雨が、止まないのだ。しかもなんか激しくなってくる??(-_-;)

階段だらけで有名なあのお社に寄って行こう、、というお話になってから、当然ながら「雨であの階段はいやだよね~・・・」の会話は繰り返されていていて
「・・・人間は弱いので、ちょっと雨降りすぎても、、晴れ過ぎても、死にます。。どうか、湿気少なく適度に風そよそよと・・・」 って言ってたのに(←内容はまとめたものです。すごく面白かったww)
雨ざーざーの、風もびゅーびゅー。雷まで鳴ってるではないか。
(雨の少ない讃岐の国では、おそらく龍神さま大歓迎の意であろうと思われるのだが。←雨乞いするし。ため池あるし。)

琴平駅ではみっちゃんさんが傘もって待機。(再会の喜び)

早朝ではあるし、大荒れの天気で、この状態で観光しようなんて物好きはいなかった。
参道は森閑としていて、両脇のお店のシャッターも全て閉まって、我々だけが歩いている状態。
みっちゃんさんの傘がおちょこになりかける。(なんとなく千と千尋)
「温泉旅館」の看板もあって、クルミさんが「もー山登らないで温泉にしよう。温泉にー!」って言ってて(笑)←私も思った。(でもそういいながら、みなさまちゃんと階段を登っているのだ)

ほんとに人がいなくて、上を見あげると山が雲を被って、ほとんど見えないのでした。
2,3回来たことがありますが、もっと天気の良い、人の多い賑やかな門前町の風情でしたし、こんな風景もあるんだな、、と お山が全く別の顔になっていることに驚いたのでした。
ここは「山」の領域で、「御神域」なんだと改めて思った。

きれいだったのです。
足元の階段からふと上に目をやると、誰もいない石の階段がどこまでも続いて、雨でしっとりと濡れた大樹の緑がそれにさしかかり、それは美しい風景で。
途中の平な場所には、お宮が祀られ、ご挨拶をするとまた別の風情の階段が続き、またお宮が姿を現す。。。お宮の建物と、階段と、お山の木々とが、それぞれの場所で調和していて、階段上る毎に、別の風景が開けていく。
いままで人だらけの金毘羅さんで、足元の階段と、お店しか見てなかったから全然気がつきませんでした。金毘羅山すごいー!(のぼるの大変だけど)すっごくきれいー!って内心大絶賛しつつ(脚はかくかくしてたけど)登っておりました。

・・・これも、すごいお接待だったのだなぁ。。と 後から思ったのです。
私等の他にも途中から何人か登って来られましたが、私等の前には殆ど来られなくて(人払い?)。NHKの「特集 讃岐の国」 とでもいう様な風景が前に広がってる。
(銀河さんの撮ってた写真がすごかった)

きっとあの風景には二度と出会えないだろうし、ずっと忘れずに脳裏に焼き付いていると思う。


さつきのさんが、瑠璃さま経由で龍神さまに訊いてみたところ「止められないんだって・・・」というお返事があったそうで(でも徐徐に穏やかになってきて)
それを伺った時、不謹慎ながら「かわいい・・・」って思ってしまいました。
(龍神さま、よっぽど嬉しかったんだねぇ・・・・(o^―^o)←ちょっと親近感)

本宮に到着。展望台があり、瀬戸内海が見渡せるはずなのですが全て灰色。
そしてそのまま奥の院に向かう。
途中にお休み所がありまして、屋根も椅子もあるので一休み(お休み兼お仕事かなーの会話あり)。
遅れて入った私が、先に座っているみっちゃんさんのとなりに行こうとしたら、向かいに座ってたさつきのさんが、にこにこしながら「うめたろさん~♡」 って立ってこられて、おもむろに例の般若心経手ぬぐいをぶんぶんと振り回し始める。
あー・・・(-_-;) もしかして私、なんかの真ん中突っ切ってきました?
(←全然意識ない鈍。あ、ちょっと迷ってから通ったかな・・・)

こういう使い方あったのかー!と感心して見ている。(なんか強力に浄化の感じ)
しばらく振り回した後、その手ぬぐいで背中を順番にぽんぽん!と叩いてもらったら気持ちよかった。(効いたのでした) ふむふむ。これも新しい使い方( ..)φ(多分使用者とアイテム限定)

本宮から奥の院に向かう道は、お店はなく、殆ど山道になります。
クルミさんたちが「重いねー」「修験道の場所だねー」と言いながら歩いておられる。
途中でみっちゃんさんが、突然掛け声と共に傘をぶんぶんと振り回しながら前に向かって突進し初めましてー(←wwwすごく好き) 暫らく突進した後リタイアしてきたけど、ちゃんと軽くなってた!(ちなみに私は後ろしか歩きませんでした。さつきのさんの後は、軽いのだ)

白峰の崇徳院さまのお宮にもご挨拶して、奥の院へ。
天狗さまの守っておられるお宮でした。ここで、『ニュー天狗御守り』 (つまり新しいのね)というお守りを、みっちゃんさんと一緒にゲット。(私もみっちゃんさんも、上の方が天狗さん系なので、修験道にご縁があるらしく、並んで歩きながら「こっちの方がなんか落ち着くよね・・・」と話してたのが面白かったです)

奥の院で御朱印待ちで、軒下に座らせてもらいましたが、みんなみごとにびしょびしょでーww
開き直ったさわやかな笑顔がみなさんとっても素敵でした!

で。濡れてるから、足元が危ないんだよね。
何度か転んだり滑ったりしつつ、「蟹歩きがいいー」ってことになって、ちまちまと蟹歩きしてみたりして、かなり神経使いつつ歩いてたのですが(さつきのさんの靴が、この時崩壊したらしい)
雨が上がって、雲間から光が射してきて、、、本宮に戻った時には、さっきまでの天気が嘘みたいに晴れいて、展望台からは讃岐富士もくっきりと見えるし、瀬戸内海も蒼い。
なんなんだこの短時間のあからさまな変化は・・・(-_-;)←わかりやすいお仕事ビフォーアフター

階段の石がもう乾き始めてるし、寒いくらいだったのにもう暑くなり始めてる。。
参拝の方も増えてきて、あー。これがいつもの金毘羅さんです。。と思いました。
(ほんとに違う空間に居たようだったのです。雨が山頂の御神域をそのまま下まで降ろしてきたような。)

濡れたし疲れたしで、500段目にあるという「神椿」という資生堂パーラーで一休みすることに。
パフェを頼んで、みんなで分け分けしながら温かい紅茶飲みました。甘味が沁みたー!(*´▽`*)こんなに美味しいパフェは食べたことがなかったです(桃も絶品であった)。
御神域の甘味だから・・・と言われて、それも納得。
その後、階段下まで降りて讃岐うどんを食す。美味^^(パフェ食べたら、おうどんは食べられない? とか言ってたけど、するすると完食した)

そして朝の風景とは全く異なるぽかぽかの琴平駅から南風に乗りこんだのでした。(`・ω・´)ゞ


列車は四国山脈を越えて、途中から四国三郎と呼ばれる吉野川沿いを走り、その後剣山系を水源とする物部川沿いを進みます。どうやら、通過すること自体が案件らしかった。
途中から皆さま健やかにお休みになっておられました。(ポニョが眠くなるの思い出す)
わたしは反対の窓側に居たので、谷底を流れる吉野川が良く見えたのです。ものすごい岩山の絶壁の間を深い緑色の河がとうとうと流れる様子が美しくて、ずっと眺めておりました。
(道を通した方々がすごいと思った。そして大歩危小歩危の辺りは妖怪さんで有名らしく、「妖怪館」とか対岸の上にある。)

何度か山合いに停車する時間があって、「停車にも意味があるのだろうか・・」とかぼんやり思ってたら(私も眠い)、窓辺にひらひらと黒アゲハが二羽飛んでいて、香取講習会の蚕霊神社でさつきのさんが舞った時に、大量に飛んできた(←)黒アゲハを思い出す。(その後も何度か見かけることに)
物部川沿いを通る時にちょっときつくて、虹色スカーフを出して首にまいたら楽になりました。(銀河さんに背中をぽん!て叩かれて、深呼吸するように促してもらって息をつく。)うーん。。プロテクション・・・。

そして土佐山田の駅に着いたのでした。アンパンマンだらけー!ヽ(^o^)丿(テンション上がる)


土佐山田駅で下車。次の目的地「龍河洞」に向かう。みっちゃんさんのお友達の方が待っていてくれて、車に乗せて下さる。
初対面なのですが、ほんわかして一緒に居てもほっとするような方で(みっちゃんさんのお友達やー)、なんか講習会参加者さん? という雰囲気で楽しかった(笑)
こちらは やなせたかしさんの出身地で「アンパンマンミュージアム」もあり、駅はアンパンマンだらけで、改札出てもアンパンマンがいっぱいで、バスもアンパンマンでしたー。

この鍾乳洞は高知でも指折りのパワースポットらしくて、入り口には「龍王権現」さまがお祀りされていました。その昔、土御門天皇が此処においでになった時、錦の小蛇が現れて帝をご案内した、、という伝説があるそうで、まずご挨拶。磐の裂け目から、冷たい風が吹いてきていて、完全にクーラーだった。

自分は、どうやら鍾乳洞すこし苦手らしいのですが(最近判明した)、前を行くのはさつきのさんとクルミさんで、後ろからは鍾乳洞大好きの銀河さんが「わー!!きれー!!」を連発しながら来られるので、ちょっとコワくてもかなり感化されて「うん。きれー」 の心境が勝ってる状態での地下探検。ずっと水が流れています。ずっと水音がしていた。(朝の大雨がなければそんなに流れていないとのこと。これもお接待?)
奥には、此処でお坊さまがご修行なさったという広い空間がありまして、そこに着いたら、なぜかすごく心地よくて不思議でした。地下なのに、洞窟なのに、閉塞感が全然なくて、清々しいような。そして導かれて、地下に降りるというのを、なんとなく知ってるような気もして。
(最後に出口近くで、プロジェクションマッピングの効果音でやぱくなりそうなときに、みっちゃんさんが手を握ってくれて、すごくありがたかったです)

外に出ましたら、土佐包丁の実演販売があって、それが、ものすごく良く切れる!紙を包丁でさらさらと、なみなみに切っている!みなさん丁寧に説明を聞いておられて、さつきのさんが一つお買い上げ(o^―^o) 後で聞いたら、「土と風と水の龍」の場所だったので、その縁の品を持って帰るという選択も善き哉、、というお話で(だったと思う)、おぉー!龍さん。。と たいへん興味深く心に残りました。(以来、よく切れる土佐包丁を手に、エプロン姿のさつきのさんが、きめっきめの太極拳ポーズをとってるの画が浮かんでしまってー(*'▽')←だれも勝てない)

途中の公園で、みっちゃんさんのお友達にお礼のサクラ菌施術の後(byさつきのさん)、駅までまた送ってもらってさようなら<(_ _)>(ご一緒出来て良い時間でした!ほんとにありがとうございました。)
私的には、、土佐山田の駅でさつきのさんの「楽しかったですねー!」の笑顔がきらきらしてて、うん!たのしかったー! のストップモーションで龍河洞おわりー♡ 名前の通り、龍の河が地下深く流れる場所でした。

電車では、出雲経由でこちらに来られて、場所は違えど同じくびしょびしょになったりゅーらさんと合流できまして、淡々と微笑みながら話される冒険談をですね、えー・・(;゚Д゚) って聞き入っておりました。(これはまた別の話となる・・・のストーリー展開)

高知でのお宿、城西館で、車組のみっちゃんさんたちと、かさねさんと合流。
文字通り、高知城の西に位置する高名なホテルで、、ロケーションもすごくて、お部屋からの眺めが市内一望。お城も見えて、お夕飯もすごく すごく 美味しかったです!眼の前で鰹のタタキが炎で炙られたし。。ハード系一日の終わり、全てがありがたく<(_ _)>
そしてお宿の方も、みっちゃんさんもかさねさんも、お料理についてとても雄弁に誇らしげに語って下さるので、郷土愛が・・・と思ったのでした。
(最後の天ぷらのオーダーで、海老は頼んでないのに、しっかりついてきたから可笑しかったーww←頼んだ5品プラス海老!)

やっと一日目終わり<(_ _)>




4考える村3


金毘羅さんはほんとうに、登るときと降りるときでは世界が違う感じがしましたね。
登りは人もいなくて、森閑として…
神の世界と人の世界と、そのあわいを漂ったような感覚でした。
詳細かつ楽しいご感想で思い出させてくださりありがとうございます^^



さつきのひかり できることリスト


【~今後の予定~】

リクエストお待ちしております♪

講習会開催について
Skype会のリクエストについて



 ☆無料ヒーリング☆ 12/10~12/15 虹の灯り


いつも応援ありがとうございます♪ 応援ぽちやシェア頂くとおまけのヒーリングが届くよう仕込んであります♪ 


人気ブログランキング


関連記事

Comment_form

Comment

NoTitle 

>神の世界と人の世界と、そのあわいを漂ったような・・・

あー。ほんとに。。ほんとにそんな世界でした。
あの時だけの特別な空間を移行したような感覚で。
ご一緒できて 誠に幸運でありました(o^―^o)
  • posted by うめたろう 
  • URL 
  • 2019.12/13 21:15分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: NoTitle 

>うめたろうさん

ほんと不思議な感覚でしたね。
びしょびしょになって階段いっぱい歩いた価値はありましたw
こちらこそ、ご一緒していただきありがとうございました~♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2019.12/14 16:43分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
R.E.F.S.I.
ルシフェルの翼
Calling You 開発者。

できることリスト

プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



右サイドメニュー

QR code

QR

Sponsored Link