のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

演武会に行ってきました。

所属する柔拳道場の演武会に、今年も行ってきました~♪

今年は最初の演目が古式楊家太極拳の套路で、私は今年の4月から習い始めたばかりなのですが
ひとまず演武する部分までは終わっていたのでしょっぱなからその場で参加! ザ・勢い!! 笑

というかうちの演武会、演目発表がいつも当日舞台袖で、その場で出たい人が出るシステムなのですよね。
その演目まで終わっていれば誰でも出られるという形式で、「演武会のための練習」とかがまったくないのです。
その理由は、「敵と戦う時にリハーサルとかないでしょ?」というガチ武術。。←

演武会、去年も行って記事にしておりまして、読み返したら剣の復習を始めたところだと書いてありました。
おさらい長いんだろうな~と書いてますけど、予想より早く半年くらいで終わり。
今は十二形拳の馬形と、純陽剣と、古式楊家太極拳を学んでおります。



ということで、今年は古式楊家、太極拳、五行拳、五行相生拳、形意連環拳、太極剣、それに推手大会と、けっこう出てきました~♪
たくさん出てたので、見に来てくれた友人達もびっくりしたらしいですw

演武は何度か出たことがあって、舞台にあがると変なところでトチったり冷や汗だらだらになったりするんですがw
今年は最後のほうでガチガチの緊張が取れて、あ、今楽しいかも♪って思えまして
これはとっても収穫だったなあ。

推手大会は初めて出場しました。
なんでって、息子が全員参加の水泳大会に出るの渋っているときに、「負けたって構わない、出ること自体がいい経験になるから行って来い」と送りだしている手前、親の私が尻込みしてたらいかんよな…と思って。

推手は要するに太極拳における組手なのですが、緊張しまくりましたねwww
柔術なので必死に力を抜こうとするわけですが、対戦相手がめっちゃ力で押してきて、うわうわわ?!って思ってるうちに負け。
初めてですし、初戦敗退は予想内なのでまあいいんですけども
めちゃくちゃ悔しかったので、練習して気を練って来年も絶対出てやるーー!!!! ←

力押ししたからといって、反則しない限りは先生に何か言われることはないのですが(おそらく躱す側の勉強になるから)
やっぱり気の柔術なので私は気で勝ちたいと思いますし、
力の攻撃をうまく躱せなかったことで、後ろの足の重心等々、今の自分の課題が浮き彫りになりました。
普段の練習だとお互いここまで勝ちに行くことはないので、はっきりしてなかったのですよねー。
モチベーションも貰ったし、下半身をもっと鍛えたいなあ。

今までと違うことに飛び込んでみるというのは、えいやって勇気が必要だけれども
やってみると、勝っても負けてもとても大きな収穫があるんですね。
怖かったけど、頑張って飛び込んでみてよかったです^^



去年来てくれた、「いろいろ見える」友人たちは今年も見に来てくれまして。
前回は私の出番終わりごろに到着して見てもらえなかったので、今年は最初から見てもらおうと思っていましたが
身長の関係上、私が先生のすぐ後ろくらいの立ち位置だったために、気的なものは隠れちゃって見えなかったそうです。
先生の気が大きくて、アレコレ見えちゃうから後ろはどうしてもボケるよね。。
くっ、残念。 ←

でも形が綺麗にできてたと褒めてもらえたので嬉しい♪
足も一番高く上がってたって言ってもらえたし!
自分的には舞台で緊張していて、ついミスったところばかりが記憶に残ってしまうのですが
こうして見てて褒めてもらえるというのは、すごく嬉しくて有難いことですね^^
せっかくなので大事に受け取って喜んでおこうと思います… というか、りゅーらさんがメチャクチャ褒めてくれまして、
もうあれ録音しておいて凹んだ時聞きたい。。なぜ録っておかなかった私(マテ
とか思ったくらいには嬉し恥ずかしでございました。


ちょっと前のヒーリング休眠期間前後って、リアルの体調もわりとさんざんだったので
道場に通うのもかなりしんどかったんですよね。
うちからかなり遠い(片道3時間)というのもあって、朝とかもう本当にすごく面倒で億劫で億劫で、毎回休もうかどうしようか悩んだ時もありましたし
でも太極拳やると気がチャージされて元気になるからかなり必死に頑張って行ってると、
そんな遠い道場に通えているんだから元気じゃないか、体調悪いとか贅沢だな、と言われることもありましたし
そもそもヒーラーが調子悪いとか言うな、とも言われましたし。

言うなったって人間なんですから調子悪いときはもちろんあるに決まってますし、調子悪いことがあるからこそヒーリングを開発したり改良したりする原動力になったりもする部分があって。
最初からめちゃくちゃ元気だったら、そもそもヒーリングなんて必要性を感じないし、やろうとも思わないと思うんですよね。。
でもまあ結局、愚痴を言う場所はどこにも無くなって、あの頃が一番きつかったかなぁ… 

道場行っても、余力皆無だからほとんど上達なんてしなくてね。
どんなに丁寧にやっているつもりでも同じ所を何回も注意されるし、自分でもわかってるんですけど、
家でもなかなか気力がなくて練習できないし、週一で通ってるだけでも全然違うよという先生の言葉にすがって、とにかく通うだけは通ってる感じでした。
上達できなくても、どうにか現状維持だけでもできればいいから、と思って。
太極拳自体は好きで、道場の中では楽しいんですけど、遠すぎて行き帰りとか前後の家事が大変で内心半泣きで通ってるような時もありました。

そんな感じで、どうにかこうにか辞めずにきた太極拳なのですが
今回の演武会で、舞台上で、「あ、今楽しいかも」と思えたり、友人達にたくさん褒めてもらえたことで
あの時がんばって続けてきて良かったなあ、と心から思えたんです。
年数のわりに上達してなかったとしても、細々でも続けてきたからこそ今があるんだ、と思えて。

そして同時に、最近なんかちょっと上達しているような気がするのですよ。もちろん、ほーんのちょっぴりなんですけど!
なんかちょっと…、そう、ただ闇雲にするんじゃなくて、なんとなくコツの端っこのようなものが掴めてきたというか。
その感覚が、舞台上の楽しさとか形の綺麗さと繋がっていたならば、それは間違いじゃなかったんだと方向性を認めてもらえた気がしたというか。
うん、うまく言えないのですけど、「糸が繋がった」ような感じなのです。
必死にただただ伸ばしてきた糸が、どこかの端っこに繋がった感じ。
ほっとすると同時に、これからにワクワクする感じ。



先生方の演武も、それはもう見事で美しくてねえ…(溜息
武器術好き過ぎるw
友人達の言うほど色々は、私は見えなかったのですけど
聞いてみると、気的なものが色々見えると、そっちにフォーカスするから肉体の演武自体は見えにくくなるらしくて
なるほどそういうことなら私の場合は演武最優先で見てたんだな…と納得しました ←
だって、型!! 見たいもん!!! w
美しさを堪能したいがあまり、余計なものはシャットアウトしたらしいです 笑
あ、でも半径数メートル近づきたくないな~とかは普通に思いますので、なにがしかは感知していた模様。

毎回、行くたびに先生方の動きの美しさに感動したり、発表会に出させて頂いていろいろ学びの多い演武会なのですが
今年もまたいい経験に、そしていい節目にもなりました。
来年もまた参加したいので、今度の一年はもっと楽しんでいくぞ~♪




■■仙台REF初級&アストラルトラベル講習会
肉声誘導にて、クリスタル・ローズ・ガーデンへのアストラルトラベルを体験、上世界でゲームをしたりお風呂に入ったり。
午前中に初級講座を行いますので、まったく初めての方でもお気軽にご参加いただけます。
トラベル講座はなかなか開催できませんので、お近くの方はぜひどうぞ。
残り4席となっております♪



 ☆ゲリラ開催☆ 10/3~10/8 REF & Water of Love 一斉ヒーリング

関連記事

Comment_form

Comment

NoTitle 

演武会 行ってみたい・・・。いつか、生で見られたらいいなぁ・・と密かな願望を抱いております(-""-)
  • posted by うめたろう 
  • URL 
  • 2017.10/06 08:40分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: NoTitle 

>うめたろうさん

わああ、それは機会がありましたらぜひ…!
うめたろうさん、きっと楽しんでいただけるのではないかと思います^^
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2017.10/06 19:05分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR