のんびり、やさしく。

ヒーリングと物語とものつくり。

Entries

雪鷹さんの挑戦状~level:4 「スピリチュアル・ライフ(135094)」

「ウエサクの祭り」、すでにたくさんのご参加表明ありがとうございます!
どれも大切に拝見しております。当日ユグドラシルの”場”にてお待ちしております(^^)

忙しくなってきて、メールもしこたま溜めててすみません・・・orz
文章書くのにものすごい時間がかかるので、メールも平気で2~3時間とかかかります。
しかもスピな内容だと、毎日気づきがあったりしてそのたびに修正・・・
すいませんすいませんすいません(涙)


・・・で、ついにきました塔の中層階。
MIXI版はまだ2階までなので、実は中層階って初めてなのですね~。
魔王様にいぢめられたい方は、ぜひこちらから→「雪鷹からの挑戦状-空歪みの塔level:0
ウエサクから始まる3つのお祭り、そのイメージを強くするためのトレーニングにもなると思います♪
しかし、この階にさんざん手間取って、また周回遅れになってしまった・・・(涙)


以下ネタバレです↓
グロ、血みどろ、スプラッタ苦手な方は読まないでねorz




*******
 



雨上がりの気配をただよわせる、緑の森。
自分の服装は、Mixi版の1階と同じ、TシャツにGパン、フリース。
塔の1階で見つけた細身の剣を腰にさげてて、それだけ合ってない(笑)
この時期すこし暑そうなのだが、森の中は風が吹きぬけ、涼やかでちょうどよい感じ。

そういえば最初は銀髪巫女で扉をくぐったのだが、その後はイメージが展開せず、今の自分の姿に戻った。何かわからないが、そういう必要があるのだろう。

頭上で何羽もの小鳥が鳴いている。足元には翼のある黒狼のアストラがいて、私の右足に顔をすりよせている。
雨の後だからか、木々や花々の香りがひときわ鮮烈に鼻をくすぐった。
深呼吸して肺の奥まで空気を入れると、とても気持ちがいい。

あてもなくのんびりと歩いていると、足元は神秘的に苔むしているところが多いが、木漏れ日のよく当たるところには、小さな花がたくさん咲いていた。
クローバーやスミレ、露草といった、身近な花が多い。

なんだかとても気持ちがよくなって、クローバーの群落の上に寝ころんでみる。
吹き抜けるそよ風が葉をゆらし、木漏れ日がちらちらとこぼれた。アストラも横にうずくまって、大きなあくびをする。顔の横を見たら、四葉のクローバーが見つかりそうだと思った。

うとうとと居眠りをしようとしたところに、白茶色のウサギがやってくる。
「危ないよ、気をつけて。奴らがやってくるよ」
言い終わらないうちに、真っ黒な人影が何人も、雄叫びをあげて襲いかかってきた。
跳ね起きて、腰の剣で応戦する。

リアルでは太極剣は次の段階なので習ってはいないが、先生の演舞を見たとおりに身体が動く。
いいね、イメージ万歳w
しかしなにしろ数が多い・・・そのうち、どこからか飛んできた黒い矢に胸を射抜かれた。
この乱戦状態で飛び道具って違反だろ(爆)

思わず動きが止まったところに、何本も剣や槍や矢が突き刺さる。
私は仰向けに倒れこんだ。
黒い集団は、それで行ってしまった。死んだと思ったのかもしれない。

確かに、リアルだったらとっくに死んでる。
太い槍や剣が、胸に4,5本、腹部に4本くらい。矢に至っては数知れず。
視点が一瞬俯瞰状態になり、野原に赤黒い血だまりが広がっていくのが見えた。

ヒーラーサンのところに行く前に、これじゃくたばるんじゃね?

男言葉の私が言う。
いつの間にか服が黒いジーンズの上下に変わっている。これはなつかし、いじめ最高潮だったころに買った服だ。
なるほど、存在を感じるのに見つからなかったアナザーセルフか?
よくできている。

※以下、アナザーセルフかどうかはっきりとしないものの、この意識に焦点を合わせたほうがイメージが展開するので、それで行ってみることにする。※

寝ころんだままの視界に、胸に突き立った何本もの黒い棒が見える。
そのうち幾つかは、身体を突き通って大地までささっている。相当長くて太い。しかもご丁寧に返しがついていて、引き抜けそうもない。

参ったな。とりあえず動けないと、話にならない。
ためしにそっと深く呼吸をしてみると、ヒューと壊れた笛のような音がする。上等だ。
目を閉じて、意識を集中。
赤黒い炎で身体の表面を焼いてしまう。血よ止まれ、肉よ傷をふさげ。

じゅっと音がして、胸や腹から何本もの燃えかすが崩れ落ちる。焼かれた傷は血が止まっている。
痛みはない。

わかっている。血も痛みも傷も、とりあえず表面上押さえただけだ。
身体の中には重く黒い鉄の楔が何本も残っている。
ヒーリングなんていう良い物じゃない、とりあえず今動けるようにしただけの、タダの目くらましだ。
・・・・・・これが私のしてきたことか?

そういえばあのころ、身体の痛みも感じなくなってたときがあったな、と思い出した。
殺したのは心、痛みは身体からの信号だが、信号を感じるのはやはり「心」なんだと思う。
心が麻痺していると、痛みすらも気づかない。
誰かがどんなに泣こうが無感動で、泣き落としのきかない体質だった。
血が流れようが傷の写真を見ようが冷静で、外科医の素質があるかもしれないと思った。
単にハートが死んでいただけだ。

手近な木に身体を押しつけるようにしながら立ち上がると、がぼっと喉から血があふれた。
アストラが心配そうに見上げている。
大丈夫。まだ動ける。

よろめきながらヒーラーの家へ向かった。
この森は知っている。どれほどの年月を間に挟んでいるのか知らないが、ヒーラーの家にも行ったことがあった。

「おや、誰かと思ったらあんたかね」
中から太った老婦人がでてきて微笑んだ。艶のある黒紫の、中世の魔女っぽい衣装を着ている。白髪を結い、顔は色白でふっくらしていて、福福しい顔立ちの西の魔女といったところだ。

「またそんな怪我をして・・・。早く入りなさい」
「すみません」頭をさげた。
魔女の家は外からみると小さいが、中はけっこう広い。なにか魔法でもかかっているのかもしれない。
たくさんの本や石やハーブが、一見雑然と置いてある。

「それはかまわないけどね。あんたはまた、乱暴な治し方をして。これを治すのは大変だよ。なんでもっと早く来なかったんだい」
魔女は素早く傷を確認し、ため息をついた。
「こりゃ、中で内臓とくっついてしまってる。治すには一度内腑をひっぱり出すようだよ。いいのかい?」
「望むところ」
即答した。
出てくるものが何かあるなら、この際何でも出てくるがいい。今がそのタイミングだ。
どうせならすべて流して、きれいさっぱりしたらいい。

「いい覚悟だよ」魔女が笑った。そして、「ほら」と何か放ってきた。
受けとめると、それは先ほどの戦いで折れてなくしたと思った細身の剣だ。

「なんだ。自分でやるのか」
「あんたはヒーラーになりたいんだろ? 清めの場を使っていいよ。あたしは見物させてもらうとしよう」
ふくよかな魔女はほくほくと笑って、安楽椅子にゆったり腰かけた。

「この剣、折れて刃先がギザギザだ。これでえぐったら痛そうだな・・・」
「しかたがないね。あんたの剣だもの」
ごもっとも。私は肩をすくめた。
家の片隅に、四隅を大きなクリスタルで保護した立派な石床の場所がある。そこが、魔女が色々な魔法を行うときの”清めの場”だ。
すぐ近くには棚があって、たくさんのクリスタルやすぐに使いそうな小物が揃えてあった。

私はそこに行き、身をかがめて折れた剣で床に魔法陣を書き始めた。さすがにこの体勢は辛い。
血は完全に止まっていて我ながら見事だと思ったが、その分傷をこじあけるのは大変ってことだな。まさに自業自得。

円と幾何学模様と言霊で構成された魔法陣を書き終え、棚からめぼしい石を持ってきて要所に配置していく。
それから小さなポイント水晶を一山。
魔法陣の中央に座して、私は目を閉じ、深呼吸をして気持ちを静めた。
石床を剣先でなぞっただけ(傷をつけたわけではない)の魔法陣が、淡く発光をはじめる。


私は自分の姿が変わっているのに気がついた。
濡れ羽色の真っ黒な髪が腰まであり、少年か青年のように骨ばった体格。華奢ではあるが、どうやら男性らしい。瞳の色は、たぶん血のように赤い。
そして背には・・・おそらく、黒い翼があるのだろう。

魔法陣が完全に活性化するのを待って(数瞬にすぎないが)、私はおもむろに折れた剣を持ち、自分の胸に突き立てた。
止められていた血が流れ、すべての痛みが返ってくる。
うめきながら、私は自分の心臓と腸をつかみ出した。

改めて見れば、それらは何本もの鉄の塊が突き刺さり、よくもまあこれでマトモに動いていたものだ。
口の中で呪文を唱えると、血塗れの手から魔法陣の光の中に内臓が浮き上がった。
さてこれから、これを浄化しなければならない。
鉄の塊ひとつずつに意識をあわせ、その声を聴いていく。

他人から投げつけられた言葉は、実は身体の中まで入ってはこない。
招き入れているのは、自分だ。

エゴイズム。

だからその声を聴くのは、つらい。
受けとめたくない現実。聞きたくない言葉。

私が。私の。私を。声は叫ぶ。

なぜそんなにも不安なんだ。
周囲に溶けてしまったら、自分自身でなくなる気がする。
自分を確認するために、認めてほしい、保証してほしい、確固とした力がほしい。

無意識の大海に溶けてしまうのは怖い。
皆と違う不安、しかし埋没してしまうのも不安。
それは死を恐れるのと同じことだ、当たり前だとエゴが言う。

死とは、肉体という記号をなくして、海に入ってゆくことだから。
愛とは、エゴという記号をなくして、海に入ってゆくことだから。

愛するのは怖い。
愛を受け取るのは怖い。
カタチがないものは、怖い。

だけれど。
死を真っ向から見つめることは、生を見つめることだと先日言ったばかりだ。

ならば。
エゴを見つめることは、愛を見つめることだ。
そうだろう?

囁きかける声は、自分のものでないように澄んでいる。

宇宙がなぜ暗いのか、知っているかい。
母親の子宮がなぜ暗いのか、知っているかい。


光はつねに、闇から生まれる。



それならば、カタチなきエゴの叫びに身体をあげよう。
金色の光があたりに満ちる。
光は臓物にまとわる鉄の塊を溶かしてゆき、私はそれを両手で受ける。
とろりと溶けた物体を白い卵の殻でつつみ、胸の中におさめる。

いつか生まれておいで。
たとえ悪魔の姿であっても、
私はあなたを愛するだろう。



「合格だよ」
声に目を開けると、安楽椅子に腰かけたヒーラーが微笑んでいた。
「とりあえず、だけどね。・・・あとは経験だ」

引きずり出した内臓は、すでに元の位置に綺麗におさまっていた。
あとは卵がどう孵るか・・・どう育ててゆくか、だ。

「ありがとうございます」
「かまわないさ。次の扉の場所はわかるだろう?」
「はい」

私はうなずいた。私の胸に、次へ向かうターコイズブルーの輝きが満ちていた。



**********


はあ~~ようやくクリア!
しかし、この4階には手こずりました。4日くらいかかった。

イメージ始める →止まる →放置 →リアル生活でヒントを得る →続きイメージ、またはちょっと巻き戻した点からイメージ →また止まる

の連続。しかも痛そうな流血シーンでばっかり止まるorz
リアル生活でヒントをくれたのは、月花さん、お気に入りのたくさんのブログ様、「アミ小さな宇宙人」(図書館で借りました。笑)。
おかげさまで何とか合格したようですよ。(←何に?)
月花さん、みなさま、アミ、ありがとう!



関連記事

Comment_form

Comment

なるほどね 

こういう流れだったのか。
……卵に押し込めとか言って、大概乱暴だと思ったけどそれくらいしか方法思いつかないよなー。
時間かかるかもしれないけど、そのうち生まれるよ。
あたしが抱えていた卵は、ある日悠里が剣を突き立てて割れて中から女の子が生まれたよ。
  • posted by 月花 
  • URL 
  • 2007.05/21 09:09分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:なるほどね(05/21) 

月花さん

そういう流れだったのよー。
内臓つかみ出したはいいけど、これからどうしよう?ってそこで丸一日くらい止まってましたよ(^^;
ほんと、卵にするくらいしか思い浮かびませぬ。教えてくれてありがとうw

悠里さんが剣を突き立てて割れたの?! すごっ。
うちは何が出るかな☆
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/21 10:30分 
  • [編集]
  • [Res]

お疲れ様です(^_^;) 

これは、裏の森だったんでしょうか・・・。
「奴ら」とは、一体なんだったのか気になりまふ。

アミ、良いですよね。
わたしも最近読んだばかりです(^^)
  • posted by ユーリ 
  • URL 
  • 2007.05/21 18:11分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:お疲れ様です(^_^;)(05/21) 

ユーリさん

グロ日記にコメントありがとうございます!
表の森だと思ってたらいつの間にか裏の森。
なんという性悪な・・・orz

「奴ら」は結局自分自身だと思うのですよ、展開から言って。
エゴの塊、みたいな。
ほんとは敵じゃないのでしょうけどね。
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/22 02:31分 
  • [編集]
  • [Res]

自分とのたたかい?? 

ってことでしょうか??
さつきのひかりさんの強い意志と精神力が伺えますね。
相変わらず感心しっぱなしでした!!
  • posted by クレアージュ2150 
  • URL 
  • 2007.05/22 10:57分 
  • [編集]
  • [Res]

いやーつよいね 

あたしのと似たような始まりなのに、ここまで
「独立心旺盛」なのは頭が下がります。
アナザーセルフでてきそうじゃん。
しかも、黒い羽生えてたら、おそろいじゃんw。
  • posted by じぇいど♪ 
  • URL 
  • 2007.05/22 18:53分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:自分とのたたかい??(05/21) 

クレアージュ2150さん

たぶんそうなんでしょうね~。
精神力、強くないですよ(^^;
いつもグラグラしています。
ヒーラーさんのスパルタがあっただけです・・・orz
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/22 19:34分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:いやーつよいね(05/21) 

じぇいど♪さん

じぇいど♪さんと似てるな~って拝見して思いましたw
独立心旺盛なんじゃないんです。
助けてくれる萌えな存在が出てこないんです(涙)
オニキスさん、ぷりーず。

アナザーセルフ出てきますかね~w
そしたら黒い羽お揃い~♪ 楽しみ♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/22 19:39分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:雪鷹さんの挑戦状~level:4(05/21) 

どんなにグロくても、どんどん引き込まれてしまいます。
そんなに責めないでー!と叫びたい気分になってしまいました(T T)。
  • posted by かおる 
  • URL 
  • 2007.05/23 19:20分 
  • [編集]
  • [Res]

Re[1]:雪鷹さんの挑戦状~level:4(05/21) 

かおるさん

うわーありがとうございます(涙)
なんだか闇ワールド展開中で恐縮ですorz
いやま、これで天使の白さとバランスが取れるよね、って気もしなくはないのですが。
読んで下さる方に痛くてすみません・・・(><)
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/24 01:47分 
  • [編集]
  • [Res]

うへぇ凄い(←感心) 

こんにちは。やっとLevel4を通ったのでお邪魔しました。
凄いですね~!自分で内臓を取り出しますか!
しかも見つめて解析して、治しちゃいますか!!

ただただ、凄い。
ぱちぱち拍手!しか思いつきません~☆

あ、ご自身で思ってらっしゃるより、グロくないと思いますよ♪
卵、楽しみですね~♪
  • posted by maplehunnypooh 
  • URL 
  • 2007.05/26 16:09分 
  • [編集]
  • [Res]

Re:うへぇ凄い(←感心)(05/21) 

maplehunnypoohさん

取り出しちゃいました。
しかも見つめて解析してみました(笑)
というかヒーラーさんスパルタですよ・・・。orz

>あ、ご自身で思ってらっしゃるより、グロくないと思いますよ♪
>卵、楽しみですね~♪

ほんとですか? よかったです(^^;
卵は、聞いた話だと1年くらいかかったりするようなので、気長に待ってます~w

  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.05/26 16:58分 
  • [編集]
  • [Res]

ご案内

Moonlight

Counter

Calendar & Archives

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

MONTHLY

Profile

さつきのひかり

Author:さつきのひかり
物語を書くこと、一斉ヒーリングをすること、それに太極拳とケルトハープが趣味♪
最近はワイヤーワークにもはまり中。

エンジェルリンクファシリテーター、
レインボー・エナジー・フレイム(REF)
ルシフェルの翼Calling You 開発者。
プロフィール詳細

コメントレスはできたりできなかったりで、のんびりですみません^^;
お手紙はこちらのフォームから。
土日はPCに触れないことが多いので、メールのお返事は平日になります。

携帯(ガラケー)版スマホ版

New entry

ブログ内検索

Instagram

Twitter



Ranking

右サイドメニュー

QRコード

QR