のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 22】 悪意

「アルディ、その……狙われてるって……」

冷凍庫に入っていたピザで簡単な夕食をすませ、淹れてもらった紅茶を飲みながら、ようやくリフィアは尋ねた。気づけば夜はとっぷりと暮れている。

「なぜか、はまだ話せないんだ。君が目をつけられたのは、あの爆発事故のときだろうな。私と一緒にテレポートしているのを、何人もが目撃しているはずだから」

心配げな顔で見つめているリフィアに、彼はもう一度微笑んだ。

「大丈夫だよ。さっきも弾は当たらなかったろう? そう簡単には私は殺されない。心配なのは君のほうでね」
「私?」
「ああ。向こうもそろそろ、私を直接狙うより君を狙ったほうが効率がいいと気づくだろう。だけど、離れていては護りきれないからね」
「効率……」

呆けたようにリフィアは繰り返した。

さきほどから、なんと言うのか独特な匂いがしていた。埃のような砂っぽい匂いだ。
ハウスクリーニングは週二回入っているのを知っているから、現実の匂いでないというのはわかる。

アルディアスの背後、なぜか向かって左側に、少し離れて黒々と口をあけている円形の陰りが見えていた。

虚無? と最初リフィアは思った。
しかし話を聞いていて、これは向けられた悪意なのか、と思い直す。埃っぽい匂いは、その陰りから微かに漂ってくるようだった。

その悪意は、銀髪の男には手を出せない。
理屈はわからないけれども、何かが確実にそれとアルディアスの間にあり、遠く遮っているのが感じられる。
その陰りで彼の命が脅かされることはない。

そういう確信があったから、不安というわけではなかった。
けれども、これはリフィアにとって経験のない緊迫状態であり、自分もその中にいるんだと思うと、どうしても固まってしまう。いつもの思考力はどこへやら、まったく発揮できなくなってしまうのだった。

そんな彼女を、アルディアスは優しい眼で見つめた。

「君にも絶対に手は出させないから、安心してていい。おそらく……そうだな、二週間もあれば焙りだせるだろう。彼らも焦りだすだろうからね。
ただ、これ以上周りに累を及ぼさないためには、私たちは囮にならなければならない。……わかってくれるかな」

怖い思いをさせてごめん、と銀髪の男は続けた。

「ううん、大丈夫」

リフィアは首を横に振った。事態はまだよく飲み込めていないけれど、彼が護ってくれるというのだから怖くはない。慣れない状態に思考は固まりっぱなしだったが、そういう意味での怖さも不安も、驚くほど彼女の中にはないのだった。

「軍部ではさすがに向こうも手を出せないからね。この家の中も。だから行き帰りと休日だけだが、解決するまではすべて合わせるようにする。リンが一人の時に狙われたらどうしようもないからね」
「一緒にいてくれるってこと?」
「そう。ふつつかながら、姫君の運転手を務めさせていただきますよ」

おどけてアルディアスは笑った。



夜更け、窓からさしこむ月の光を透かしてリフィアは言った。

「アルディアス、アルディーア、アルディ、アル……ずっと愛してる」

私、あなたみたいに何でもできる人じゃないし、誰かにやってあげられることもあまり無いから。

夢の中で歌うように続ける。
ありがとう、と頬にキスを落とすと、くすぐったそうに身を縮めた。

彼女は知らない。
何でもできるように見えることのすべてよりも、価値あるものがあるということを。
何もできないと思っている彼女のたったひとつが、彼が何より切望していたものだということを。

……彼女はまだ、知らない。



そして三日後。今度は朝だった。
前の晩、車の調子がおかしくなったために引き取りを手配してあり、今朝は歩いて出勤することになっていた。

早朝に白い息を吐きながら、一緒に並木道を歩く。
空は青く、空気はすがすがしく澄んでいた。ときおり散歩や通勤、ジョギングの人とすれちがう。
これが狙われているなんて理由でなければよかったのに、とリフィアが思ったときだった。

アルディアスが急に長身をひるがえし、リフィアの背後にまわった。
ざっと肌が粟立つ体感がある。

短く円を描いたアルディアスの腕が、次の瞬間にはジョギング姿の男を取り押さえていた。男の手には短刀が握られている。

「どちらを狙えと言われた?」

リフィアが今まで耳にしたことがないような、低く静かな質問の声が聞こえる。彼女の盾になっている広い背中を、氷晶のオーラがとりまいていた。
短刀を取り落とし、うめき声をあげた後、弱弱しく男は答えた。

「お、女だ。女を殺れば地位と金をやると言われた」
「ずいぶんと陳腐な誘いだな。誰に言われた?」
「そ、それは……い、痛てえっ、やめてくれよ」
「誰に言われた」
「……」

男の呟きは、リフィアには聞こえなかった。勢いをつけて男の身体を離すと、低い声でアルディアスは言った。

「では戻って伝えてもらおう。次は違わずに私を狙えと。今度彼女を狙ったら、組織ごと地獄に連れていってやる。わかったか?」
「お、おぼえてろよっ」

芸のない捨て台詞を吐いて男が駆け去っていくと、アルディアスはため息をついた。
物陰から駆け寄ってきたニールスに、足元の短刀を拾い上げて渡す。

「アルディアス様、吐きましたか」
「駄目だな、蜥蜴の尻尾だ。だがとりあえず追ってくれ」
「かしこまりました」

一礼したニールスが、携帯機器でなにごとか連絡を取る。その様子をぽかんと見ているリフィアに目をやり、ニールスがこちらを向いたときを見計らって銀髪の男は二人を紹介した。

「リン、彼が私の副官のニールスだよ。困ったときは彼も頼れるから、覚えておいて。ニールス、リフィア・ルーテウス伍長だ」

二言三言、お互い慌しく挨拶をしたのは状況として仕方がない。通常のブルーグリーンよりも強い色になっている瞳で改めて上司とその連れに一礼すると、鳴り出した携帯機器を耳に当ながら、ニールスは急ぎ足で去っていった。

アルディアスは心配そうにリフィアを振りむいた。

「大丈夫かい、リン?」
「あーええとー。うん」

機械人形のように彼女はうなずいた。緊迫状態になると、かえって思考の抑揚がなくなってしまうようだ。とりあえず取り乱さないように、とそれだけ必死になっているのがよくわかる。
アルディアスは苦笑し、ではいこうか、と細い背をそっと押した。

自分を暗殺しようとする勢力がある。
だいたいの見当もついているが、一網打尽にするにはもう少し証拠を掴まなくてはならない。
といって、自分だけ安全な場所に隠れている気は彼にはなかった。
リフィアを危険な目に遭わせたくはないのだが、やはりしばらくは囮を続ける必要がありそうだった。




















-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次




気がついたらけっこう日が空いてしまいました^^;
お待たせした甲斐はある・・・かなあ。 ←

ちなみに冷凍庫に入ってたピザは、誰かからの貰い物と思われます。
自分で買ってまで食べないだろうな、この人は 爆

ご感想ぜひぜひお待ちしております♪


拍手がわりに→ブログランキング
webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→


☆ゲリラ開催☆ 1/17~1/19 新春のことほぎと平和への祈り


1/19 火のエレメントの浄化ヒーリング




銀月物語 第一部登場人物人気投票!!
↑たか1717さんのご協力をいただいて開催中!
お一人様何票でも投票できます♪ よろしかったらぜひ~♪


関連記事

Comment_form

Comment

Re:【陽の雫 22】 悪意(01/19) 

通りすがりのジョギング野郎が実は刺客だったって、なんてゴ○ゴ13みたいな展開w

今回は、緊迫した場面の合間の夜更けの情景に心奪われました。
短い文章ですがお互いの魂のいちばん深い部分に触れるような繊細な表現が、
月の光のように読んでいるこちらの心にも沁みこんでくるようで、
とても印象的でした。。。
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2010.01/19 13:36分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 22】 悪意 

待ってました~( ´艸`)アルさんか、かっこいい~♪
リンさんか、かわいい~♪
早く続きが読みたい~(~▽~@)♪♪♪
二人のいちゃ×2も嫌みじゃないです♪アルさんの世界にリンさんの存在のあったかさが広がっていく感じが大好きです♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2010.01/19 13:51分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 22】 悪意(01/19) 

なんと卑劣な!
自分は手を汚さず刺客を送ってくるなんて~
許せないわ~!!!
ニールス、一網打尽にしてやって~
と熱くなってしまいました。
アルディアスさま、いつもどおりかっこいいです。
その彼に心の安らぎをあげられるリフィア。。。
二人の関係がほんわか私の心に伝わってきて
幸せを感じます。
  • posted by jizoh 
  • URL 
  • 2010.01/19 17:57分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 22】 悪意 

そうかぁ、虚無って埃っぽい感じなんだ。
だから掃除って大切なんでしょうか…
うち虚無だらけ!
リアルに感じているからこそ書ける物語って感じがします。
  • posted by ゆえつん 
  • URL 
  • 2010.01/20 23:35分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>たまねぎさん
あら、ゴ○ゴってそんな展開でしたっけw ←あんまり読んだことない
夜更けの情景、褒めてくださってありがとうございます~♪
削りに削ってる描写なので、皆様に伝わるかしらとか思ってみたり^^;


>撫~風~羽~♪さん
ありがとうございます~♪
嫌味じゃなくてよかったです(汗
けっこうどきどきするんですよww


>jizohさん
熱い人がここにww
おかげさまで、一網打尽になりましたよ~ww
続きもどうぞお楽しみに♪


>ゆえつんさん
いえ、あの描写はいわばリフィアさんのフィルターですから
違うように感じる方もいらっしゃると思います^^
埃の虚無なら、我が家にもいっぱい… orz



  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.01/22 17:24分 
  • [編集]
  • [Res]

こっそりお返事w 

お忙しいところレスありがとうございます☆

>削りに削ってる描写なので、皆様に伝わるかしらとか思ってみたり^^;

さすがに詳らかには書けないですものね~
アテクシはきっちり妄想させていただきました。。。ムフフ(*^^*)
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2010.01/22 19:27分 
  • [編集]
  • [Res]

おへんじ 

>たまねぎさん

そうなんですよね 笑
でも妄想OKですからwww
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2010.01/23 15:56分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR