のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

REF講習会レポート <6/17仙台> 日曜日編 2

まさかこんなに長くなるとは、なお仕事編その2。
でもよく考えたら、上仕事で何をしているかって、ちゃんとはっきり書いたことはあんまりないような気がします。
だってヒーリングよりさらに怪しいですし←
お仕事自体はわりとやってるのですが、公表するという部分については、これまた見ないふりしていたのかもしれません。


じゃあ浄化って何するの、といいますと
私は、「その想いを尊重し慰撫し、あるべき場所に還す」ことだと思っています。

たとえば人がたくさん亡くなった場所などでは、その想いが土地に重く染みついていたり、凝り固まってしまっていたり、詰まっていて魂自体も上がれずに彷徨っている、あるいは形を喪ってしまっていることもよくあります。
そういったエネルギーをゆるめ、ほぐして、天に上げその人が望む次のステージに行ってもらうこと…… ですかね。
次のステージがどこかについては、私は関知しません。
どこでも、その方が心から望むところに行く助けをすることができたらと思っています。

生きている人間になぞらえるなら、足を留めてしまう恐怖や後悔から自由になって、次の一歩へと進めるように背中を押してあげる、杖を貸してあげるような… まあ、ようするにいつものヒーリングと大差ないですw

ただ土地そのものや、多い時は何千何万の沢山の魂が相手なので、普段とは規模が段違いに大きくなることが多いです。
毎週かなり規模の大きい一斉ヒーリングを続けて、ある意味マッスルトレーニングをしていると自負していますが、それでも今回の仕事の折には多くの装備品が必要になったり、大物たくさん作ってたり、前日から太極拳でみっちりたっぷり練ったりする準備も必要になったので、
仕事に必要とされるエネルギー量がどれほどであったか… 東北の土地が今でもどれほどエネルギーを必要としているか、と思いました。
同時に、福島ボランティアの後今まで東北の東海岸で講習会をするのは初めてだったんですけれども、今に至らないと足りなかったのだろうな、ということも痛感しました。
今回はREFも大きくリニューアルしたり、時機が満ちたということだったのかもしれません。


そして、次は松島へ。
さすが観光地で混んでましたよー。電車から降りて、流れるように遊覧船のチケットを買いました。
せっかく来たんだし乗ろうか~くらいな軽いノリで。他の観光とか何にも考えてなかったですねw
船着き場まで5分ほど歩くと、すでに並んでいて、座れないかもと言われました。座れないならデッキに出たいな~と思いましたが、二階は別料金がかかるということで、船のしっぽのあたりへ。
ちょうど立ってた前の場所に船員さんがいたのですが、出港後に場所をあけてくださって、船べりの一番後ろに陣取ることができました。


松島


実は、今回もうひとつ聴こえていたことが (上質な砂糖菓子をもっていけ。供えるから) だったんですね。
それで、ちょうどどうしても手を付けられずに大事に残してあった虹色ラムネをジップロックに入れて、観光用の鞄に入れてあったんです。
どこかのお墓とかにお供えするのかなと思っていたのですが、地面の上に置いたりしたら蟻が大挙してきちゃいますし、そうしたらご迷惑だからやらないよ?と言っていたんですが
ここでハタと手を打ちました。――― 海です。
しかも船ですもの。沖のほうで撒けるうえに、ポジションも完璧な船べり一番後ろ。隣はりゅーらさんですし、みんな周囲の島を見てますし。

添加物の入ってない上質なものですので、海でもすぐに分解されてしまうでしょうし、環境は汚さない(だから上質指定だったんですね)と思いましたので
りゅーらさんにもちょっと相談して、そろそろっとラムネを撒かせて頂きました。
そうしたら、ちょうど私が撒きはじめた直後くらいに、りゅーらさんは時空の歪んでるっぽい場所を見つけていたそうです。私はぜんぜん気がついていなかったのですが、どうやらそこ近くに特に大量に撒いていたとのこと。
おいしくてかわいいラムネ、海に流されてしまった子ども達が食べて、喜んでくれていたらいいなあ。

50分ほどで一周して遊覧船から降りますと、私もりゅーらさんもかなりぐったりしておりました。苦笑
でかい上仕事で上の人のバランスが大きくなると、三次元のレイヤーが抜けるんだよね…とりゅーらさんが話してたのですが
つまり、連続したパラパラ漫画のうち数枚なくなってる、みたいな状態になるというか。
以前思いっきり抜けまくった時は、そこにいるのに気配がないんだよ!と言われたりしました。
今回は仕事量のわりにそこまでではなかったので、成長したよね♪ と話しつつ海鮮丼などもぐもぐ。美味しゅうございましたw
そして駅に向かったわけですが、遊覧船以外どこも見ていないです。ということにこの時点では気がついてもいないという。


マンガッタン2


帰りもマンガッタンライナーがたまたま来まして、今度は仙台駅方面へ。
私もりゅーらさんも寝こけてたので、終点のあおば通り駅まで行ってから仙台駅のバスターミナルに向かいました。結局直通のバスも電車もないということで、たまたまそこにいた5人乗れるタクシーに乗って、青葉城へ行きました。
運転手さんが面白い方で、いろいろお話聞かせてもらって楽しかったですw

降りるときに、土井晩翠の記念碑でもうすぐ合唱が流れるからまずそっちに行って、すぐ行ってね!と念を押されたのでそちらに向かいましたら
うっすら聴こえる合唱を覆い隠して、なぜか踊りの笛太鼓が。
どうやら「すずめ踊り」というのがちょうど始まるところだったらしいです。茶色っぽい衣装に二本の扇をすずめの翼や尻尾に見立てて踊るのですが、2歳くらいのお子さんも参加してて、ちょこちょこ歩いてるだけでとってもすずめさんで可愛かったーー♪

結局タクシードライバーさんお勧めの土井晩翠「荒城の月」は聞けずに、すずめ踊りを最初から終わりまで鑑賞することになりまして。
なんだか鳥づいてるなあと思っていたら、政宗公の家紋が「竹に雀」だったのですねえ…。
政宗公ゆかりの場所にも来なきゃいけない感はありましたが、やはり青葉城だったのかな。


政宗公


それから青葉城址内にある神社にお参りしたのですが、それが護国神社だったのでちょっとびっくり。
あの有名な政宗公の銅像とかありますし、てっきり政宗公を祀っているのだとばっかり思っておりました。そうじゃないのですねえ。
お参り後は、博物館などもあるのですが、りゅーらさんの「つかれたーもう帰っておやつ食べようよー」という天の声wで仙台駅に戻ることに。
ところが乗れる大きさのタクシーもちょうどいいバスもなくて、徒歩で山を下りて地下鉄駅まで歩くことになりました。
道案内に従って歩くと、途中山道っぽいところがあったりして、最後まできっちりお仕事入れて下さってますねっていう…。
仙台駅まで二駅乗った東西線も、けっこう重たいと在住の方がおっしゃっていた路線でしたので、〆だねこれみたいな。

仙台駅ではまずお土産を買って、それからホテルに荷物を取りに行き。もう皆疲れていたので長居できそうなアフタヌーン・ティーでハイティーセットを頂きつつ、新幹線の時間近くまでお喋りしておりました。ご飯(パスタ)とデザートと美味しいお茶がいただけるので、ちょうど良かった♪
旅の終わりは美味しいと楽しいで〆!! だいじ!!!


こんな感じで、上仕事って外から見たら電車乗って船のってラムネ撒いてお城あとに行くだけの簡単なお仕事です。笑
大規模な浄化仕事は大変といえば大変ですけど、お友達とおしゃべりしながら回ったので楽しかったですし、これで土地のお役にたてたらいいなあと思うので、私は気の置けない友達のいる講習会旅行での仕事はわりと引き受けています。
どっちみちそういうラインで講習会の開催自体が決まっていきますし←

松島のあとだったかな、私とりゅーらさんがヘロっていたら、依頼を断るとかしないんですかと聞かれたのですが、
今回の場合、ブラックだったり嫌な訳じゃないんですよね…。
毎回、どうせ行くならきっちり対価をいただいて、美味しいもの食べて元気におしゃべりしながら楽しく(これ大事)回れなかったら行かない!! と言い張っておりますので
わりと毎回宿泊も奇跡的にいいところに泊まれたりしますし、ごはんは美味しいし、今回みたいに必要な浄化も起こるし(りゅーらさんも私も、今まで見ないふりしていた部分を前向きにクリアしたり手をつけることになりました)、金運も良くなったりするし
ちゃんと正当な依頼をしてくださる神様は、対価もきちんとくださるのですよ~
ブラックな依頼は断るが吉ですが、無理のない範囲での正当な依頼は、きちんとお仕事をこなすと正当な対価がいただけるし、土地のお役に立てたりするので私はさほど嫌ではないのです。
どんなお仕事でも、仕事である以上それなりに大変さってあるものですしね。


そんなこんなで、帰りも新幹線の2人席で別れるまでお喋り三昧でした~♪
いろいろスッキリして楽しい仙台行でしたw

企画してくださった会場係様、ご参加くださった皆様、お呼びくださった土地神様、どうもありがとうございました!
講習会についてはあえてあっさりとしか書きませんでしたので、皆様のご感想を楽しみにいたしております( ´ ▽ ` )ノ

またお会いできますように♪










 ☆ゲリラ開催☆ 6/20~6/25 REF&ロックローズ

いつも応援ぽち&シェアありがとうございます♪ ぽちやシェアでおまけのヒーリングつきw 

関連記事

Comment_form

Comment

お疲れ様でした。 

以前、大宮と成田の講習会でお世話になりました、ゆりです。
松島には父と叔父のお墓があるので、ついでにいやされてくれたらいいなーと思い読んでいました。

松島鎮魂お疲れ様でした。
塩釜というところも結構被害に遭われたそうなのですが、
塩釜神社というところがあってそこもオスススメです。

父は茨城に住んでいて千葉の病院で亡くなったので
鹿島神宮と香取神宮にお世話になっていて、最期に塩釜神社にお世話になりました。
あとで見ていたら、三つとも親密な神社だそうで、、、(塩釜神社の鳥居?が震災で海を流れ鹿島神宮にたどりついたとか)
見えない力がはたらいたのかなーと勝手に思っています。

また仙台にいくことがありましたら、塩釜や多賀城もおすすめしておきます^^
  • posted by ゆり 
  • URL 
  • 2017.06/23 07:47分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: お疲れ様でした。 

>ゆりさん
鹽竃神社行きましたよ~♪ ありがとうございます^^
海が見えるすてきな神社でした。この前の記事に書いてあります♪
鹿島神宮と塩竈神社にそんな繋がりがあったのですねえ…。お父様のご冥福をお祈り申しあげます。
多賀城も気になります~~
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2017.06/24 15:41分 
  • [編集]
  • [Res]

あわわ 

一つ読み飛ばしていました;しまったすみません・・・(苦笑

でも鹽竈神社に言ってくださってたのが、なんだか嬉しかったです。
(小さい頃お世話になった神社なので)
仙台ー多賀城ー塩釜のラインはいとこが毎日通る道筋だったのですが、一本道が違っていれば波に飲まれていたそうです。
「ここもながされたんだよー」と教えてくれる道はどこももう跡形もなく綺麗になっているので、はたからみたらわからないのですが・・・

りゅーらさんとひかりさんが浄化を行ってくださって嬉しかったです。
ありがとうございました!


  • posted by ゆり 
  • URL 
  • 2017.07/02 07:20分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: あわわ 

>ゆりさん

いえいえw
いとこさま、お元気で本当によかった…。
傍からみたら分からなくても、記憶は奥底にずっと眠っていますものね。。

私も祖母の出身が仙台ですし、東北の地がすこしでも癒されてくれたらいいなあと思います。
こちらこそどうもありがとうございます♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2017.07/03 18:25分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

Calendar & Archives

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

ブログ内検索

Instagram

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR