のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

占いの使い方 「スピリチュアル・ライフ(135094)」

占いって、ひとつの道具です。
だから、うまく使うことがたいせつ。

カウンセリングなどといって、全部話してしまったら
占いにならないんじゃないか…という方もおられると思います。

けれども本当に大切なことは、「◆◆◆」をご利用いただくことによって、
ご相談者様が少しでも楽になること、
そして歩きだす力と指針を見つけること。
私はそう思います。

こころの奥底に溜まってしまった澱を吐き出していただき、
それを共感をもってお聞きすることも、たいせつな仕事なのです。

心理的カウンセリングと鑑定を組み合わせ、
辛いことや不安なこと、なんでもお聞きいたします。
ご遠慮なく愚痴って、お気持ちを吐き出してくださいませ(^^)

占いではそこから先、またはその問題の本質など、
深いところを読み取ってゆきます。

カウンセリングの機会は鑑定結果送付時と、
ご依頼いただいた鑑定の数ぶんのフォローメールになります
(2件ご依頼いただくと、フォローも2回になります)。

どこかへ吐き出したい、でも誰にも言えないでいる。
そんな方は、ぜひご依頼フォームの時点から、ご存分にお使いくださいませ。
たいせつに伺って、お返事させていただきます。

特別な料金はかかりません。
どうぞ安心してご相談ください。


◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆


どんなに優秀な占い師だって、百発百中とは限りません。
それが絶対ではないのです。
いい結果/悪い結果が出たからといって、それに縛られていては結局の所、
幸せは逃げていってしまいます。

いつでも、歩くのはあなた。
占い師は、ほんのちいさな灯りをともすことができるだけです。

けれども、あなたが悩みの中で、もうどうしようもないと闇に沈みかけるとき。
道も目的も見失って、世界がうつろに見えてしまったとき。

あなたのそばに、そっと寄り添うことはできます。
あっちへ行けば光があるよと、お教えすることができます。

あなたが頑張ってきたことは、魂にきざみこまれて、きっと報われてゆきます。
とても素敵な貴方になって、悩みの闇から抜けられるように。
ほんものの光を見つけられるように、お手伝いをいたします。

一緒に歩いてゆきましょう(^-^)

(※注 2004年記:サイトはすでに閉鎖しております)
◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆



一口に占い師といっても、いくつかのタイプがあります。

「このままだと○○になるから、△△しなさい」ときっぱりはっきり言う人。
命令みたいなことは言わず、淡々と占い結果だけを言う、というタイプもありますね。
占断も言うけれど、相手の話を聞くこと、相手自身に立ちあがらせることを重要視するカウンセリングタイプもいます。

私は、3番目。カウンセリング型です。
ある意味、「ほんとに占いかよ? 本人に聞いてるだけじゃねーの?」と言われる可能性が高い方式ではありますが。。

私の場合は大学で臨床心理学を専攻していたのもあり、
カウンセリングが自然な流れでした。

それに、大事なのは「占い」そのものじゃないと思うのです。
今苦しんでいるその人が、占いを依頼したことによって少しでも前へすすむこと。
すべての可能性を閉ざされてしまっていると悩みに悩んでいる人が、新しい光に気づくこと。

それさえできればいいのであって、
目標に到達するならば、手段にはこだわらなくともいいのでは、と思います。

まあ方式はサイト上に、上記のようにどーんと載せてましたから、
気に入らない方はそもそも依頼しなければいいわけで(笑)。
占い師ってたくさんいますから、そのへんは好みを探せばいいと思います。

一番上にも書いたように、占いはひとつの道具。
こうしなさい、という託宣ではないのですから、
要は、あなたの使い方ひとつなのです。


関連記事

Comment_form

Comment

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR