のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

遊びをせんとや

去年のクリスマスに、ついに息子がサンタさんに欲しがってたゲームを貰いまして。
今話題の「妖怪ウォッチ2 真打」なんですけど、まあ私と夫も一緒にやってみてるのです。



スーパーでも、どこいってもジバニャンとか見ない日はないんじゃないかって感じすよね^^;
まあ確かに可愛いけどさあ… と思いつつ、何年ぶりかにゲームなんてやっております。

ともだち妖怪になるのはいいとして、呼び出して戦わせるのどうなん、とか
夏休みだからってよそ様のお家に入り込んで宝箱とか漁っちゃいけません、とか
ゴミ捨て場にある練り飴なんか拾ったらお腹壊すでしょ、とか
ゲーム・RPGお約束的なツッコミは始めるとキリがないからさておき。 笑


ゲームとしては、さすがにすごく上手にできているなあと思いました。
メインストーリーの周囲にたくさんのサブクエストがあって、要するに頼まれごとを解決してゆくのですけど。
飽きないように数分で話がぽんぽん展開していったりとか、ナビがついてて次にどこいくか迷わなくてもいいとか
悩むことよりもご褒美が多めで、やりこむこともできるようになってるし、小さい子供でもハマるわこれは~って感じで。

発売元のレベルファイブはドラゴンクエストの会社なので、私と夫はつい、初代ドラクエの「ふっかつのじゅもん」とか思い出しては笑っちゃうのですけども。
妖怪ウォッチでは、道路でもどこでも「日記」を書いてセーブできるんですよー。楽だなあ。
まあもちろん戦い中やダンジョンなんかでは無理なんですが、「早く止めて寝なさいっ」「今セーブできないの!」と揉めているお母さん、画面覗いて街中だったらだいたいセーブできます←
そしてゲーム時間はログイン画面に表示されますからね←←


で。
親子三人でやってると、プレイの仕方にそれぞれの個性がでてきましてねえ 笑
息子は友達から強い妖怪を貰ったりして、情報を聞きつつわりと早く進めるタイプ。
夫は弱い妖怪でもとりあえずガンガンクリアに邁進して、その後にサブクエストを片付けるタイプ。息子はこっちに似たなw
私はサブクエストを先に拾ってゆくタイプで、ストーリークリアは一番遅いのですが、サブクエストは一番進んでいたり、自力で揃えた強いレア妖怪もそこそこ多かったりするという。

こんなところにも個性が出るんだな~というのが面白かったですし、
この、メインストーリークリアには必要ないサブクエストをどんどん拾ってゆく形式って、まさに「苦労は買ってでもしろ」を地でいってるとふと思ったというか…
や、ほら、「ゲーム」ってそもそもが、ある程度の負荷をかけられることを喜んでるわけですよね。問題解決に悩んだり、戦ったり。
リアルにお金を出してゲームソフトを買っている時点で、「買ってでもやりたい」わけじゃないですか。

しかも妖怪ウォッチは設定が普通の小学生なので、フィールドも普通の学校とか街中とか住宅街なんですよねえ(妖怪は出るけど←
頼みごとの多くも、おしゃれになりたいとか自転車レースとか、わりと身近な感じが多いのです。(妖怪の力もつかうけど←

ゲーム画面の街中を自転車で走り回りつつ、「あ~、リアルの人生も、『買ってでもやりたかった』んだなぁ」って、なんだか思ってしまいました。

メインストーリークリア後のサブクエストなんて、しなくたってもうエンディングまでちゃんと見ちゃってるわけですよ。
なんか荘重な「ゲラゲラポー」が流れちゃったりなんかして、その後のクエストなんて全然しなくてもいいはずなのに、受けちゃうわけです。
開発元もよくわかってるというか、メインストーリーはレベル50位が目安、隠しボスは99でその間に山盛りクエストがあって、どっちがメインかわからない勢いだったりもするんですが^^;

クエストの旗が立ってるとかたっぱしから受けちゃう感じ、どうせだから遊びつくさないと勿体ないっていうこれ、
三次元人生に飛び込んだ魂としても、きっと一緒なんだろうなあ… と
ふっと思ったのでありました 笑



自分が設定してきた「人生のメインストーリー」があって、その周りにはたくさんのサブクエストがあって。
泣いたり笑ったり悩んだりしつつ、でもそれをしたくて、それこそをやってみたくて、三次元に生まれてくるんでしょうねえ。。

そして、やってみたくて飛び込んだそれは、ゲームを買うのと同じように「遊び」なんだろうと思うのです。
長い時間をかけて真剣に遊ぶのですし、ゲームと違って「ここでセーブしておいて失敗したらやり直し」とか「いくつかセーブデータを作っておく」というようなことはできませんが
たとえクリアできなくて泣いても、またちゃんとやり直しの機会はいずれ訪れるし、作ることができる。
むしろクリアするまで向こうからしつこくやってくる 爆

「遊び」だから、真剣にではあるけれど、基本的に楽しんでいい。
どんなクエストであっても、死ぬほど追い詰められなくてもいいんだよ、というか。
苦しんだ後の解決策もちゃんと用意されている、それも予想の斜め上な感じで、と思ったのです。

なにしろ、この人生のゲームの開発元は、自分と神様ですからねぇ。。

クエストの解決ポイントは、思い込みのむこう側にあるかもしれません。
「こうでなきゃいけない」と思っていたものを外してみると、意外なところに解決アイテムが!とか
こここんなふうにぐるぐる悩むけど、こうしてこうして抜けてみたら面白くない?盛り上がるでしょ?せっかくなかなか行けないとこ遊びに行くんだし!遊びつくさないと損でしょ!とか
いろいろと作り込んでそうな気がしませんか… 笑


真剣に遊ぶことは、真面目に悩んだり考えたりすることでもあるはず。

それでもどこか押しつぶされそうな気がしたら、「あー、この人生のゲーム、やりたくて買って(飛び込んで)みたんだった」ということ、ふっと思い出せたらいいんじゃないかなあと思うのです。
やってみたかった、経験してみたかったと思い出せたら、どんな難問奇問でも、ちょっと楽しむ余裕ができてきて
そういう視線で見直したら、今まで見えなかったものも、ふっと視界に入ってきたりするかもしれませんし。。

一日24時間はみんな同じ、だったら、「楽しい」って思える時間が多いほうが良いじゃないですか。

苦しかったり辛かったりの毎日を過ごしていたら、ああ私、すっごく難しいクエストの準備してきたんだなぁ、偉いなやる気に満ちてるなw 今も頑張ってるな、 って褒めてあげていいと思います^^


遊びをせんとや生まれけむ… 梁塵秘抄のこの歌は、数年前の大河ドラマで有名になりましたが。


遊びをしようと、いろいろな物事と戯れてみようと、生まれてきたはずなのですから。

余裕をもって、たっぷり楽しみつくせたらいいなあ…。






 ☆ゲリラ開催☆ 3/9~3/15 Rainbow Energy Flame 一斉ヒーリング

いつも応援ぽち&シェアありがとうございます♪ とっても励みになります^^ → 
関連記事

Comment_form

Comment

Re: 遊びをせんとや 

ゲームの作成元 神様と自分・・・・!!
そっか。。。う~ん・・・。

ありがとうございましたっ!

  • posted by うめたろう 
  • URL 
  • 2015.03/14 16:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 遊びをせんとや 

素敵ですねえ^^
製造元が自分と神様に私のハートわしづかみにされました。笑
  • posted by mizue 
  • URL 
  • 2015.03/16 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: Re: 遊びをせんとや 

>うめたろうさん

そうなのです。
そしてかたっぱしからクエストを引き受けまくってる状態が今じゃないのかなあと思うのでしたw



>mizueさん

「やりたくてやってる」「やってみたくて飛び込んだ」って多分、こういうことなんでしょうかねえw
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2015.03/22 14:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

Calendar & Archives

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

Celestial figura

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR