のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

REF講習会ご感想<7/22大宮初級&トラベル>

■じん汰さん

さつきのひかり様、講習会に参加された皆様、どうもありがとうございました。

講習会、出たい出たいとは思っていても、中々仕事の都合が合わなかったり、近郷近在では行われなかったりで、涙をのんでおりましたが、今回は土曜日開催。しかも日程的にも多少は余裕が出てくる辺り。加えて大宮ならどうにか始発で間に合う。

『どうだ、ここまで条件を揃えたぞ。あとはお前次第だ!』

な案件だったので、申し込みが始まるや否や、即飛び付きました。
……が、しかし。
その後シーズン的にもバタバタと仕事が立て込み、しかも例年ならば手を出しもしないような大モノまでこんな若輩の身に降りかかり、更には身内の不幸……。
これは、アレか。
一旦喜ばせておいて、そこから撃墜し、次回への意欲を高めるパターンか?
とモヤモヤぐるぐるしつつも、日程的な問題もクリアし、家族の理解もありで、何だかんだと参加できてしまいました。
さつきのひかりさんにもご迷惑をおかけしました。

本当に、『条件は揃ってる。あとは私がどうするか。』なんだなぁ、と上の方々の采配にただただ驚きあきれ果てた次第でございます。

さつきのひかり様、講習会に参加された皆様、どうもありがとうございました。


①当日の朝

大宮駅の評判のパン屋さん、ポールさんを探すも見つからず。仕方なく開札を出て氷川神社へお参りしました。
お~凄~い!ここ凄~い!
とウキウキしていたら、普段お参りしている香取神宮と同じ神様をお祀りしたお社を発見!!手を合わせておきました。
その直後。
スマホを確認すると、何と皆さんと大宮駅でニアミスしていたことが発覚しました。あ~……
慌てて講習会場に向かい、暫く待つも誰も来ない。
あれ、そういや、さつきのひかりさんたち、体動かすって言ってたなぁ、ん?こっちに公園がありそうだぞ、と急に閃き、向かいましたところ、皆さんと合流。
無事剣の部分が拝見できました。
神様にお参りしたおかげですかねww
さすが、剣の神様です!!


②初級講習会

初級講習会では自己紹介の間にさつきのひかりさんからREFを再伝授していただきました。
頭のてっぺん辺りがぞわぞわします。
その後、ペアやトリオになってREFの流し合いをしました。
前回の成田講習会では、初参加故の緊張もあり、エネルギーについて、余り感知はできませんでした。
実際、エネルギー?何それ美味しいの?な状態でしたし。
しかし、今回は『今来たかな~?』『来た気がしないでもないぞ~?』『トリオで流し合うと、お二方の違いが何か見えてくる気がするぞ~?』という感じでした。
また、ふと思ったのです。
初級講習会というのは、私の様な、エネルギーとは何ぞやというレベルの人が、エネルギーというものに触れ、感覚として捉える場であるのは勿論、そもそも自分自身はエネルギーをどのように捉えているのか、どのように捉える事が得意なのか、という事を確認する場でもあるのかな、と。
つまりは、視覚であったり、聴覚であったり。はたまた触覚や、温度などなど。

私の場合、初めて参加した成田会場では、すでに参加された方々のレポートを拝見し『暖かい。』『圧力があった。』『ふわふわしていた。』といった触感的な感じ方を想像していたのですが、どうやら自分はそのタイプではなかったらしく。事前に仕入れた知識と、実際に感じている感覚とのギャップに溺れてしまっておりました。
しかし、成田講習会から8ヶ月を経て、どうやら私はエネルギーに対して、絵や映像といったヴィジョンとして捉えやすいのではないか、という仮定が出来ていましたので、大宮ではヴィジョンを意識してみたところ、おぉ、分かる!!と。
この様に、自分の得意な感じ方を探れるのが、初級講習会の良いところなんだろうな、と実感いたしました。


③多対一ヒーリング

今回の目標の一つとして、竜燈琴・粦さんがお作りになったアイテム(成田でお迎えしました!)に慣れるというものがありました。
なので、多対一はひたすら竜燈琴・粦さんのアイテムで挑戦しました。
感じ方も、自分がヴィジョン寄りだと分かったので、映像で見られるよう意識してみました。
『いじめるぞ~♪いじめるぞ~♪』(←)
と、REFを流してみると、何とびっくり、人によって流れるREFの見た目が変わるのです。
ある人には雷のイメージ(気分はピカチュ●)。
ある人には炎のイメージ(気分はリザード●)。
またある人には石が飛んで行くイメージ(気分は以下略)。
と、まぁ、一人一人違いまして。嬉々として竜燈琴・粦さんに報告に行きますと、
『アイテムは極めてニュートラルになるように作ってあります。だから、そのイメージはきっと五行というものがあってね……』
『はい、では、次いきま~す。』

あ……。

きっとここから先は、初心者には閲覧不可な内容だったか、逆に『自分で調べれ♪』な内容だったかしたのでしょう。むう。

さつきのひかりさん作のアイテム『インナーユニバース』を使ったプロテクション、通称『無敵体験』では、アイテムを頭頂に置いた瞬間にプロテクション発動です。
見た目のイメージとしては、真珠と、レース状に細工したミスリルで作ったベールを掛けてもらったような感じがしました。
おぉ、エルフの姫様じゃ✨✨

そして、昼休憩を挟んで次はいよいよアストラルトラベルです。
(ポールさんに行けなかった迷子を哀れんださつきのひかりさんが、サンドイッチ交換してくれました。うまうま。←子どもか。本当、すみません💦)


④アストラルトラベル講習会

アストラルトラベル講習会、実は当日まで『クリロズで皆で姿形を見る感じなのかな~(*´∀`)』なんていうユルふわ想定だったのですが、どうしてどうして。
かなりガチじゃないですかww
当日テキスト読んで、これ無理だわ~あり得ないわ~とビビり気味になっている本体でしたが、上の人はもうウキウキるんるんしておりまして。

この上の人、解凍されて動けるようになってから、2ヶ月程しか経っていない上に、1ヶ月半程、現世や上の生活に馴染むためにあちこち見学したり、或いはぼへ~っとしてたりしたんです。
空が青い~雲が流れてく~、みたいな。

中東の女性で、出てきた当初はニカーブとアバヤでほぼ姿が見えなかったので、本体はリアル・メジェドさまだ……なんて思っておりました。
それが、現代に慣れてくるとどんどん薄着になり、最終的にはほぼジャ●ミン。やめて~D社怖い~wwなんてふざけていたものです。

ところが彼女、講習会の2週間くらい前からガイドさん相手に武術の稽古を始めまして。
私自身はっきり感知したわけではないのですが、日常生活の中で突然、金属のぶつかり合う音が聞こえる気がしたり、鼻先5ミリの位置で薙刀が寸止めされる感覚があったり。
きっと鼻先5ミリの薙刀は、彼女が稽古の中で下手を打って、このままじゃ殺られるぞ、と教えてもらってたんだろうなぁ、なんて今になってみると思います。
勿論、当時は何も分からなかったので『上で何始める気だよww』ぐらいに思っていたのですが、講習会に間に合わせてたんですねぇ。
ガイドさん、ご苦労様でした。ありがとうございます。

講習内容は、まずは参加者の皆さんでお互いの姿の確認です。
クリロズに着いた当初は、彼女がちゃんと見えていたのですが、他の方の姿を見ているうちに、なんと彼女の姿が3つのボールになってしまいまして……。
驚きつつも、手練れ様に見てもらったところ『ジャス●ンちゃん』なんて愛称まで頂戴してしまいました。良かった。私の感知と一緒で。

一方、本体が全く感知していない通称“手塚”なんてのも出てきてしまいました。
でも彼、全く戦えそうにないので、早々に引っ込んで貰いました。

や~、手練れ様すげ~。やべ~。


さつきのひかりさんの組分けにより、私はレイブンクロー、基、青組になりました。
大将はkatzeさんとラウシェン姐様です。

こっから先は、恐縮ですが、視野狭窄なじん汰めの感知なので大して見えておりません。
青組は最前線にうちのジ●スミン、若干後方にななきさんといよんさん、大将前に久美子さんで、本陣に姐様だったような気がしました。違ってたらすみません💦
『お前、なんでそこにいるよ、他の方の邪魔だろよ。』なんて思う私など一切気にせずに、スタートの合図と共に吹っ飛んでくジャスミ●。本体にしてみりゃ、上の人にツッコミ入れてるうちに1回戦始まってたという…。
走りながら、途中竜燈琴・粦さんから頂戴したアイテムを見ると、やっぱりハルバードでした。
しかしこの●ャスミン、ハルバードの斧の平面部分で相手チームの方を殴打してる。
待って、使い方違うから。

そして、ツッコミをいれているうちに、あぁ、もうりゅーらさんの前に立ってる気がする……。
とはいえ、目の前にいるのはアリス様です。そう簡単に旗が取れる筈がありません。手を伸ばしてははたかれ、伸ばしてははたかれ、を繰り返す内に第1試合終了でございました。
第2試合の相手はクルミさんの赤チーム。
青チームの布陣は変えずにそのままだったような気がしました。
開始と共にまたもや飛び出していく上の人。しかし今度は途中で足下が光ったかと思うと、体が上方に弾き飛ばされました。
上の人なので、無事着地してましたが、本体だったら間違いなくハンバー…以下略。
トラップかと思い、確認してみたところ、誰もそんなものは仕掛けてはいない様子。
どうやら、ラウ姐様がサポートをしようとエネルギー補給を試みてくれたのですが、それがフィールドのルールに抵触するとのことで、ペナルティ爆破だったようです。

その後、グレンさんの前に辿り着くも、まぁ、見上げるような大男で。何を思ったか、グレンさんの腕を駆け上がっていく上の人。
おい、お前失礼だろ、本当。
そして、タイムアップ。

フィールドが広すぎた様で、次はフィールドを縮めて開始です。

おぉ、何か近い。相手チームの姿が見える気がする。
そして、またもやスタートダッシュのジ●スミン。
正面からは旗が取れないと学習したようで、今回はアリス様の近くに来るや上方に飛び上がったような?
そして、アリス様の旗を掴む。
おぉ、掴めた!
しかし抜けない。
当たり前だよ、そうそう抜ける筈がないよ。
暫くバタバタしたあと、何とジャスミ●、アリス様の頭に足を!!!!
ふぁーー!!!!お前何する気ーー!!!!
と、止める間もなく、蹴り飛ばす反動で旗を引っこ抜く。くるっと回って着地。

本当、本当、お前、何やってんの?
何でそんなに足癖悪いの?
相手誰だと思ってんの?

と、説教したいところですが、すぐアリス様が体勢を立て直す姿が見えたので、とっととずらかります。自陣に向けてダッシュ。

姐様~、旗持ってきたよ~!!

と自陣に付くと、なんと姐様とジェラト●ニがダンスしてる✨
じゃない、取っ組み合ってる✨

旗を…姐様に渡したいけど……
それよりも……

ふぁー✨✨ジェラトー●だ、ジ●ラトーニ✨✨
舞浜でも、まだグリーティングやって無くて、香港に行かなきゃ一般人はもふもふ出来ないジェラ●ーニが、今ここに!
(完全にDオタの本体が邪魔をして動けなくなってました←)

しかし、ここでもふりに行くと、旗を奪われるので……諦めました……。

えぇ、私にはユノさんが完璧にジェラト●ニに見えてました。もふもふ。

で、ジェラ君がラウ姐様の旗をゲットして引き分け。

上の人、スタミナが切れたらしく、それ以降はうろ覚えです。
大将戦はヤバかったです。
(↑小学生でももっとまともな感想書くわ…)


それにしたって、とても楽しかったです✨
長いこと氷付けだった上の人も、元気よく走れてたみたいで良かった良かった。
そこそこ動いてる所が見られたので、私としても安心しました。

今回はさつきのひかりさんはもとより、手練れ様方のサポートがあって、本当にのびのびと(ちったぁ自粛しろというくらい、のびのびと。)楽しく参加させて貰いました。

私の場合、見えるときと見えないときの差が大きいので、コンスタントに見えるようになることが当面の目標です。
是非是非、次の機会も参加したいです。次回までにはもう少しジャス●ンも出来ることが増えているといいな。それも課題ですね。

皆さん、本当にありがとうございました!



マーガレット


大将からのチャージ無効にしてたんですよね~
なぜかっていうと大将強すぎる&大将の中でもチャージ量に差が出てくるからなのですが、大将も守るばっかりだとつまらないでしょうし
規定量をもうけて範囲内ならチャージ可能とかにすればいいのかな~と思ったり。

あと、主に大将側に縛りをかけて初心者さんに合わせて頂く方向にしてたのですが、
初心者さん側に私からサポートをかけて、もうちょっと自在に動ける感じにすると楽しいのかな?
底上げになるので「自分でできた」って感じからは離れてしまうかなぁと思って、悩んでたしか今回はやめたんだと思うのですが
次があれば試しにやってみてもいいかもしれませんねぇ。

大将も初心者さんも、一緒ににたくさん楽しめるようにできたらいいなと思います^^

じん汰さん、どうもありがとうございました~♪









いつも応援ありがとうございます♪ 応援ぽちやシェア頂くとおまけのヒーリングが届くよう仕込んでみました♪ → 
関連記事

Comment_form

Comment

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR