のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【銀月外伝】 グラディウス - リフレッシュ戦 -

組織にはリフレッシュ戦というものもあった。
だいたい年に一度ほど、戦略部の司令官達が作戦指示ばかりで実戦能力が鈍っていないかどうか、戦闘員とともに参戦させられるものだ。

当然、鈍っていれば戦死となる。
そのために専門戦闘員たちがフォローに回るわけだが、傲岸で兵士に嫌われているような司令官は、生きて基地へ帰ってくることはほとんどなかった。

特に味方から傷つけられるわけではない。ただ適切なフォローのあるなしが、過酷な戦場では紙一重の生死を分けていた。


グラディウスがデュークについてリフレッシュ戦に出たのは、彼らが組んで一年ほど経ったころだった。

グラディウスは他を圧する長身である。その長い銀髪と紅い瞳が目を惹き、敵味方から「死神」と恐れられている。
デュークも一回り細いくらいで、体格はほぼ変わらない。

黄緑の瞳を光らせ、血刀を振るうデュークをグラディウスは黙って見やっていた。

剣筋には性格が出る。左利きの司令官殿の剣は実戦的で無駄がなく、あやまたず敵の急所を狙っていたが、どこか優しい。
やはり<泣き虫>なのだな、と彼の渾名をおもしろく思う。

目前の敵兵を危なげなく片付けた後、蛍光色の燐光を放つような瞳でデュークが相方を見た。

「これは気楽でいいな。お前には足手まといで申し訳ないが」
「いや」

短く答える。
これは嘘ではなく、実戦に出たての新兵どもより、デュークの腕前ははるかにましだった。

コンクリートに囲まれた侵入経路。左手の広い通路から敵兵の一団が駆けてくるのを認めて、グラディウスはそちらへ踏み出した。

剣気なのだろうか、重く大きな空気の塊が動いた気がして、思わずデュークが足に力を入れる。
高速で重装甲車両が脇を通り抜けていく時に似た、ぶわりと煽られそうなほどの空気の流れ。

そして次の瞬間にはグラディウスの手には血のしたたる長剣があり、敵の半分近くはすでに倒れていた。

デュークはグラディウスの担当として、彼の戦闘は「蒐集家の小部屋」ですべて追体験している。戦略部員一人で2人の戦闘員の記憶を担当するから、グラディウスと共に戦った人間の記憶も追ったことがあった。

しかし間近に体験するその速度と体感は、深度催眠から導き出されるものとはやはり質感量感ともに異なる。

(これは、隣に立つ者は怖がるだろうな)

グラディウスの戦いをじかに自分の感覚で捉えてみて、デュークは一人ごちた。

銀髪の長身が踏み出したとき、一瞬遅れたり身を引いたりする視点の揺れ。至近距離から飛び出した戦車を無意識に避けようとするようなものだろう。
そしてあっという間に積みあがってゆく屍の山、返り血を浴びて赤く染まった長躯。
それらの恐怖から「死神」の呼び名が味方にも広がっているのだと思われた。

グラディウスの戦績は良く、彼が出ているときの味方の生還率は高かったから実際には誤解なのだが、こうして隣に立ってみると、そう恐れる気持ちもわからなくはない。
デューク自身は、怖いとは思わなかったが。

そんなことを考えていたのは、時間にすればほんの何秒かであったろう。
もちろんその間警戒を怠っていたつもりはないのだが。

「動くな!」

突然響いた怒鳴り声にデュークが呼吸と動きをぴたりと止めた刹那、圧倒的な質量が彼の正面に迫った。
赤をまとった銀色の筋が、顔のすぐ横を豪速ですり抜ける。

思わず見開いた黄緑色の眼に、デュークの背後を見ている紅い瞳が間近で映った。

数瞬ののち、無言で剣をひきながらグラディウスが一歩下がると、いまさらに背後からあがる呻き声。振り返った視界に入ったのは、眉間を貫かれて崩れ落ちる敵兵の姿だ。

「……すまん」

呼気とともにデュークが言う。グラディウスは油断なく周囲に眼をくばりながら、わずかに片方の肩をすくめただけだった。

いくら警戒を怠らずとも、相手の力量が上ならば知らぬ間に忍び寄られることはある。仕方のないことだ。
その横顔はそう語っているようで、気にもしていないふうではあったが、デュークの身体に冷たい汗が吹き出た。

実戦に参加すると、自分のミスが戦闘員ではなく、自分自身に跳ね返ってくるのがいい。
だがそのフォローにグラディウスが入るのでは意味がない。

(適当にしてはいられないな)

デュークは改めて身をひきしめた。

(このままでは自分が遅い。足手まといになる)

短く目を閉じて息を吸い込み、ぐっと自らのギアを引き上げる。開かれた瞳は黄緑の燐光がひときわ増え、ゆらめく鬼火のように見えた。

デュークの様子が変わったことを察知したグラディウスが、無言で司令官を見やる。
立ち姿から違っている。

(<再生>か?)

司令官は、戦闘員達の戦闘記憶そのままを追体験している。深度催眠によって自分のことのように体験したそれらは、当然記憶として司令官の中にも蓄積されている。

そのため、実際の戦場でそれらを<再生>して同じように戦おうとする司令官が多かった。
いや、自分の記憶として蓄積されるようなものだから、(自分はできる)と思い込んでしまうのかもしれない。

だが実際は、人間が違うのだからそのパワーもスピードも技術も、もっと言えば体格やリーチ、攻撃のタイミングや衝撃度がいちいち違ってくる。
それらを飲み込んで消化できていない司令官の<再生>は、まるで幼児のお遊戯のようだった。
やらないほうがまだまし、というレベルだ。

デュークが再生をかけようとしているのは、横にいる自分だろうか。グラディウスは元は右利きだが、幼少時からの訓練でほぼ両利きに剣を扱えるから、彼が左利きでも問題はなかろう。

さてどうなるか、と見ていた矢先のことだった。

威嚇の叫び声とともに、ばらばらと敵兵が通路の曲がり角から走り出て来る。
それに向って、グラディウスの隣から鉄の塊のような質量を伴って風が走った。

その風は黄緑の燐光を散らしつつ、左腕の剣を振るう。剣筋はさらに無駄も隙もなく、なにより先ほどよりも数段早い。

追って走ったグラディウスは、デュークの右に立って縦横に剣を薙いだ。しぜん二人の長身が半背中合わせになる。
司令官殿の通った後にちらりと視線を投げると、自分が通った箇所とほぼ変わらない死屍累々の様子。その致死傷の場所や倒れ方から見ても、自分の剣筋とかなり似ている。

(これは……)

面白そうにグラディウスは唇の端を上げた。
わざと半歩遅れて付き従い、デュークの剣技をじっくりと見る。
見れば見るほど、それは技もスピードも自分の動きと同じだった。

さらに敵に囲まれ、互いに背を預ける形になっても何も心配がないというのは珍しいことだ。その分前方の敵に集中できる。

いくら<再生>をかけても、こうしたグラディウス自身が体験しづらい状況まで同じく真似できるわけがない。
とすると、デュークのやっていることはリロードよりもむしろダウンロード、あえて言うなら相手を憑依させるようなものか?

(面白いな)

珍しく心躍らせて、高揚する気分のままにグラディウスは戦った。

今まで何人もの司令官のリフレッシュ戦につきあったが、たいていはろくな<再生>すらできはしない。
なのに一足飛びにそれを超えて<憑依>だって?

(デューク、と言ったかな。面白い奴)

普段人の名前など覚えようともしない彼が、前を走る背を興味深げに見つめる。
戦場には血なまぐさい風が吹いていた。


















-----

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆【外伝 目次】


数日前にボイスとついったで呟いた、グラディウスの外伝です。
埋もれていたので出してみましたw

<憑依>をかけるとグラディウス二人と同じになるので、あんなのが二人並んで戦ってたらそりゃ怖かろう 爆

そしてあともうひとつ、狼さんの話があるのを思い出したんだけどw
おーい、どうします~? (ここで聞くな


応援ぽちしてくださると幸せ♪→ ◆人気Blog Ranking◆

webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


☆ゲリラ開催☆ 1/24~1/30 一斉ヒーリング ~ 女神達の楽園へ ~
↑あと一晩ですが^^;


2/1 一斉ヒーリング ~ 大地の祝福 ~
関連記事

Comment_form

Comment

Re:【銀月外伝】 グラディウス - リフレッシュ戦 - 

おおかみさ~んvvv ワクワクvvvv
グラディウス氏の話は相変わらずリアルリアルです~汗)
歴史小説の中の戦闘シーンのリアルさともまた違うリアルさ~。
お話しをダウンロードされてるさつきのひかりさんは至極体力を消耗されそうですが(>_<)
グラディウス氏のつおい話もいい!
今回はちょっと楽しんでいる感じですね。
  • posted by ゆえつん 
  • URL 
  • 2011.01/31 01:18分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【銀月外伝】 グラディウス - リフレッシュ戦 -(01/30) 

え…? ○ロ系でなければ大丈夫ですよ?(爆)
いやいや、戦闘シーンは血なまぐさいものですが、普通にサラリと読んでしまいますね、今回も
堪能させていただきました
うははは!
  • posted by おおかみ 
  • URL 
  • 2011.01/31 01:24分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【銀月外伝】 グラディウス - リフレッシュ戦 -(01/30) 

もちろん、おおかみさんもお願いしますっ!
さつきのひかりさんがよければ、どんな話でもぜひともお待ちしております。
  • posted by ももんが 
  • URL 
  • 2011.01/31 02:55分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【銀月外伝】 グラディウス - リフレッシュ戦 - 

ここ数日やっとおもた~い現実処理が終わった感じでスッキリ♪今回の物語も官能しました♪血生臭い?いえいえ、痛快で爽やかです♪←(笑)
おおかみさん?うふふ読みたい~♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2011.01/31 11:05分 
  • [編集]
  • [Res]

記事を買い取らせて下さい!!【稼げるよ!JP AdMedia】  

こんにちは、口コミ広告を取り扱っております【稼げるよ!JP AdMedia】成田と申します。
KIN2様のブログ『のんびり、やさしく。』興味深く拝読させていただきました。

情報提供についての選択がユニークで面白いと感嘆しました。
小説、ドキドキしました。
文章も読みやすくクオリティの高さを感じました。

KIN2様の情報提供のセンスを活かして弊社の案件をぜひ掲載してみては頂けませんか?KIN2様のブログ記事を買い取りたいのです。
普段ブログを書いてる方には、副業としてとても入りやすいんじゃないかと思います。
もちろん、ブログライターとしてのお仕事となるわけですので、その分の報酬のお支払いはお約束します。
登録料は無料です。
報酬・申請はいつでも確認できるので自分のペースで進めていけます。
システム・内容など、詳しくはサイトをご覧下さい!

ご参加を心よりお待ちしております!!


【稼げるよ!JP AdMedia】は
あなたのブログ記事にライティング料金をお支払いするサービスです。
  • posted by 【稼げるよ!JP AdMedia】成田 
  • URL 
  • 2011.01/31 13:12分 
  • [編集]
  • [Res]

かっこいいです!! 

きゃ~~~!!
お待ちしておりました!グラディウスさん!!(はーと)

あはは、確かにグラディウスさん楽しそうですね~♪
なんていうか、ワクワクしていらっしゃる感じでしょうか(笑)

読んでいて、すごく『風』を感じました。
実際は、命を奪い、血なまぐさい大地を疾駆していらっしゃるだと思いますが、お二人だと草原の上を縦横無尽に吹きすさぶ無心なハヤテのようです。

なにがすごいって、デュークさんのポテンシャルの高さというか、グラディウスさんの戦闘能力そのままを見事に再生されるって、相当だと思いますけど…
かっこいいなぁ。
でも、実際にお二人に囲まれたら、すっごく怖いでしょうね…

戦場で背中をまったく気にせずにいられるって、すごい信頼感です~。
力量も技術もなにもかもがぴったりのお二人だからこそだと思いますが、お互いに対する絶大な信頼をひしひしと感じて、ひとり感動してます(涙)
戦いの中で生まれる男の厚い友情…
もうこれだけで泣けますです(泣)

次は『狼さん』のお話ですか♪
どんなお話なんでしょう~、とっても楽しみです~。
外伝大好き(正確にはグラディウスさんですが 笑)なわたしとしましては、大歓迎です!!(笑)

また、楽しみにお待ちしております~♪
  • posted by 月の娘 
  • URL 
  • 2011.01/31 21:05分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>ゆえつんさん
そうですか~? <リアル
自分だとそのあたりはよくわからないのですがw リアルと言っていただけて嬉しいです。ありがとうございます♪
デュークさんとのリフレッシュ戦は、彼は楽しそうですねw


>おおかみさん
レスありがとうございます~♪
○ロ系… ゲ○系と素直に読んだ私です ←


>ももんがさん
ありがとうございますっ! 嬉しいです♪


>撫~風~羽~♪さん
痛快ですかw ありがとうございます~♪


>成田さん
物語を読んでくださってありがとうございます。
楽しんでいただけましたら、次はぜひ普通の読者としておいでくださいね。お待ちしております^^


>月の娘さん
彼らが二人並ぶと普通にマフィアですからねえ。。爆
二人ともでかいし、グラディウスはさらにごついし。
男の友情ってかっこいいですよね~!w

  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2011.02/04 15:35分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

Calendar & Archives

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

ブログ内検索

Instagram

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR