のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Category [天使夜話 ~ 暁の星 ~ ] 記事一覧

天使夜話 ~暁の星~ 1

     一  彼は哭(な)いていた。 どこまでも広がる星空を仰ぎ見る位置に、闇を集めたような暗い空間がある。古ぼけた石造りの牢の中に、一人の男がうずくまっていた。 折り曲げられた長身をめがけ、星空から小さな流星が飛んでくる。それは外界で見るもののように輝いてはいず、黒く煤けた礫(つぶて)となって男を、男の背にある翼を打つ。 彼は以前、天使と呼ばれていた。輝けるもの、神の右腕とうたわれた彼が、いま...

天使夜話 ~暁の星~ 2

 結局、ラファエルはまた何もできぬままに牢を後にした。 振りかえり振りかえり、幾千、幾万の星屑の海を飛んでゆく。暗黒の世界からすこしずつ周囲の明るさが増してゆき、彼の属する天へと近づいてゆく。  すると光の園との境界あたり、常緑の大樹に半ばよりかかるようにして、もうひとりの友が立っているのが見えた。 彼はラファエルが着くのを見届けると、ふてくされたような顔をして先を歩き出した。「ミカエル、待ってい...

天使夜話 ~暁の星~ 3

 光の剣を持つ彼は、また闇の扉を守護する者でもある。まばゆい光とぬばたまの闇、双方の強さと弱さを知りぬいて、はざまに長くつづく道を指し示すもの。 どちらにも傾かず、どちらも裁かず。 安息をもたらす闇の側面を知っているからこそ、彼は光の剣をあやつることができる。 ミカエルが剣をふるうのは、浄化によってしかその魂が救われない、とわかったときだ。光の対称物、憎悪や悪意の顕現としての闇を払う責務を両の肩に...

天使夜話 ~暁の星~ 4

「な、んだ・・・・・・?」 暗がりに慣れた網膜を焼かれる痛さに、彼は顔をそむけた。痛い、痛い。彼を打ち、蝶として取り囲む想いたちも、いっせいに騒ぎ出す。 やめてくれ、やめてくれ、焼かれてしまう。 消されてしまう。痛い。いたい。いたい。 たすけて。 重い鎖を鳴らし、疲れ果てた身体をひきずって、ルシフェルは牢の片隅に逃げるように這いよった。闇と恐怖にとらわれた彼の姿は、黒い蝶の想いをとりこみ、おびえる心のま...

天使夜話 ~暁の星~ 5(完結編)

     三 すると、自分の内側にひびくようにして、新しい声が聞こえた。――苦しみ悲しみの原因が、まだ癒されていないからだ。 だれ、という幼子の問いに、声は虹色の風でこたえた。――幼きいとし子よ、私はおまえだよ。  泣き叫ぶおまえの中で、つねに光を守ってきた。  心の片隅に、いつも私の声が聞こえていただろう?  おまえは辛すぎて、声の言うことを聞く余裕がなかっただけだ。  だけどおまえが求めるなら、私...

天使夜話 ~暁の星~ あとがき 「スピリチュアル・ライフ(135094)」

「えーこんなラスト!? これってアリなの~??」”天使夜話 ~暁の星~”を書き上げた私の第一声がこれ。書いた本人のくせに何言うか、ですよね(^^:でもホントなんですよ~~。あんな、ぷろぽぉずみたいに終わるとはまったくの予想外。そりゃタイトルからしてあの方の物語ではあるけれど、こうくるか~??と。。今回、実はプロットとか全然なかったんですね。カヤさんのルシフェルのお話と、ぴ子さんの素敵絵を拝見して、火の...

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼
Calling You 開発者。

プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版



Twitter
Instagram

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR