のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と-

「ヒーリングとは」シリーズ

1 エネルギーとか波動とか 
2 波動の良し悪し?
3 次元の高低
4 上の人中の人
5 天使と悪魔と人間と


-----


さつきのひかり私見シリーズ。
誰かに押しつけるつもりは毛頭なく、私はこんなふうに思ってヒーリングしてるんですよ、っていうだけですので
こんな考え方もあるのかー位にご覧いただければと思います♪


さてさて、次元の高低とか上の人とかの話をしてきましたが、じゃあよく言われる天使とか悪魔とかってなんなの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。
私のイメージですと、こんなかんじ。


katzeさん作成図


四象限の上半分にある楕円が天使、下半分にあるのが悪魔、真ん中の円が人間です。
katzeさんが図を作成してくださいました。どうもありがとうございます!

天使にも「相手を攻撃する」っていう部分があるのはちょっと考えにくい… ようなそうでもないような←
知人から天界のちょっと酷い話(爆)みたいなのを耳にすることもありますし、そもそもオリオン対戦では剣を持って戦ったわけですから「相手を攻撃」していたんですよね…。
「大いなる目的のためには小さきもの達の犠牲を厭わない」なんていうのも、こっちかな。

火曜定例でミカエルのヒーリングをしたときに、私がアクセスするミカエルはかなり大甘なので、「うちのミカエルはものすごく厳しい、あの人相手によって態度を変えるのか」っていうコメントをいただいたのですけれども。
天使が相手によって態度を変えているのではなくて、たぶん、私達の側が楕円のどこにアクセスするかで違うんじゃないかと思うんです。

たとえば私は、厳しいだけのミカエルなんて自分が嫌なので←
大甘のほう(図でいったら楕円の右上はしっこくらいでしょうか)にアクセスしますし、エンジェルリンクでもそちら寄りのリンクを伝授します。
同じ「ミカエル」という名のエネルギー体の中でも、伝授された側がご自分の好みの部分に強く繋がりやすいという部分はありますので、絶対にそうとは言い切れませんが
でもだいたい、伝授においては、ファシリテーターのアクセスする側面を強く出した相手に繋がりやすいだろうと思います。

私のルシフェル伝授も同じくですね。
世間で悪とかサタンとか言われている部分は、四象限の下半分にある楕円の左の端っこくらい。
人間を騙したり悪さをしたり低次元に引きずり込もうとする悪魔のイメージ、これはわかりやすいのじゃないでしょうか。

私がアクセスするのは右の端っこくらい、と思って頂くとよろしいかと思います。ミカエルの場合はどスパルタなのに繋がっても天使ですし、まあ好みかしらとも思いつつ、、、
世間のルシフェルのイメージがまだまだ酷いものも多いので、「ルシフェルの翼」に関しては、ピンポイントで「うちのルシフェルとーさん」へのアクセスラインを伝授できるよう、がっちりエネルギー的なガードをかけております。

光と闇が陰陽であるように、天使にも悪魔にも、それぞれ陰陽の側面があるだろうな、というのが私の持論なのです。
東洋的な陰陽概念からいくと、それほど奇妙な考えではないだろうと思っておりますがw



■奈落

「相手を尊重する」位相の天使は普通のイメージ、
「相手を攻撃する」位相の天使は分離のオリオン対戦の時代とかな感じ、
「相手を攻撃する」位相の悪魔もわりと普通なイメージ。

んじゃー、「相手を尊重する」位相の悪魔って何してんの?って思いません?笑
これは要するに、私がヒーリングや伝授するところのルシフェルと同じだと思うのです。

人の魂が抱えている、ずっしりと重いトラウマやネガティブな色々をクリアして楽になれるまで、暗い闇の国でずっとつきあってくれる存在。
そのための場所を、私とリフィアさんの本体様は「奈落」と呼んでいます。

「地獄」ではないです。
ずっと深くて暗い場所ではありますが、別に拷問されたりしないし、裁かれることもありません。

あちらの本体様曰く、「ゲロ袋」… ひたすらに自分自身の中の澱や吐瀉物と向き合って、クリアしてゆくための場所です。
それを急かされることはありません。
見たくないなら、触りたくないなら、自分から手を出すまでそのままずうっと待っていてもらえます。それは闇の包容力でもあるし、一面では厳しさでもあるのでしょうけれど。。


上次元の世界にも次元の階層がいろいろあるように、奈落にもいくつも階層があるようです。
上のほうに近いのが、ルシフェルとかがいるところで、つまりクリアするのに助けや導きがつきます。チュートリアルのある初心者ゾーン。
深くなるにしたがって助け手はじっと見守り場を維持するだけに近くなり、好きなだけ放っておかれる上級者ゾーンな印象ですね。
かんしゃくを起こしたり、難しい問題に取り組んでいる小さい子供をじっと見守りつつも手は出さず、かつ状態は完璧に把握していて、自傷他害の暴力やエネルギーの枯渇等は適切にフォローして環境はつねに最善に整えておくという…
あ、想像したらくらっとした。私、高位の悪魔になるには根気が足りない 爆
ついつい手を出したくなりますもん^^;
その「手を出してる」結果が一斉ヒーリングとかあそびかた講習会なわけですが…、まあ初心者様の扉であれればいいかな^^
中~上級の方でも楽しめる、一緒に遊べるような何かができたらいいな、と思ってはおりますが♪


…とまあそれはさておき。
こんな感じで、奈落の上級者ゾーンにいる高位悪魔の皆さまって、まっっっっったく目立たないんですよね。。
波動の高さでいったら、ルシフェルがそうであるように大天使と比べても遜色なくて、その状態を維持したまま闇の底に降りているってむしろ超実力者ですよね?!って思いますが
天使みたいに姿を現してガンガン導くとかいうスタイルでないですし、その人本人の力を信じてじっと待ち続ける、それもひっそりと、で
さらに言えば、奈落で魂の重いものをクリアすると、その重しが外れた分だけ波動が上がって、勝手に上の世界にあがってくわけで……。

堕ちていた個人からすると、自分のトラウマにいっぱいいっぱいの時に、周りなんか目を配れる状態じゃないでしょう。
そのときその人はいわゆる「0次元」にいるわけなので、周囲も時間も無いも同然なのです。自分しか見えてない。
それでトラウマクリアしたら、今度は見守っててくれた人に気づく暇もあらばこそ、波動に合った場所に勝手にふわふわ浮かんでっちゃうし…

… なのに一方的に忌み嫌われたりとか、ほんとうに闇って報われない…(;;)
私は闇を擁護する珍しい立ち位置の人らしいので、いっそ大声で言っちゃいますけども。

奈落が汚く見えたとしたら、それは本人の吐瀉物が先に目に入るから、です。
だって自分のものだから、近くに中にあるそれを、見つめて宝物に変える場所が奈落だから。

それだけが世界のすべてではないと認識できたら、視点を広げることができさえしたら、闇の国はとてもやさしい場所なのです。


クリロズのハロウィンイベントで、マリアと一緒にアスタロト(デセル)さんがおいでくださって、クルミさんがイラストにしてくださったことがありますが。
アスタロトの通名の通り、あの方はまさに奈落でお仕事をなさっています。お疲れ様でございます。 (しみじみ
とんでもなく大変そうなので、マリアが少しでも癒しになれているといいなぁ。。。




■人間の位置

四象限の上の方を担当するのが天使、下の方を担当するのが悪魔。そして、真ん中の円が人間。

人間は、「三次元の身体をアンカーに0~高次元を行ったり来たりしている」ので、真ん中なのです。
自分では気がつかなくても、日常的に天使にも悪魔にも両方お世話になっていると思われます。笑

つまり私達は、日常の生活を毎日こなしながら、会社にいったり洗濯したりご飯つくったり食べたりしながら、
朝、誰かを愛して笑いあって誰かのために動く上次元に足を踏み入れたり、夕方には気分激落ちしまくって自責に苛まれてトラウマにまみれて奈落に堕ちていたり、普通にしている。

もちろん何日も何週間もどん底のこともあれば、しばらくずっと幸せ気分なこともあるでしょう。反対にくるくると気分が入れ替わるような日もあるかもしれません。
でも、上下動があること自体は悪いことではなく、両方を経験したいと願った三次元の人間だからこそなのかな、と思ったりします。
入れ替わりがあんまり頻繁だったり激しかったり、どん底ばかりだったりすると、社会生活を送るうえでは大変だな、とは思いますけれども…。
そういうときは、漢方やハーブでもヒーリングでも温泉でも、美味しいケーキでもあるいはホメオパシーでも西洋医学でも、なにか自分にあったツールを使いつつ内観もしてゆきつつ、上手に折り合いをつけてゆけるとよいのじゃないかなあ。

そうして少しずつ、のんびりおめでたく生きられるようになったら毎日楽しいでしょうし
(もちろん激情を味わいたい方は、それはそれでじっくり味わい尽くされたら良いと思いますがw)

自分が設定してきた宝物を磨いて回収して、望む未来に歩いてゆけたらいいなあと思うのです^^










 ☆ゲリラ開催☆ 6/23〜6/28 Rainbow energy flame 一斉ヒーリング

いつも応援ぽち&シェアありがとうございます♪ とっても励みになります^^ → 
関連記事

Comment_form

Comment

 

割と奈落にはよいイメージがありますね。
それはゲームのおかげでしょうか?
悪魔が主役のゲームもやってたので悪魔のイメージもいいですね僕は。ただ、いろんな天使がいていろんな悪魔がいる感じがします。
  • posted by ごちぃ 
  • URL 
  • 2015.06/24 19:28分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と- 

こんにちは。何度かヒーリングのお世話になっているのですが、このHNでコメントするのは初めてでしょうか……。

>波動の高さでいったら、ルシフェルがそうであるように大天使と比べても遜色なくて、その状態を維持したまま闇の底に降りているってむしろ超実力者ですよね?!
これ、ここ、すっごい分かり過ぎて思わずコメントさせて頂きました!
例えるなら、紫の周波数・性質を保ったまま赤い世界で活動出来る存在だと感じています。特にルシフさんはその辺りがチートな気がしてなりません。

こういうものを「悪」と見ずに解釈しようとすると、アクセスする領域は近くなるものなのですかね。
尤も、うちのルシフさんは割とアクティブで、注文をすると剛速球を返してくる感じなのですが……(たぶん他のデーモンさん方もそうです)
  • posted by シロエ 
  • URL 
  • 2015.06/24 19:40分 
  • [編集]
  • [Res]

 

面白い
  • posted by ごちぃ 
  • URL 
  • 2015.06/24 21:23分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と- 

図解で説明ありがとうございます。分かりやすかったです。
天使でも攻撃的な部分があったり、悪魔でも尊重する部分があるなど、一般的なイメージは側面だけなんですね。人間はその中間、なるほど~。為になりました!
  • posted by さんご 
  • URL 
  • 2015.06/25 09:08分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と- 

次元は高い低いじゃなくて「見たいTV(ラジオ)のチャンネル」なんだろうなぁ、、とよく思います。
上手く言えませんが、見たい(感じる)所が其処みたいな。。
自信なくて言えませんでしたが、こういう考えもあっていいですよね?
鳥取県れおぱんち
  • posted by れおぱんち 
  • URL 
  • 2015.06/25 09:13分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と- 

ありがとうございましたっ!!m_m

  • posted by うめたろう 
  • URL 
  • 2015.06/25 09:19分 
  • [編集]
  • [Res]

Re: ヒーリングとは 5 -天使と悪魔と人間と- 

あぁぁ・・・深く理解できた感じがします。
3次元の自分ではなんとなくですがw
底の方であぁ、そこかって感じになりました。

オリオン大戦の頃の思いってほんとに重いですよね・・・
いったいいつまでひきずるんだか(-_-;)

デセルさん、なるほどそうなのかってのも納得。
一度上でお会いしたいなぁ・・・

アンテナはいつまでたっても上手く使えないんですよねぇ・・・
よく間違えますw
今世中にちゃんとできんのかしらあたし(^◇^;)
時間あるのか自分?
  • posted by くうちゃん 
  • URL 
  • 2015.06/26 02:13分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

ブログ内検索

Calendar & Archives

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR