のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

【陽の雫 3】 担当

波は翌日にやってきた。
その日出勤したリフィアは、職場に入るなり同僚達に取り囲まれた。

「リフィア、あんたやるじゃないの! よかったわね~」
「それで告白できたの?」
「え、振られたんでしょ?」
「可哀想に、リフィア。せっかくチャンスがめぐってきたのにねぇ」

かしましい喋り声を手でさえぎりながら、リフィアはどんと荷物を自分の机に置いた。

「ちょ、ちょっと、何の話よ?」

すると同僚達は、意味ありげに目を見合わせて笑いを浮かべた。

「隠さなくてもいいのよ。アルディアスさまの話」
「……はあ?」

一瞬、昨夜見た美しい色が目の前に踊って返答が遅れる。同僚達は、わが意を得たりとばかりにリフィアの肩を叩いた。

「あんた昨日、アルディアスさまに見惚れてぼーっとなってたじゃないの。あたし見たのよ、あんたがアルディアスさまとテラスから戻ってくるの」
「そうよそうよ、何があったのかおっしゃい」
「キスしてたんでしょ~?」
「ちょっとカノン、あんたは昨日彼氏とデートでいなかったじゃないのよ」

「な、何もないわよ」

リフィアは慌てた。実際何もなかったのだが、抗弁すればするほど泥沼にはまっているような気がしなくもない。

「何もないったら!」

むきになるリフィアに、同僚達はくすくす笑いをしながら机の端末を指差した。
不思議に思いながら立ち上げると、辞令が発表されている。
そうか今日は発令の日だった……と思いつつ文字を追うリフィアの表情が固まった。

アルディアス・L・フェロウ大尉  生活支援担当/後方支援課 リフィア・ルーテウス伍長

その一行が目に飛び込んでくる。

「こ・れ・で、お嫁さん修行もばっちりね」

「ばっ……そんなわけないじゃないの。仕事よ仕事。あんたたちも早く仕事しなさいよっ」

半分叫んで、リフィアは机のインカムをとりあげた。素早い操作で、リストの上位にある名前から通話をつないでゆく。
アルディアスの名は、リフィアのリストの最後にあった。彼の名前の上に緑の点が点滅し、ここ三日以内に昇進したことを示している。一昨日の出撃で戦果をあげたと聞いたから、今日付の辞令で昇進したのだろう。

後方支援課は、戦士達が戦いに専念できるよう、日常生活のすべてを支援する部署である。家族もちの既婚者であればまた違うが、単身寮に入っているような場合、まさに衣食住のすべてをフォローする窓口となる。

また、出入金明細を提出する義務のある出張中などは、その金額のチェック等も行う。賄賂をふせぐために、経費のみならず私費までも明細提出の義務があるから、当然守秘義務はあるものの「おこづかいの内訳まで」知ることになるのは確かだった。

リフィアは新しく担当になった軍人達に、自分の名前を告げ何か不自由はないかを聞いて、次々案件を処理していった。

寮には、ベッドや寝室作りつけのウォークインクロゼット、書斎の机と椅子、階級に沿った通信端末、カーテン、大小のスタンドライトなど、最低限の家具は揃っている。食事は寮の食堂でとることになっており、ミニキッチンはお茶を沸かす程度のものだ。
タオル・リネン類は、こだわりがなければクリーニング都度交換、という形になっている。

破損箇所の補修などは別にして、部屋や備品に不満があればある程度は認められる。部屋が狭いの汚れているの備品が気に入らないの、だいたいにおいては階級があがるほど不満を言う率が高くなるのが常だった。

そういった不満に対応したり時にはなだめて黙らせたり、体格のよすぎる入居者のためにサイズの大きいベッドと椅子に交換の手配をしたり、ひととおりの仕事をしてからリフィアは大きく伸び上がった。椅子から立ち上がり、自分のマグに紅茶を入れてくる。

喋りすぎた喉をそれで潤してから、リストの最後の名前にアクセスをとった。
待機中になっていたその人は、すぐに画面をつないで応答した。

「フェロウ大尉です」
「はじめまして。新しく支援担当になりました、リフィア・ルーテウス伍長です。ご昇進おめでとうございます」
「ありがとう」
「生活の中で、なにかご不満はありませんか?」

特にありません、と彼は笑った。画面の端に、読んでいたらしい厚い本の角が見えている。
不満はないと即答されることはめったにないため、リフィアは思わず聞きなおした。

「……何もないのですか?」
「ええ、何も」

画面のむこうで、銀髪の男は落ち着いた表情をみせていた。諧謔やこちらの気をひくための芝居とも思われない。
リフィアは端末の別ウィンドウを立ち上げて、彼の部屋を確認してみた。大尉にしては小さい、二・五部屋のスペース。クロゼットつきの寝室と書斎、あとはミニキッチンとシャワールームしかない。それも寮の真ん中の部屋で、ベランダ側にしか窓がない場所だった。

「大尉のクラスでしたら、お部屋をもっと広い場所に変えることもできますけど」
「いいえ、ここでかまいませんよ。本を置く場所と寝るところがあればいいんです」

アルディアスは物柔らかに言った。きっとずっとこの調子で、士官学校を出てから同じ部屋に住んでいるに違いない。
リフィアは横目でさっと左右を確認し、インカムに手を添えて小さな声でつけくわえた。

「その……昨日は失礼しました」

すると、彼はあの藍色の瞳で彼女を見て微笑んだ。

「どういたしまして。ちゃんと帰れましたか?」
「おかげさまで。ありがとうございます」
「そう、それはよかった」

アルディアスがもう一度笑うと同時に、鋭いベルの音が鳴り響いた。青い目がすっと細められる。壁のスピーカーから慌しい指令が発せられた。

「出撃要請。敵艦隊の偵察船を捕捉。以下の待機者はすぐに艦橋に集合せよ。――」

何名かの名前が呼ばれる中に、アルディアスの名もあった。彼は半分机から立ち上がりながら、端末に向かって言った。

「失礼、出撃しなくてはなりませんから」

「ああ、はい、その……どうか、お気をつけて」

リフィアが言うと、アルディアスはちょっとまばたきをして、それからまたあの笑顔をみせた。

「ありがとう、気をつけます。それでは」

通信が切れる。暗くなった画面を見ながら、リフィアは彼のまばたきの意味を考え、すぐに思い至った。
これから武器を持って戦いに行く人に、お気をつけて、はなかった。普通なら、ご武運を、というところだったのに。

何度も言いなれたその言葉が、なぜさっきは出てこなかったのだろう。
それでも彼女は思った。

彼が無事に戻ってきますようにと。



















-------

◆【銀の月のものがたり】 道案内

◆第二部【陽の雫】目次



前話の反応が皆様とても静かだったので…
もしや引かれてる?!とかどきどき不安になりつつ(←小心者
でもアップしちゃいます。爆
ただの恋バナ(にもまだなってないけど)でどうもすみません。。


拍手がわりに→ブログランキング
webコンテンツ・ファンタジー小説部門に登録してみました♪→




☆ゲリラ開催☆10/25~11/30 ラファエル先生の保健室

関連記事

Comment_form

Comment

引いてませんよぉ~^^ 

ヒーリング、いつもありがとうございます。

この物語、最初からリアルタイムで読み始めたからなのか...むしろ、引き込まれてますっ。
恋バナ部分も楽しみですが、情景?風景?、その辺にも惹かれてます。
...最近、こんな感じのマンガやら、映画やらの情報があちこちから入ってくるので制覇してみようかと画策中です^^

続きがUPされてると、小躍りしてます♪
  • posted by ばるこ 
  • URL 
  • 2009.11/26 12:10分 
  • [編集]
  • [Res]

引きこまれていますよ♪ 

さつきのひかりさん、素敵な物語をありがとうございます。
どきどきしながら、読んでいます。(読後もどきどき継続中)
早くも、感情移入してしまっているのかも。
これからも楽しみにしていま~す。
  • posted by あっこ 
  • URL 
  • 2009.11/26 14:18分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 3】 担当 

いつもヒーリングをありがとうございます♪
風景や人、光の強弱まで文章を追うだけで目の前に広がるように引き込まれてしまいます♪
もちろん心の動きまで…
戦争の時代の心の呪縛感のような重苦しさはあるものの、この星はとても気持ちがいい所ですね~
戦争が無い世界だというほうがしっくり来る気持ち良さなんだけど…
どの世界でも大なり小なり必ず出会うシチュエーションのような気がするけど、戦う争うって、生きる上での本能みたいなものなんでしょうか…ね…?
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2009.11/26 15:24分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 3】 担当 

新シリーズ、毎回どきどきしながら読んでます(〃ω〃)
さつきのひかりさんの物語に出てくる男性陣は皆さま素敵ですが…、アルディアスさまにも早くもやられ気味です(ハートを)。
更新楽しみにしております♪
  • posted by あいちん☆ 
  • URL 
  • 2009.11/26 17:00分 
  • [編集]
  • [Res]

更新楽しみにしています♪ 

遠い遠い昔の、どこか遠くの惑星・・
ファンタジックな始まりにわくわくしながら読み進めています。
不思議なのは背景やシチュエーションがなじみ易くすんなり理解できること。まるでSFのアニメみたい。
数あるファンタジーは想像の産物ってだけではないのかもなあ・・などと思いながら、続きを楽しみにしています。
リフィアさんの文章と合わせて読むと、ぐっと多角的になり、相乗効果ですばらしいです。お二人に感謝♪
いつも素敵なお話をありがとうございます。
  • posted by あおいそら 
  • URL 
  • 2009.11/26 18:20分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 3】 担当(11/26) 

がっつり
かぶりつきで
読ませていただいております

いつもありがとうゴザイマス
  • posted by ema4498 
  • URL 
  • 2009.11/27 00:36分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 3】 担当(11/26) 

さつきのひかりサマ。
いつもヒーリングでお世話になっています。
ありがとうございます。
読ませていただくばかりで、書き込みはほとんど
(全然?)してないんですが(すみません)、
お話の方も、いつも楽しみにしています~☆
  • posted by りう・ばるど 
  • URL 
  • 2009.11/27 00:55分 
  • [編集]
  • [Res]

アルディアスさまのまばたき 

に、もうズキューン=3
どきどきです。

マトモな感想かけなくてごめんなさい(汗

情景が目に浮かんできます~☆
ああ、続きが気になります^^
  • posted by Berry the Mariel 
  • URL 
  • 2009.11/27 07:47分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:【陽の雫 3】 担当(11/26) 

なんだかとっても素敵な恋バナですね♪
ずっと昔の見知らぬ惑星でも、若い女子たちの会話って
今の地球と一緒なんだな~、と若かりし頃の自分を思い出してしまいます(←遠い目
  • posted by たまねぎ 
  • URL 
  • 2009.11/27 08:26分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

Calendar & Archives

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

ブログ内検索

Instagram

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR